気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」後悔から立ち直る方法とは?

アイキャッチ画像

後悔から立ち直る方法とは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第2章 自分自身について」

「No.61 済んだことを後悔しない」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

済んだことを後悔しない

済んでしまったことを考えて悲しんでもなんの役にも立たなし、

有害ですらある。

アラン先生「幸福論」より引用

後悔するよね!

 

誰でも一度は経験するのが「後悔」です。

pose_zetsubou_man

「自分が後悔するなんてありえない!」な~んて高をくくっていると、エライ目に合います。

business_syakai_aranami

「後悔の海」は、もがけばもがくほど深みにハマっておぼれます。

カエル風アラン先生の言葉

 

後悔で苦しんでいるときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

と、いろいろ想像してみました。

 

後悔しているのかい?

そりゃ、大変だ。

だが、後悔から脱出する

方法があるぞ。

いたってシンプルだ。

今この瞬間からできる。

あとは

本気を出せるかどうかだ。

後悔から脱出する方法とは、これ!

後悔から脱出する方法

 

ずばり、これです!

済んだことを考えない

未来だけを考える

これです。

ふくカエル

いたってシンプルです。

なぜ、済んだことを考えるのがダメなのかな?

何の役にも立たないから

 

まず、済んだことをクヨクヨ考えても、何の役にも立たないからです。

 

時間は巻き戻せないし、「過去の事実」を変えられないです。

有害だから

 

次に、済んだことをクヨクヨ考えることは、とても有害だからです。

 

たとえば、

  • 前向きになろうとする建設的な思考
  • 元気になろうとする気力、など

をことどく破壊していきます。

ふくカエル

元気になる気力を潰して、自分自身を破壊していくねん。

ふくネコ

もう、おっそろしすぎるわ!

undou_sports_family_haha_musume

全くもってして、非常に後ろ向きな思考であり、

 

クヨクヨ考えているすべての時間がムダなのです。

 

このような状態が続くと、だんだんと精神がむしばんで腐っていきます。

 

ふくカエル

ムダに自分を追い込むから、すごく有害。

それに
自分が腐っていくねん。
これはアカンやろう!tamashii_nukeru_woman

でも残念なことに、多くの人たちは「後悔のムダ」に気づけずにいます。

ふくカエル

これが問題なんよ。

 

ただでさえ傷ついているのに、
自分で自分を追い込むのはアカンよ。oitsumerareru_man

じゃあ、どうすればいいのかな?

済んだことを後悔しない

 

とにかく、済んだことは後悔しないことです。

ふくカエル

とは言っても、なかなかできないです。

後ろ向きの思考パターン前向きに変えるには相当な努力がいります。

 

まずは小さな訓練から始めるのがいいです。

 

後悔しないことを常に意識することが大事です。

 

実際に「後悔はせえへんぞお~~!」と口に出してみるのもいいかもしれません。

 

この方法ですが舐めちゃダメです。結構な効果があるんです。

 

後悔しそうになったときには、

このやろ~!
後悔なんかするか~!superman_hero

と拳を上げるだけでも、自分の「思考パターン」が変わってきます。

具体的に、こんなことしてみる!

意志を強くする

figure_fighting_punch

まず、意志を強くして、現実をちゃんと把握してみます。

  • 悔しい
  • 悲しい
  • 何とかしたい

という感情を捨てて、

  • 過去の事実は何だったのか?
  • 今の自分はどこにいるのか?
  • 現実はどうなっているのか?
  • 取り返しのつかないことは何なのか?

を冷静になってちゃんと分析します。

過去の事実と現状を把握する

 

とにかく、過去の事実と現状を把握することから始めます。

 

コツは、自分の感情(後悔や恥ずかしさや怒りなど)をできるだけ切り捨てて、客観的に観察することです。

  • 過去に起きたことはどんなことだったのか
  • 自分が決断した選択は何だったのか
  • そして具体的にどんな行動したか
  • その結果どうなったのか
  • 今の自分はどこにいるのか

などを箇条書きにするのがお勧めです。

取り返しのつかないことを認める

 

また

何が取り返しのつかないことなのか?

  • 失ったものは何か?
  • 損害はどれだけあるのか?

などをちゃんと把握して認めます。

 

ふくカエル

まことにツライ作業ですが、やってみる!

コツは、決して自分を否定しないことです。

 

ここで必要以上に自分を責めないようにします。

 

必要以上に自己否定に走ると、自暴自棄などのマイナスの感情に引きこまれることになるからです。

ふくネコ

要注意です。

問題点を見つける

 

さらに、

何がこれからの問題点になるのか?

についてちゃんと問題分析します。

 

STEP.1
分析する
まず、何が問題なのかを分析します。

具体的には、

  1. 自分の到達したい目標・目的
  2. 現状の自分

などをちゃんと把握します。

STEP.2
ズレを見つける

次に、

  1. 「目標・目的」
  2. 「現状の自分」

との間に、一体、どれぐらい「ズレ・差」があるのかを見つけます。

理想と現実

STEP.3
課題・問題点を見つける

そして、課題や問題点を見つけます。

具体的には、

ステップ2で見つけた「ズレ・差」が、

これから自分がクリアすべき課題・問題点になります。

ズレと問題

ちなみに、この図解のケースだと、

段ボールの中身をどれだけ

処理することができるか課題・問題点になりまする。

STEP.4
課題・問題点をクリアする

あとは、ひたすら見つけた課題や問題点をクリアすることに全力を向けます。

 

 

たとえば、人間関係でしくじって後悔しているなら、こんな風にしてみます。

 

まずは、明らかに自分が悪く、相手を傷つけたのなら、素直に謝罪します。yurusu

次に、謝罪しても許してもらえなければ、仕方がありません。

 

関係はすぐには修復できない、時間がかかることを悟ります。

ふくカエル

いったん引き下がって、時間と距離を置くのがいいよ。

 

さらに、自分を一段上の方から客観的に観察して、

  • 何が悪かったのか?
  • どんな態度が事態を悪くしたのか?
  • 何が礼儀に反していたのか?

徹底的に分析します。

 

このときに注意することは、

  • 相手から嫌われたことをクヨクヨしない
  • 相手に不自然に気に入られようと媚びへつらわない

ことです。

 

そして、思い当たる自分の言葉や態度を徹底的に修正します。

 

そのことだけに集中します。

ふくカエル

ほんまに直そうと思うことが大事やよ。

ふくネコ

ここでもヘラヘラしとったら、もうアカン。

ふくカエル

何べんやっても、次から次からと後悔ばっかりになるねん。

顔をあげる

 

そして、未来に向かって顔をあげます。

 

今ここから、やり直すぞ!ranger_black

自分を奮い立たせます。

 

いきなり大きなことができなくても、小さなことから始めます。

 

自分がその日その日にできることをこつこつとやり続けます。

 

ただただ、それだけに専念していくのです。

pose_ganbarou_man

そうすると、どうなるのかな?

とにかくムダが省ける

 

済んだことを後悔しないように心がけると、とにかく「人生のムダ」が省けます。

 

たしかに、失敗から学べるように「後悔から学ぶ」こともできます。

 

でもです。

 

これは、むずかし過ぎます。

どうしても後悔に負けちゃって、学ぶことなんてできないです。

 

そもそも、後悔から学ぶことができる人は、強靭な精神力を持っている人に限られると思います。

 

ふくカエル

後悔から学べる人は、ぶっちゃけ「特別な人」やと思うねん。

 

たいがいの人は、一度後悔するとなかなか抜け出せず、後ろ向きでムダな時間をすごすハメになります。

 

だから、ムダな後悔を省くって大事なのです。

スパッ!と割り切れる

 

そして、後ろ向きの思考をスパッ!と割り切れるようになれます。

 

非常にサバサバしてきます。

 

できなかったものはしゃ~ない。
次や次!トライあるのみや!woman_sabasaba

まとめてみたkerokero

 

  • 後悔から立ち直る方法は、済んだことをスパッと切り捨てることです。
  • 済んでしまったことをあれこれ考え込むことをやめてみることです。
  • そうすれば、未来がどうなるのかを想像できるようになってきます。

 

後悔ばかりせんと、次のことを考えるのって大事です。

  • 何が達成できていないのか?
  • 何が取り返しがつかないのか?
  • 何が今からでもリカバリーできるのか?

 

「後悔の波」に飲み込まれそうになったら、

 

シンプルに「波」そのものを見なかったらいいと思います。

 

「荒れている海」なんか見ないで、

 

空を見て、あとどれぐらいで嵐が止むのかを予想するのです。

 

そして、嵐から逃げて、「自分の太陽」が一番見えるところへ移動するのが一番です。

 

太陽の見える場所に移動することこそが、「未来に向かって再出発」することになるのです。

 

そうやと思うねん。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。