気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」思いやりの悪いところを知っておくと、いざという時に困らないよ。

eye-catch10

思いやりの悪いところを知っておくと、いざという時に困らないよ

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第5章 人とのかかわりについて」

「No.121 思いやりの悪いところを知っておくと、いざという時に困らないよ」

同情しない

思いやりには、人生に悪影響を与えるようなものがある。

アラン先生「幸福論」より引用

思いやりって・・・

 

「思いやり」って、なんだかモヤモヤするときがあります。

 

どんなに心を砕いても、

その人のためになってないような気がするのです。

逆に、相手から嫌がられているような気さえします。

 

なんだかなあ?
やるだけ落ち込むよね。pose_unzari_woman

 

あと、世の中には「思いやり」と言いつつ、「弱い者いじめ」にしか見えない場合もあります。

 

でも、どうして?

「思いやり」って、たしか正しい行為だったよね?

shinpai_man

アラン先生の言葉

 

こんなときにアラン先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

「思いやり」には

2つの側面があるんだ。

良い影響を与える側面と

その人の

人生そのものに

悪影響を与える側面だ。

哀れみであり、

同情だ

人間の間にはびこる

厄介なもののひとつだ。

なぜ、思いやりに悪い側面があるの?

その人の人生に悪影響を与えるから

 

「思いやり」は、悪く作用すると、

 

その人の人生そのものに悪影響を及ぼすことがあるからです。

 

たとえば、同情と呼ばれる哀れみとなる

 

たとえば、「思いやり」は「同情とよばれる哀れみ」となって、相手を深く傷つけることになります。

 

どんなに、最初は純粋な「思いやり」であっても、だんだん「哀れみ」の気持ちが強くなってしまうからです。

 

哀れみとは?

  • 気の毒に思うこと
  • 不憫(不憫)に思うこと

 

「同情とよばれる哀れみ」も過ぎると、だんだん相手を惨めな気持ちにさせたり、屈辱を与えることになります。

 

なぜなら、「哀れみ」には、かすかな軽蔑が含まれるからです。

  • 「かわいそうに」
  • 「あいつも終わりだな」
  • 「あんな風になりたか、ね~よな」

というような、耳には聞こえない「心の声」や鼻では嗅ぎ取れない「心のニオイ」がするのです。

 

なので、

 

この人あたしのこと「可哀そう。お気の毒!」って言ってくれてるけど。

内心では、あたしのことバカにしてるんやわ!

tobotobo_aruku

と相手を、ふか~く傷つけることになるのです。

さらに、無言の圧力になるから

 

さらに、「同情とよばれる哀れみ」は、他人の間に広がると「無言の圧力」になりかねないからです。

 

ふくカエル

実は、この同情が、めっちゃ厄介!

 

「同情とよばれる哀れみ」にちょっとした悪意が混ざると、

 

あっという間にバージョンアップして「無言の圧力」になってしまいます。

 

この「無言の圧力」が怖いところは、人を排除しようとする「凶器」になることです。

 

baikin_genki

「かわいそう!」
「かわいそう!」
「かわいそう!」

と同情することによって、

 

相手をはずかしめて、惨めな気持にさせて、

その場にいられなくするのです。

「一刻も早く、この場から逃げ出したい!」と思わせるのです。

 

はずかくて、
こんなところにおられへん!
逃げたいわ!
pose_nakineiri_man

これは、弱い者を「無言の圧力」で排除しようとする、人間が持つ残酷な側面です。

 

自分の身を守るために、自分の所属する集団を強くするために、弱い者を排除しようとする心理が働くのです。

 

ひえ~。やめて!
すみません!
出ていきますから!
許してください!figure_douchou_atsuryoku

群衆の心理は恐ろしいです。残酷な行為でさえ無頓着なってしまうのです。

 

相手が傷ついているのに
目をつぶるんだよね。
見て見ないフリするねん。 saru_mizaru

「思いやりは、良いことだ」と自分を正当化して、

 

自分が「凶器」そのものになっていることをカモフラージュするのです。

お節介になって、堕落させるから

 

また、別の面ですが、

「思いやり」がすぎると「お節介」になってしまい、相手を堕落させることになります。

 

特に、本人が望んでいないときは、「お節介」はありがた迷惑になるのです。

 

また、相手が「思いやり」に甘んじるようになると、

 

どんどん相手を堕落させるだけになっちゃうのです。

 

何もする気ないから、
あなたが
やってちょうだい!eye_kuma_woman

って堕落人間を作ることになるのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

哀れむのをやめる

 

もう、ここはきっぱりと「哀れむ」のをやめるのがいいかもしれません。

 

「哀れむ」ことで相手を傷つけるくらいなら、

 

何もせず、相手が立ち直るのを待つほうが、サッパリするかもしれません。

良い影響を与える思いやりにする

 

あるいは、自分の「思いやり」を「良い影響」を与えるものにしてみるのも手です。

 

それには、相手の自尊心を守る

 

良い影響を与える「思いやり」にするには、コツがあります。

 

それは、相手の「自尊心」を守りながら思いやることです。相手の人格を大切にして、相手のプライドを尊重してみるといいです。

 

相手が「自分自身のことを好きでいられる」ように、「自己嫌悪」に陥らないように気をつけてみます。

 

たとえば・・・わたしの場合

 

たとえば、わたしは、こんな「思いやり」で救われました。

 

それは、とても何気ないものでした。

 

「いつまでも待っているよ」という「一通の手紙」でした。

bird_densyobato

「きれいな花だよね!」というメッセージつきの「一束の花」でした。

chichinohi_hanataba_red

そして「特上の笑顔」でした。

美味しい少女

一言も話さないときもありましたが、そばにいてくれました。

 

海を見せてくれました。大きな砂浜に一緒に寝転んで空を見上げてくれました。

 

「思いやり」を押し付けず、わたしの自尊心を守ってくれました。

 

これは、わたしの母がくれた「思いやり」です。

 

心に染みました。本当に救われました。

 

そして何よりも、母から大事なことを教わりました。

 

押しつけがましいのなら、離れる

 

でもです。

 

相手の気持ちが沈んでいるときは、誤解されることも多々あります。

 

そんなときは、そっと離れるのも「思いやり」です。

 

押しつけがましいと相手に取られたなら、速攻に離れるのです。

 

どんなに、自分に傷つける気持ちがなくても、相手が傷つける場合もあるからです。

 

気持ちに精神的余裕がなくて、「思いやり」の真意を探れないほど追いこまれているときは、特にそうです。

 

こんな場合は、誰も悪くないに決まってます。

 

でも「思いやり」の存在自体が、相手を苦痛にさせているのなら、そっと離れるのがいいです。

分かってくれよ~~pose_oisugaru_man

 

と懇願する必要もないです。

 

ただ離れて見守るようにするのが一番です。

 

自分の思いやりが相手への「凶器」になる前に、とっとと退散しときましょう。

そうすると、どうなるのかな?

思いやりの仮面を被った悪魔がいることに気づける

 

「思いやり」には、残酷な側面があることに気づけます。

 

「思いやり」の仮面を被って、弱い者をつるし上げにする悪魔です。

akuma_shadow

そんな「悪魔」にならないように注意することができます。

 

ちなみに、悪魔ってこんなやつだよ。

 

ちなみに「悪魔」ってやつはこんなやつです。

 

「かわいそう」と口々に話しては、相手をどんどん追いこんでいく奴です。

 

どんどん相手を「みじめな気持ち」にさせる、ふてい野郎です。

pose_kage_warau_man

同情にかこつけて、相手をグサッグサッ傷つけて、息の根を止めるまでやり続ける、アホです。

kotoba_bouryoku_mm

 

こんな人には、ならんようにしましょう。

まとめてみたkerokero

 

  • 「思いやり」は、悪い側面と良い側面があります。
  • 同情とよばれている哀れみは、その人の人生そのものに悪影響を与えてしまうものです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。