気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

【意志決定の8つのステップ】ステップ5 案をしぼり込む。

eyecatch

【意志決定の8つのステップ】ステップ5 案をしぼり込む

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

今回は、クリティカルシンキング実践篇「あなたの思考をガイドする50の原則」を勉強してみます。

 

 

今回から第8章「意志決定をする」です。

 

 

生きていると、問題が怒涛のようにやって来ます。

 

人生は、問題解決に明け暮れると言ってもいいぐらいです。

 

当然、いろいろな選択肢から選んで、意志決定することが山のようにやってきます。

 

簡単に選べるのなら問題はないですが、これが人生を左右するような重大なものとなると非常に悩みます。

 

たとえば、進路、就職、転職、結婚、移転、離婚などです。

 

できれば、出来る限り正しくスマートな意思決定をしたいです。

 

第8章では、このように人生を左右するような複雑でむずかしい意志決定をするひとつの方法をお知らせします。

 

もし、あなたがとても困ったときに、この8章の意志決定の方法を思い出してくれると嬉しいです。

 

前回では・・・。

 

意志決定の8つのステップのうち、

8つのステップ

ステップ4の「当面の目標を明確にし、同時にいくつかの案を出す」ことについてお知らせしました。

 

当面の目標を明確にすると「最終的な目標」「選択肢の幅」が広がります。

 

「なぜーいかに法」を利用して自問自答する思考の癖をつけるのがお勧めです。

 

eyecatch【意志決定の8つのステップ】ステップ4 当面の目標を明確にし、同時にいくつかの案を出す。

 

今回は、

 

今回は、8つのステップのうち、

ステップ5.案をしぼり込む

内容についてお知らせします。

どうして「案をしぼり込む」ことが必要なのかな?

実現可能な案に絞れるから

 

たしかに問題解決の案の選択肢が増えると、意志決定の範囲も広がるので好都合です。

 

でも、あまりにも広がりすぎるとかえって混乱します。

 

一杯選択肢があると助かるけど・・・
なぜいかに法1

かえって混乱するねん!aseru

なので、実現可能性が高い案にしぼり込むのは大事なのです。

じゃあ、「案をしぼり込む」とは、どのようにするといいのかな?

排除法

 

アメリカの心理学者で、スタンフォード大学の教授であったツベルスキー教授が提唱する方法です。

 

STEP.1
条件を決める
この条件だけは満たしてほしいという最重要の特徴を決めます。
STEP.2
排除する
その特徴をもっていない案をすべて排除してしまいます。
STEP.3
2番目の条件を決める
2番目に重要な特徴を決めます。
STEP.4
排除する
残った案の中で、その特徴をもっていない案を排除します。
STEP.5
3番目の条件を決める
次に、3番目に重要な特徴を決めます。
STEP.6
排除する
残った案の中で、その特徴をもっていない案を排除します。
STEP.7
繰り返す
最後に1つの案が残るまで繰り返します。
タイトル

Tversky, A.(1972).

Elimination by aspects: A theory of choice. Psychological Review, 79(4),281-299.

でも、欠点がある

 

でもです。

この「排除法」は少し欠点があります。

 

ある条件を満たしていないという理由だけで、条件の良い案が排除されてしまうという欠点です。

好条件

たとえば、

英会話やプログラミング学校を選ぶときに

  1. どんな内容
  2. 難易度
  3. 学費
  4. 教室場所

などの条件が考えられます。

 

1.2.4の条件が全てそろっているのに、

3の学費がちょっと高いくらいで、選択肢から排除してしまうことです。

 

ふくカエル

ひょっとしたら、節約したらなんとか出来るかもしれないのに・・・・

ふくネコ

すごく最適な教室なのに・・・

ってな感じです。

 

なんだか、
排除するのが惜しいよね。shinpai_woman

なので、改良してみる

本当に不可欠といえる特徴だけにする

 

このような条件の良い案が排除されてしまう危険性を回避するために、

  • 本当に不可欠な特徴
  • 望ましい特徴

を区別して、本当に「不可欠な特徴」のみ排除の基準とします。

本当の不可欠な特徴を見つけ出す方法

 

とは言っても、本当に不可欠な特徴が何なのかを見つけるのがむずかしいです。

 

そこで、次のようにしてみます。

 

STEP.1
解決案を見直す
まず、ステップ4の「なぜーいかに法」でつくった解決案のリストを見直します。
STEP.2
直感で選ぶ
次に、その解決案から、直感で「これは切り捨てよう!」というものを決めます。
STEP.3
考えてみる 
さらに、直感でその案を捨てようという気にさせた特徴

「具体的に何か?」を考えます。

たとえば、

  • 費用がかさむ
  • 他人に迷惑をかける
  • 危険だから、等々

というような特徴を考えてみます。

STEP.4
その特徴を基準に排除してみる
そして、その特徴を基準にして他の解決案を見直してみます。
STEP.5
不可欠か望ましいかを判断する
捨てたくない解決案が出てきたら、

その特徴は「不可欠な特徴」ではなく、「望ましい特徴」であると判断します。

「なぜーいかに法」について

eyecatch【意志決定の8つのステップ】ステップ4 当面の目標を明確にし、同時にいくつかの案を出す。

解決案が1つしか残らない場合

 

解決案が1つしか残らない場合には、その唯一残ったものが最適な解決案になります。

いくつかの解決案が残った場合

 

いくつかの解決案(6個以上)が残っている場合には、

 

直感的な印象で、そこから良さそうなものを5つだけ選んで次のステップ6に進みます。

保留しておく!

 

ここで選ばなかった案は保留しておきます。

最終決定で残した案に不満が出たときに、

保留しておいた案を再考するようにします。

今回のクリティカルな思考になる第70の原則

 

案をしぼりこんでいくときには、「不可欠」な特徴「望ましい」特徴をきちんと区別せよ。

クリティカルシンキングより引用

こんな風にアレンジしてみた!

第70の原則

解決策をしぼり込むときは、

 

  • これだけは、なければダメだ
  • これだけは、譲れない
  • 逆にこれだけは、絶対に避けたい

 

という「不可欠な特徴」だけを残して

 

  • どちらかといえば、あったらいいな
  • どちらかといえば、便利かな
  • どちらかといえば、カッコイイかな

 

という「望ましい特徴」は基準にしないようにするのがコツだよ。

 

望ましい特徴まで入れちゃうと、
最適な解決策を
ドブに捨てることになるよ。

チャンスをドブに捨てるのだけは避けたほうがいいよね。

ここで、ちょっと考えてみませんか?

あなたも絞り込んでみませんか?

 

STEP.1
特徴を書き出す
まず最終的に選択した解決案に、

  • これだけは、なければダメだ
  • これだけは、譲れない
  • 逆にこれだけは、絶対に避けたい

特徴を書き出してみます。

STEP.2
もう一度検討する
次に、書き出した特徴を見直して、

  • それが本当に不可欠なのか?
  • 単に望ましいだけなのか?

をもう一度考えてみてください。

STEP.3
排除する
さらに

  • 不可欠な特徴でない

を排除します。

STEP.4
STEP2に戻る
それでも、解決案が多く残ったのであれば、

まだ気づいていない「望ましいだけの特徴」が含まれています。

もう一度STEP2に戻って検討して見てください。

まとめてみたkerokero

 

  • 意志決定の8つのステップのうち、ステップ5の「案をしぼり込む」ことについてお知らせしました。
  • 解決案をしぼり込むには「排除法」がいいです。
  • コツは「不可欠な特徴」「望ましい特徴」を区別することです。

これから、意思決定の8つのステップを一つ一つお知らせしていきます。

 

あなたの抱えている問題が解決できて、出来る限り最適な意志決定ができるきっかけになれたら嬉しいです。

 

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、クリティカルシンキングの引用文は、宮元博章さん他お三方の日本語訳によりました。