気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

悪い事ばかり想像するようになったら、することはこれ。

幸福論アイキャッチ1

悪いことばかり想像するようになったら、することはこれ。

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第1章 不安と感情について」

「No.22 悪い事ばかり想像するようになったら、することはこれ」

その他の記事はこちらです!

行動をベースに考える

想像の力は強力である。

アラン先生「幸福論」より引用

悪いことを考えちゃう

  • 大きな仕事をまかされたとき
  • 大きな夢があるとき
  • 告白するとき
  • 受験や試験のとき
  • 合格発表のとき

っていろいろと「悪いこと」を考えてしまいますよね。

 

失敗したらどうしよう?

うまくいかなかったらどうしよう?

相手に拒絶されたらどうしよう?

落ちてたらどうしよう?

 

もう、こんな感じです。
あいたた~!
頭痛してきたやんか。pose_atama_kakaeru_woman

寝ても覚めても考えて悩んじゃうのです。

 

それば~っかりがアタマの中を陣取って、エライことになります。

ふくカエル

ホントに、もうツライわ~。

アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がそばにいてくれたら、

 

こんなことを言ってくれたんじゃないかなあと思います。

 

とにかく!

想像したらアカン!

想像したら、

ほんまに苦しなって

何もできなくなるねん!

 

そやから、想像せえへんと

なんでもかんでも

行動を

ベースにして考えるねん。

って感じです。

することとは、これ!

 

悪いことばかり想像するようになったら、

一に行動、二に行動です!

もう、身体を動かして行動しまくってください。ここは、頭を使うよりも、身体を使うようにします。

 

積極的に身体を動かして行動することで、自分の脳が「悪いこと」を想像するのをストップさせます。

 

自分の脳が「悪いこと」に気づくよりも前に、脳が身体を動かす指令を出すことに専念させて、気をそらせるのです。

 

ふくカエル

こうして、「悪いこと」に気づくのを妨害するねん。

脳みそよ。
気づいたらアカンで。
job_kouji_stop2と、脳みそが想像するのを
強制的にストップしちゃう。

 

またあるいは、積極的に身体を動かして行動することで、

 

「悪いこと」でいっぱいになっている脳みそから、「悪いこと」を追い出して空っぽにします。

 

ふくネコ

脳みその中を掃除してやるねん。

さっ、さっ、さっと
掃き掃除してやるねん。pose_cleaning_houki_woman

 

脳みそは、
「悪いこと」を想像することに
使うよりも、

「身体動かす」ことに使うのが
一番やねん。
ranger_black

でも、なぜ、想像したらダメなのかな?

想像力は、強力すぎるから

 

まず、想像力は強力すぎるのです。

 

どんなに論理的な考え方で「悪いこと」を否定しても、その論理的な考え方自体を想像力が跳ねのけてしまうのです。

 

「悪いこと」を想像しだすと、どんどんと脳みその大部分が「悪いこと」で支配されることになります。

nou-waruikoto

ふくカエル

想像力が悪く働くと、めっさ厄介やねん!

想像力に押しつぶされるから

 

次に、想像力を働かせすぎると、ついつい想像力に自分が押しつぶされてしまうからです。

 

たとえば、

  • 事態の深刻さ、重大さ
  • 人間の弱さ

を必要以上に大きく想像してしまうと、負担が大きくなって、萎縮して身動きがとれなくなります。

 

あか~ん。
重すぎてつぶされとる~。omori_futan_woman

ヘタすると「自分の可能性」にまで、想像力がフタをして、押し潰してしまいます。

想像力によって洗脳されるから

 

また、想像力によって、自分が洗脳されるおそれがあるからです。

 

想像の世界にどっぷりつかると、本当に「その通り」になってしまうことがあるのです。

 

ようは、自己暗示に
かかっちゃうねん。sick_sennou

よくあるのが「恐ろしいこと」を想像しちゃうことです。

photo_shinrei_syashinうひょ~怖すぎる!
sick_samuke

と、「恐ろしいこと」をどんどん想像してしまうと、気づいたときには手遅れです。

 

立派な「へなちょこ野郎」になってます。


あっ、あかん、あかんのや。
pose_koshi_nukeru_kowai_man腰が立たんのや。
暗いとこ怖いねん。

となるねん。

じゃあ、どうすればいいのかな?

想像は、断固やめるべし!

 

言いたいことはです!

「悪いこと」を想像することは、断固やめるべしなのです。

 

ふくカエル

ほんまに、やめたほうがいいです。

 

ここは力説しときます。

 

もちろん、「楽しいこと」を想像するのはOKです。むしろ、どんどんやって欲しいくらいです。

 

でも、「悪いこと」を想像することは、どうしてもネガティブな方向に働くので絶対にダメなのです。「百害あって一利なし」です。

 

やったらあきません。dame_man

行動する!

 

そして、「悪いこと」を想像するよりも、行動します。

具体的には、どうするのかな?

問題の重大さや人間の弱さを想像しない

 

まず、

  • 直面している「問題の重大さ」や
  • 自分の「人間の弱さ」

ばかりに焦点を合わして、想像しないことです。

 

これらを想像すると、どんどん緊張して追い込まれるからです。

 

わっ、わっ、わわわ。oitsumerareru_man

さらに不安も倍増します。

 

緊張して不安だらけの状況は、なにごともうまくいきません。実力を発揮できないし、失敗ばかりを重ねることになります。

すべてを行動に置き換える

 

なので、ここは「想像」をすべて「行動」に置き換えてみます。

まずは、行動することを基本にする!

あれこれ想像するよりも、行動することに置き換えて考えるようにします。

 

たとえば、過剰に緊張しすぎる状態を考えてみます。

 

自分の緊張しすぎる状態を想像するばかりでは、いっこうに解消しません。

 

いつも、
心臓がドキドキするねん。
足がガクガクするねん。kinchou_womanきっと明日もこうなるかもしれん。
一生こうかもしれん。

というように、いろいろと想像するよりも、

 

どうすれば、過剰に緊張する状態を解消できるのかを考えて、具体的に行動します。

想像するよりも
どう対応すればいいか?musimegane_girlを考えて行動するねん。

 

たとえば、過剰に緊張するときはこんな対応!

  • 心臓がドキドキするときは、深呼吸してみる
  • 顔が引きつるときは、顔のストレッチしてみる
  • 足がガクガクするときは、踊ってみる、歩いてみる

というように、あらかじめ自分がリラックスできる「ルーティン」を作って、行動します。

 

頭で想像するばかりではなくて、実際に身体を使って行動してみることは大事なのです。はい。

他に、こんな場合も考えてみたよ!

たとえば、大きなイベントのとき

 

たとえば、大きなイベントがあるです。

 

失敗したらどうしようと「悪いこと」をついつい想像しちゃいます。

 

こんなときは、イベント当日から逆算して、準備終了日を設定してみます。

 

ふくカエル

逆算して現実把握する方法が、

ふくネコ

一番賢いと思うねん。

 

そうすると、準備することや注意することが山積みになって見えてきます。

 

やるべきことが山積みになって
ど~んと目の前に現れてきます。cardboard_yamadumi

こうなると、想像もへったくれもないです。もう行動するしかなくなります。

 

行動するべきことがハッキリと分かると「悪いこと」を想像する暇がなくなります。

 

めっさ、慌てるわ~!
shiwasu_obousanと、なるよね。

忙しくなれば、当然余計なことを考える暇がなくなります。

 

自分にとって有害でしかない「悪いこと」を想像する思考パターンを自然とシャッターアウトできます。

 

もし仮に、不安なことが脳みそに浮かんできても大丈夫です。

 

忙しいときは、とにかく必死で何とかしようとするので、必要以上に恐怖を覚えないからです。

 

こんなときは、不安が生じたら、そのまま「リスク対策」として利用すればいいです。一石二鳥です。

 

ふくカエル

逆に、万が一のときの対策ができて、安心するねん!

ふくネコ

めちゃ、ポジティブになれるよ。

 

ネガティブとは?ポジティブとは?

ネガティブは、消極的、後ろ向きという意味で使っています。

ポジティブとは、積極的に、前向きという意味で使っています。

たとえば、大きな夢のとき

 

たとえば、大きな夢があるときも同じです。

 

あれこれ「悪いこと」を想像して悩まないことです。

 

悩むとロクなことないです。
迷いが出てくるねん。
pose_kubifuri_man

ここは、想像するよりも、

挑戦あるのみ!

です。

 

やったるで~!」と、実際に行動を起こして果敢に挑戦してください。

 

こんな崖くらい、なんやねん。
登ってやるで!sports_rock_climbingと、思っちゃう!

 

行動を起せば、当然、新たな課題がどんどん出てきます。

 

新たな課題が出るたびに、試行錯誤しながら、どんどん突き進んでいくと、

  • 自分の足を引っ張る
  • 自分の夢の可能性にフタをする

といった、「悪いこと」を想像する思考パターンも、試行錯誤のプロセスで排除されていきます。

 

ふくカエル

思考パターンもぶっ飛んでいくねん。

たとえば、告白のとき

 

たとえば、告白のときも、同じように考えると意外と楽になれます。

 

まずは、振られたときのことをあれこれ想像するよりも、「ダメもと」で覚悟をすることです。

ダメもととは?
「ダメでもともと」という言葉の略語です。

同じダメなら、何もしないよりは、したほうがいいという意味です。

 

うまくいかないかも?komatta_man2

と、「悪いこと」をあれこれ想像するからよけいに緊張して、腰が引けるのです。

 

とは言ってもです。

 

告白は「人生の大事なイベント」です。

kokuhaku_schoolgirl

 

もちろん相手の反応も大事ですが、

 

ここは、自分にとってできるだけ「思い出深いものにしてやる!」というスタンスで行動するのがいいです。

 

キツイ言い方ですが、たとえ失恋しても、

 

告白したその瞬間に「自分が充実」できていたら、大正解だと思うのです。

 

何十年先に、自分の人生を振り返ってみたときに、自分の淡い「告白タイム」を必ず笑えるときがきます。

 

ふくカエル

これは、ハッキリしたことやねん。

 

だからこそ、ここは「笑ってなんぼや!」の気持ちで臨むのが一番なのです。

 

自分のドキドキ告白も
笑える時がくるねんでぇ!
oowarai_woman

こんなワクワクする思い出を作れるチャンスを、

 

みすみす「悪いこと」を想像することで、浸食されないようにするのが大切になります。

 

ほんまに、あほらしいから。sentai_ranger_pink

ワクワクすることをベースに行動すると「悪いこと」を想像する自分もどこかへ消えます。

たとえば、受験や試験のとき

 

たとえば、受験や試験のときです。

 

この場合はちょっと特殊です。

 

「いいこと」を想像しているつもりが、いつの間にか「悪いこと」を想像していることに変化していることがあるからです。

 

まずは本番の試験まで時間がある場合は、絶対合格だ」と思い込むことをやめてみるのがいいです。

 

ふくカエル

もちろん、絶対合格だと思うことで、モチベ維持できるなら、

ふくネコ

「絶対合格」でまい進、OKです。

 

ここは、「たまたま合格するかも?」ぐらいがちょうどいいです。

 

「絶対合格!」が、「悪いこと」を想像する引き金になる可能性があるからです。

 

「悪いこと」想像しだすとすぐに習慣化するので、勉強する意欲がどんどんなくなります。

 

「失敗しても、人生OKや!」

けれども

「とことん頑張る!」

というスタンスでいきます。

 

そして大事なことは、自信をつけるために、毎日どこでもがむしゃらに勉強(行動)することです。

study_gariben_girl

それでも、不安になるなら「合格体験」など、有益な人からのアドバイスを受けるのもいいです。

 

 

実際に模擬試験をどんどん受けて、自分の実力を客観的に分析してみるのもいいです。

 

 

不安になる材料をことごとく潰していく行動をとればいいと思います。

 

 

そして、受験や試験の当日の朝に「やり切った感」が持てれば、OKです。

 

 

「悪いこと」を想像する思考パターンは撲滅できます。
undou_sports_family_haha_musume

ふくカエル

と、思うねん!

superman_hero

たとえば、合格発表までの日々

 

たとえば、合格発表までの日々もまた同じです。

 

「合格、絶対間違いない人」にとっては、待ち遠しいものですが、

 

そうでない人は、おそっろしく不安になる日々です。

stress_woman

あれこれと「悪いこと」を想像してしまいます。

 

「不合格」か「合格」かを想像するだけでも激しく動揺してしまう時間はムダです。

 

なので、ここは想像するよりも、別のことに没頭するのが一番です。

 

ふくカエル

自分が夢中になれるものに没頭するのが一番。

 

でもです!

 

一番いいのは、今年の結果はスパッとあきらめて、

 

来年の合格に向けて、その日のうちから「傾向と対策」を具体的に勉強・研究(行動)することです。

 

ふくネコ

これが、一番お勧めやねん。

 

なぜなら、本当に不合格だった場合には、次の機会を有利なものにするためには、いち早く行動することが必要になるからです。

 

  • 誰よりもいち早く仕切り直す
  • 誰よりも早くスタートを切る

ほうがいいに決まっているからです。

 

ふくカエル

合否発表で不安なときは、来年は絶対合格だと思うと、

ふくネコ

今、しなくちゃいけないことが見えてきます。

ふくカエル

傾向と対策、大事です。

 

自分の傾向と対策が見えたら、即行動するといいです。

 

本番までの時間を過ごす場合には、

 

「来年こそ絶対合格だ!」と想像しすぎるとかえって足かせになる場合もありますが、

 

受験後の合格発表までの間のえげつない時間を過ごす場合は、

 

自分をポジティブに動かすために「来年こそ絶対合格だ!」というワードはマジックワードになるのです。

 

なので、合否発表で不安なときに一番ダメなのは、「果報は寝て待て!」なのです。

dame_man

よくよく考えると「果報は寝て待て!」ができる人は、ごく限られた人です。

 

ふくカエル

ぶっちゃけ、「100%合格」間違いなしの人です。

 

ほとんどの人は「綱渡り状態」です。

daidougei_tsunawatari

なので、不安で仕方がない状態のときに稼働しておかないと、

 

もし不合格だったら、勉強しはじめるタイミングを失ってしまいます。

 

不合格だと気落ちして、
何もしたくなくなるもんね!tamashii_nukeru_man

ふくカエル

こんな状態になる人が、寝とったら、ほんま起き上がれなくなるよ。

 

こんな不安な状態がマックスなときこそ、

 

来年は何が何でも合格だ!」と自分を奮い立たせて、次のやるべきことを淡々と潰していくのが賢いです。

 

ふくネコ

本当に、何も行動しないよりマシです。

 

「悪いこと」を想像して苦悩しなくてもすみます。

 

早く取りかかれば、取りかかるほど、何かを手にする可能性が、ますます高くなるのはしごく当たり前のことなのです。はい。

 

「不安と感情」など、
の記事はこちらです!

 

そうすると、どうなるのかな?

「悪い想像」を封印できる

 

行動に置き換えて考えることで、「悪いこと」を想像する思考パターンを封印することができます。

 

かわりに、有益でポジティブな行動の力を手に入れることができます。

未来が見通せる

 

そして、想像することを行動に置き換えて考えてみると、未来が見通せるようになります。

STEP.1
行動してみる
実際に行動してみます。
STEP.2
成果がうまれる
行動した内容に応じて、結果として「成果」が生まれます。
STEP.3
次の行動が見える
「成果」が生まれると、次にすべき行動が何かが見えてきます。
STEP.4
行動が行動を呼ぶ
直近のするべき行動が見えてくると、先々のするべき行動がどんどん見えてきます。
STEP.5
未来を見通す
こうなると、もう未来を見通せてます。

未来がはっきり見えたほうが、いいに決まってます。

 

失敗したくないのなら、まだ現実になっていない失敗にあれこれ悩むよりも、

 

失敗しないように対策を練るほうがいいと思います。

 

ここは、あらかじめ失敗してもいいように手を打っておくのが一番です。

 

失敗したときに「するべき行動」を決めておくと、とっても安心できます。

 

ふくカエル

ふくカエルは、失敗したらジム直行。

ふくカエル

がむしゃらに泳いで走るねん。

ふくカエル

頭の中をスッキリして考えてる。

まとめてみたkerokero

 

  • 悪い方へ悪い方へ想像しそうになったときは、すべての想像を行動に置きかえるのがいいです。
  • これは絶対にやったほうがいいです。

 

ほんまに「悪いこと」を想像する時間が、とにかくもったいないねん。

 

「悪いこと」を想像するんやったら、行動するほうがいいと思います。

 

ほんまやで。行動やで。
ranger_black「悪いこと」を払拭できるでぇ。

 

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。