気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」悪口が気にならなくなる方法。

eye-catch10

悪口が気にならなくなる方法

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第5章 人とのかかわりあいついて」

「No.123 悪口を気にしない」

 

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

 

 

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

悪口を気にしない

しかし、こうしたしくみさえわかってしまえば、自分しだいで、そんなもくろみに巻き込まれないようにすることができるのだ。

アラン先生「幸福論」より引用

気になる!

 

ひそひそ、こそこそと悪口は、本当に気になるものです。

kageguchi_uwasa

いったん悪口を気にしだすと、

 

人が集まるたびに、一体、何を言っているのか非常に気になるものです。

 

カエル風アラン先生の言葉

 

悪口で悩んでいるときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

と、いろいろと想像してみました。

 

悪口は気にしたらアカン。

気にするだけムダやねん。

だって、責めても、

誰も責任を持たへんからな。

 

それに、やめようと思っても

やめられるものじゃないねん。

人間って

そういう生き物やから。

 

けどな、こうすれば

気にならない方法があるねんで。

悪口が気にならなく方法とは、これ!

仕組みを知る!

 

悪口が気にならなくなる方法とは、これです。

仕組みを知ること

悪口が生まれてくる背景や気になる背景には、

 

それなりに仕組み(システム、メカニズム、仕掛け、トリック)があります。

 

それぞれの仕組みを理解しておくと、悪口がだんだんと気にならなくなります。

どんな仕組みかな?

2つの仕組み

 

具体的には、次の2つの仕組みを知ります。

  1. 悪口が生まれてくる仕組み
  2. 悪口が気になる仕組み

1.悪口が生まれてくる仕組みとは?

人が集まると生まれる!

 

実は、悪口が生まれてくる背景には、

人が集まると、

 

悪口が当然に出てくる仕組み(システム、メカニズム、仕掛け、トリック)

があります。

ふくカエル

そういうシステムになっているねん。

なぜなら・・・。

 

なぜなら、人が集まればそれぞれの「人の好き嫌い」や「相性の良し悪し」が出てくるからです。

 

世界中には何十億人という人間がいます。

 

それぞれの人間は、まったく同じでなく、実にさまざまな生れつき備わった個性や才能があります。

 

お互いにそりの合わない人もいるのが当たり前なのです。

 

だから、

  • 悪く思われたり
  • 良く思われたり

することは、ごく普通に起きます。

ふくカエル

人ってそういう生き物やねん。

 

それに、たいがいの悪口というものは、ささいなことが引き金となって生まれてきます。

 

たとえば、

  • 相性が悪い
  • ちょっとした幸運や不運
  • 妬みや嫉み

などからです。

このようなちょっとしたことで発生するものなのです。

タイムラインにするとこんな感じ

 

STEP.1
人が集まる
人が集まれば、いろいろな個性の人が集まってきます。
STEP.2
相性の良し悪しが出てくる
いろいろな個性の人が集まってくると、相性の良い人や悪い人が、当然出てきます。

pose_puzzle_kamiawanai

STEP.3
相性がいいと、良く思われる
相性がいい人からはよく思われます。
STEP.4
ほめ言葉が自然と出てくる
よく思われれば、その気持ちがほめ言葉となって出てきます。
STEP.5
逆に、相性が悪いと、悪く思われる
相性の悪い人からは悪く思われます。
STEP.4
悪口が自然と出てくる
悪く思われれば、その気持ちが悪口となって出てきます。

2.気になる仕組みとは?

臆病になると気になる!

 

悪口が気になる背景には、

臆病になると、

 

悪口がどんどん気になる仕組み(システム、メカニズム、仕掛け、トリック

があります。

ふくカエル

人ってそういう生き物やねん。

タイムラインにするとこんな感じ

 

STEP.1
臆病になる
臆病になると、ちょとしたことでもビクビクしてしまいます。
STEP.2
人を気にしすぎる
臆病がすぎると、人のことを気にしすぎるようになります。
STEP.3
どう思われているのか気になる
人を気にしすぎると、ますます自分がどう思われているのか気になってきます。
STEP.4
冷静さを失う
過剰に気にしすぎると、冷静さを失います。悪口に対して過剰に反応してしまうのです。
STEP.5
自己嫌悪に陥る
さらに、悪口のことばかり気にするようになれば、なるほど

  • 気に障ったのではないか?
  • 不快感を与えたのではないか?
  • 嫌われたのではないか?

どんどんいろいろと気にして、自分の方が悪い人間だと思い込んでしまいます。

STEP.6
負のスパイラルに陥る
そして、自分を最悪だと思う気持ちが、悪口に敏感にさせ、

どんどん抜け出せなくなるという負のスパイラルに陥ってしまうのです。sick_higaimousou

 

臆病になれば、悪口がどんどん気になってしまう仕組み(システム、メカニズム、仕掛け、トリック)があるのです。

仕組みを理解したら、具体的にどうすればいいのかな?

 

悪口の仕組みの場合!

 

いちいち心配しない!

 

まず、いちいち心配しないことです。

 

「じっとしていても悪口は生まれるという仕組みを理解して、心配しても始まらないことを悟ります。

納得する

 

次に、納得することです。

 

どんなに品行方正にいたとしても、

 

「やっかみや嫉妬から悪口が生まれる」という仕組みを理解して、仕方がないと納得します。

 

ふくカエル

ハッキリ言うけど、

ふくネコ

やっかみや嫉妬はその人の人格の問題やと思うねん。

 

そして、自分は悪くなくても、人は嫌われたり、好かれたりするのが普通であることを悟ります。

必要以上に求めない

 

また、必要以上に、人から好かれようとしたり、自分の立場に理解を求めようとするのをやめます。

 

そして、

世界中のすべての人間から好かれるのは不可能である

を理解して、悪口から抜け出します。

 

悪口が気になる仕組みの場合

 

自意識過剰をなくす!

 

まず、自意識過剰を失くします。

 

他人が自分をどう見ているかばかりを気にしすぎる状態をなくします。

 

人に振り回されている自分を認めます。

自分に意識を向ける

 

次に、他人に向けていた意識を自分に向けるようにします。

 

悪口が気になるのは、人に振り回されているからだ。

 

もっと、自分のことに意識を集中させよう。

と思えば、気にならなくなります。

仕組みを理解すると、どうなるのかな?

巻き込まれないようにできる

 

  • 悪口が生まれる仕組み
  • 悪口が気になる仕組み

を理解できると、

 

その仕組み(システム、メカニズム、仕掛け、トリック)を自分で淡々と変える(チェンジ)することで、

 

自分が悪口に巻き込まれないようにできます。

まとめてみたkerokero

 

  • 悪口は、生きていれば必ず言われるもので、避けられないものです。
  • 人間は悪口を言う生き物だからです。
  • 悪口を気にしなくなるには、悪口を気にするようになる仕組みを理解することです。
  • 仕組みが分かればあとは自分次第で悪口を気にする事態に巻き込まれずにすみます。

 

自分に全くの非はないのに、人から嫌われることも、人から悪口を言われることは普通にあります。

 

そういう仕組みが悪口にあるんです。

 

自分が臆病なばかりに、人からどう思われているのか意識過剰になることも普通にあります。

 

そういう仕組みが臆病にあるのです。

 

こういった悪口の仕組みや気になる仕組みを理解すると、悪口を意識することが少なくなります。

 

カエルも実践したら、とっても楽になったねん。

 

ほんま、気にしても仕方がないと思います。

 

やっかいみしっと、やきもちは、悪口という洋服を着て出歩くもんなんです。

 

もちろん、本当に自分に非がある場合は反省しなくちゃいけないです。

 

そやけど、やっかみ、しっと、やきもちは、自分には非がないので反省せんでもいいんです。

 

そもそも、生まれ持った個性をさらに磨いてより輝かすのは、人間の使命です。誰に遠慮することでもないのです。

 

ふくカエル

自分が自慢したり、どや顔をしてないのなら、

ふくネコ

妬みは、その人の問題やからね。

 

こういうことに少しでも気づくと、悪口に振り回されることも少なくなるよ~~~~。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。