気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」最大の敵は誰だ?

eye-catch10

最大の敵は誰だ?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第5章 人とのかかわりについて」

「No.123 最大の敵は誰だ?」

最大の敵は相手ではなく、自分自身である

多くの人は味方をつくるよりも、自ら敵を育てることにばかり熱心だ。

アラン先生「幸福論」より引用

最大の敵?

 

あなたにとって、最大の敵って誰ですか?

わたしの最大の敵は、こんな顔してます。

 

ホントに憎たらしい奴です。character_amanojaku

何でもかんでも真逆を言って、素直にならない奴なのです。

 

アラン先生の言葉

 

アラン先生は、最大の敵についてこんな風に言ってます。

 

最大の敵は

知っておいた方がいいぞ。

その理由もだ。

なぜ

最大の敵になるのかの

理由だ。

そうすれば

敵は少なくなる。

最大の敵って、誰?

実は・・・、

 

それは、じゃん!

何を隠そう、自分自身です!

ふくカエル

前にも言ったじゃんか!

はい、そうです。

eye-catch10 「幸福論」自分にとって、最大の敵とは?

でも、今回はちょっと「最大の敵が、自分自身である理由」が違います。

なぜ、最大の敵が、自分自身なのかな?

わざわざ、敵を作って育てるから

 

今回の理由は「自分をぐうたらにする」という理由ではなく、全く別の理由なのです。

 

それは、頼んでもないのに、わざわざ自分で敵をつくって、ご丁寧に育てるという理由からです。

 

つまり、「敵」の量産マシーンになっちゃうのです。

Factory line

ふくネコ

味方つくらんと、敵ばっかし作るマシーンです。

ふくカエル

ぽこぽこぽこと作っては、自分で苦しみます。

たとえば、こんな感じ

 

たとえば、過去にいざこざがあった相手をいつまでも覚えています。

 

そして、相手に出会ったら、ことあることに「いや~な顔」をしてしまうのです。

 

あっ!こいつ
過去にケンカした奴だ!
めっさ、嫌ややDisgusting face

と苦虫を嚙み潰したような顔をしちゃうのです。

 

たとえ、相手が過去のケンカをキレイさっぱり忘れていたとしても、

 

いや~な顔している」人間を見れば、相手は「なんだ!嫌な顔しやがって」となります。

 

「なんかしたか?」
「・・・!」

あっつ!
思い出したぞ!
あいつ、ケンカした奴だ!pose_azen_woman

そうなれば、過去のいざこざや敵意を思い出すに決まってます。

 

思い出したら、
くっそ、
腹が立ってきたぞ。bakuhatsu2

となるのです。

 

「何気ない顔」してやり過ごせばいいのに、相手に「敵意」をわざわざ思い出させて、

 

敵を増やしてしまうのです。身から出た錆になります。

 

ふくカエル

寝ている子を起こして、ほんま、アカン、最悪です。

じゃあ、どうすればいいのかな?

まず、自覚する!

 

まずは、自意識過剰な自分を自覚することです。

 

そもそも、自分の敵は少ないことに気づくことです。

 

そして、「自分には、敵がいる」と思うことは勘違いであることに気づきます。

 

よくよく考えてみると、自分に関心がある人は、非常に少ないものです。

 

ふくカエル

ほとんどの人は「自分には無関心」なんだよ。

 

自分の周りの人間の全てが、自分にいつも関心があるなんて考えるのが、そもそもおこがましいのです。

 

過去のことをいつまでも覚えていないようにする

 

それから、過去のいざこざをいつまでも覚えていないようにします。

 

過去の呪縛から解放されるように努めてみるのです。

 

過去の呪縛

 

それと、本当に悲しいのですが、

 

イジメていた子は、誰をイジメていたのか覚えていません。

 

イジメられてた子だけが、イジメられて事実を覚えているのです。

 

腹が立ちますが、世の中そんなもんです。

 

なので、思い出して、自分がツラクなるよりも、

キレイさっぱり忘れて、自分を大切にしたほうがいいです。

 

そして、新しいことを全力でチャレンジして、楽しんだ方がいいです。

 

そのほうが、「充実した人生」を勝ち取れます。

顔に出さないようにする

 

そして、たとえ過去を覚えていても、決して「いや~な顔」にならないように隠します。

ポーカーフェイスとは、
僕のことさ!pose_yubi_pacchin

それには、最大の敵は自分自身であることに気づく

 

それには、最大の敵は、自分自身であることに気づくことです。

最大の敵を攻略するには、どうしたらいいの?

まず、自分自身の間違った考えに気づく

 

まず、自分自身の間違った考えに気づいてみます。

 

たとえば

  • 誰も自分に関心があるわけじゃない
  • 相手を敵にするのも、味方にするのも自分自身だ
  • 無意味な不安に駆られるのはムダだ

 

ふくカエル

自分の間違った考えを直すだけでも、

ふくネコ

自分の中の最大の敵のパワーが弱くなるよ。

 

次に、自分自身をがっくりさせるような言葉を使わない

 

次に、自分自身が「がっくり!」となるような言葉を使わないようにします。

 

ちなみに、わたしは、

自分で、自分を奈落の底に落として、げんなりさせ、苦しめないように、別の言葉に転換してやり過ごしています。

 

たとえば、こんな感じです。

 

1.この人は、わたしの足を引っ張ろうとしているし、蹴り落とそうとしてるわあ!いやや~!

figure_ashi_hipparu

という言葉を、

ふくカエル

この~、足引っ張り人間め! たこ焼きにしたろか。

takoyaki_fune

という言葉に変えてます。

 

2.いつも、邪魔ばかりする~~!

figure_fighting

という言葉を、

ふくネコ

この邪魔人間め!サンポールで溶かしてやろうか?

pose_kiri_woman

という言葉に変えてます。

 

3.わたしのこと嫌いに違いないわあ! ああ、嫌ややわ! もう!こっちも大嫌いなんよお~。

figure_tatakai_kakutou

という言葉を、

ふくカエル

う~~顔に出てるぞ。これ以上自分がぶさいくになってもええのか?

苦笑いの女性

という言葉に変えてます。

 

4.あの薄笑いが、ぞっとするねん。

figure_hand_batsu

という言葉を、

ふくネコ

誰か 見たって!この薄笑いの顔を見たってえ~。

ふくカエル

めっさぶっさいくやから。誰か気づいて欲しいわあ。

ouen_woman

という言葉に変えてます。

 

5.来なかったらいいのに、お願い、来るな、近寄るな。

figure_fighting_pose

という言葉を、

ふくネコ

うわ~~。来たよ。来よったよ。

ふくカエル

こうなたったら、宝塚ジェンヌのように、美しく可憐に逃げてやる。

diet_running_man

という言葉に変えてます。

 

6.どうして、嫌な思いばかり、不幸にばっかりさせるんだろう

figure_zasetsu

という言葉を、

ふくネコ

ミッションインポッシブルのを聴いて、元気になったる!

ふくカエル

ちゃらら~。ちゃらら~。ちゃらら~、ちゃら!

ninja_hashiru

という言葉に変えて、内心で思い直してます。

そうすると、どうなるのかな?

敵が少なくなる

 

最大の敵が自分自身であることに気づくと、敵が少なくなります。

 

自分自身が、

敵を作り、育てている事実

に気づくからです。

 

なので、敵を少なくするのも、自分自身であることに気づけます。

 

そして、このことに気づくと、これ以上敵を作ることをやめるようになります。

 

味方を作るようになる

 

そして、敵よりも味方を作るようになります。

 

まず、過去に敵対していた人間の前ではポーカーフェイスでいられます。変な動揺を隠すことができるのです。

 

たとえ、相手が過去のいざこざを覚えていたとしても、何ごともなかったようにスルーできます。

 

そして、相手が取り入るスキを与えないようにします。

 

次に、過去の出来事から、未来のことへ関心を向くようになります。

 

「過去の敵」ばかり気になる自分から

「未来の味方」ばかり気になる自分へ変われるのです。

 

「味方」をつくることに熱心になれます。

まとめてみたkerokero

 

  • 最大の敵は相手ではなく、自分自身です。
  • 自分自身が敵を作り育てるからです。
  • まずは、最大の敵を自覚して、敵をこれ以上作らないことです。
  • 次に、意識を味方を作ることにシフトチェンジすることです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。