気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」微笑んでみせると変わること。

eye-catch10

微笑んでみせると変わること

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第5章 人とのかかわりについて」

「No.122 微笑んでみせると変わること」

ほほえんでみせる

ほほえんでみせるだけで、相手の悲しみや退屈は、もう軽くなっているのだ。

アラン先生「幸福論」より引用

微笑むこと

あたしゃ、微笑んでみるよ。narcissist_narushisuto

好きな人に微笑んでみたら、吐かれそうになったふくカエルです。

 

オメエさんの笑顔は、アカンぞ。sick_hakike_kimochiwarui_man

微笑みって、本当にむずかしいです。

 

観音様のように半眼で微笑んだのが、マズかったのかもしれません。hangan

半眼って、半分白目をむくことかと思っちゃったよ。

アラン先生の言葉

 

微笑んでみせることについて、アラン先生はこんな風に言ってくれてます。

 

微笑んでみせることを

あなどっちゃダメだ。

微笑むことで

変わるものがあるぞ。

知ると、

微笑みの大切さに

気づくはずだ。

なぜ、微笑んでみせるのがいいのかな?

悲観しても何も変わらないから

 

そうなんです。

今、目の間にある「いや~な状況」は、どんなに悲観しても変わらないからです。

 

むしろ、苦虫を嚙み潰したような顔をしていたら、状況はますます悪化するかもしれません。

 

たとえば、

ざあー、ざあーぶりの雨をどんなに呪っても、

 

雨、やまんか~!urami_woman

雨がやんだりしません。

 

たとえば、

憎たらしいお腹のぜい肉をどんなに呪っても、

 

ぜい肉め~~!
urami_woman

減ったりしないのです。

 

ついでに言っちゃうけど、背中のぜい肉もそうだよ。

もう、ホント嫌になっちゃうよ。
この肉metabolic_senaka

逆に、恨んだり、悲観すると、ぜい肉はもっと増えるかもしれません。

 

ふくカエル

うっうう。悲しい現実。

でも、微笑んでみると気分がよくなるから

 

でもです。どんなに「いや~な状況」でも、ちょっと微笑んだりすると気持ちが変わってきます。

 

笑っちゃうよな!くすっ」と思うだけでも、気分がマシになったりするのです。

 

たとえば、

ざあー、ざあーぶりの雨でも、

 

「肌が、湿気でしっとりするかもしれん、こりゃラッキやんか~!」って微笑んみると気分がよくなりそうです。

biyou_tsurutsuru

ふくカエル

ならへんわ・・・。

うむ。じゃあ、

 

お気に入りの傘をさせるから、ラッキー!」と

にこっと微笑でみるのはどうでしょうか?

 

ちょっと奮発して買ったレインコートを着れるから、ラッキー!」と

くすっと微笑んでみるのはどうでしょう?

 

ちょっとは気分が上がると思います。

 

くっぅ、こんな日でも
傘をさせてラッキー!
tenki_boufuu

たとえば、

憎たらしいお腹のぜい肉背中のぜい肉については、

 

美味しそう!って微笑んでみるのはどうでしょう?

 

ちょっとは、気分が明るくなると思います。

そうか!そうなのか!
この脂肪は美味いんだな。
diet_before_man

ふくネコ

そんなの、なるかよ?

ふくカエル

大丈夫!なる!なるのです。

身体もしゃきっとするから

 

それに、微笑んでみると身体がしゃきっとするからです。

 

「さあ!がんばろう!」という前向きの気持ちが発生します。

 

ちょっとした仕草ですが、

 

微笑んだり、喜んだりすると、自分のどんよりとした気分を追い出そうする効果が出るようです。

 

こんな、うだうだする気持ちは
パンチしてやる!toubyou_punch

というような気持ちが
溢れるそうな。

人に対しても、効果が絶大だから

 

また、微笑みは他人に見せるともっと効果があるからです。

 

嘘のような本当の話です。

 

試しに、家族に微笑んでみせることを、1週間継続してみてください。

 

すると、家庭内の雰囲気が、確実に変わってきます。

 

家族がつられて笑うようになるのです。

 

微笑みは伝染し、家庭内を平和にすることに感動し、実感できると思います。

じゃあ、どうすればいいのかな?

微笑んでみせる

 

とにかく、微笑んでみます。

 

最初は、嘘でもいいので積極的に微笑むのです。

 

コツは、鏡を見て微笑むことです。

mirror_woman_smile

まずは、自分の脳みそをだましてみることから始めます。

 

微笑んでいる自分を脳みそに認識させるのです。

 

そうして、「憂うつなこと」で満タンの脳みそを勘違いさせるのです。

 

あれ? 憂うつやったんと違うんかな?

本体は、笑ってるやんか?

喜んでるし、なんでやろう?

 

こりゃ、憂うつなのは
勘違いやったんや!
えらいこっちゃ!
question_head_gakuzen_boy

と、脳みそが「喜んでいる」と勘違いすると、

 

身体のあちこちの臓器に「リラックスしてOK」という指令を脳みそが出すのです。

 

そうすると、本当に、だんだんと気分が落ち着いてきます。

 

新しい発想をしてみる

 

また、微笑むだけじゃなくて、微笑んでみることに「プラスの発想」をプラスしてみます。

 

ふくカエル

プラスONプラスね。

 

先ほどの例で言うと、

雨が降っているときには

  • 「新しい傘させるやん!」
  • 「奮発したレインコート着れるやん!」

と「プラスの発想」をつけ加えるのです。

 

自分のぜい肉に悩んでいるときは、

  • 「美味しそうやん!」
  • 「このぽちゃ感が、可愛いのかもしれん!」

と笑ってみるのです。

 

もう、大笑いやわ~!oowarai_woman

この「プラスの発想」は、実際に口で言葉に出して言うと、本当に効果があるので驚きます。

 

ふくカエル

本当だよ。やってみてね!

 

ちなみに、わたしは緊張しそうなときには、

  • 「まあ~、何も自分の命まで持っていかれへんよ!」
  • 「せいぜい恥かくだけだよ」
  • 「恥かいたら、それはそれで美味しいよね」

 

と鏡に向かって自分に対して言って、にこっと微笑んでみることにしてます。

 

うっとおしいときほど、微笑んでみせる

 

そして、うっとしいときほど、微笑んでみせるのがいいです。

 

身体が痛いときなどは、なるべく笑うと痛みが薄れるような気がします。

 

たしかに、痛いのに笑う行為は、はたから見ると「ちょっと変人チック」です。

 

でも、本当に和らぐのでビックリです。

 

たぶん、痛みで緊張している身体が、微笑むことで、少しは緊張が緩むからかもしれません。pose_nobi_man

ちなみに、これは失恋したときも同じです。

 

失恋でカチコチに固まってしまった身体が、微笑んでみることで、ちょっと緩みます。

 

  • 「わんわん泣いて、アホらしい!」
  • 「あたしが失恋したからと言って、地球が爆発するわけでもないし、しゃあないわ!」
  • 「もっといい人が、未来に待っているかもしれん!」

と思えるようになります。

そうすると、どうなるのかな?

自分の悲しみや退屈が軽くなる

 

微笑んでみることで、自分の「悲しみや退屈な状況」が軽くなります。

 

どんな薬よりも、どんな治療よりも、自分を元気にさせる効果があることに気づきます。

 

なので、自分に微笑むことをバカにしなくなります。

 

他人の悲しみや退屈も軽くなる

 

それに、微笑んでみせることは、自分自身に作用するだけでなく、他人にも作用します。

 

そして目を見張る効果がでます。

 

「他の人の悲しみや退屈な状況」をも軽くするのです。

 

明るく微笑んでみせると、微笑みは、人々のつながりによって、伝染します。

 

そして、周りの人達の悲しみや退屈さを軽減しながら、幸せにしながら、周りに影響していくのです。

smile-effect

微笑みをあなどってはいけません。

人を幸せにしたいなら、まずは微笑みからね

 

「この人を幸せにしたい!」と思う人ができたら、

 

まずは、微笑んでみせることから始めることをお勧めします。

 

今日から「不機嫌な態度や表情」は封印です。

 

高価なプレゼントを渡すよりも、イチャイチャするよりも、これが一番「相手を幸せ」にします。

 

「微笑み」を絶やさないことが一番の愛情表現だからです。

 

一番、相手を幸せにする方法なのです。

 

ちょっと声を大きくしてお伝えしときます。

まとめてみたkerokero

 

  • 微笑んでみることは大事です。
  • 気分がよくなるし、身体がしゃっきとして元気がでてきます。
  • 自分の悲しみや退屈な気持が一掃します。
  • また微笑みは他人に伝染します。
  • 他人の悲しみや退屈な気持も軽減できるのです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。