気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」自分を映し出す鏡は、実は身近にあるんだよ。

eye-catch10

自分を映し出す鏡は、実は身近にあるんだよ。

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第5章 人のかかわりについて」

「No.125 自分を映し出す鏡は、実は身近にあるんだよ。」

相手は自分を映し出す鏡である

自分の感情よりもほかの人の感情をじかにあやつるほうが簡単である。

アラン先生「幸福論」より引用

自分ってどんな感じなの?

 

自分の印象って気になります。

 

特に、周りの人達からビビられているときは混乱します。

 

「えっ!何が原因なの?」

「この顔か?」youkai_otoroshi

「この服装か?」

genshijin_fight

なんて、目まぐるしく考えます。

 

でもです。

本当のところ何が原因なのかは、サッパリなのです。

 

アラン先生の言葉

 

こんなときに、

アラン先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

うむ。

自分がどんな風に

見られているのか

知りたいよね。

 

でも、

見たいからと言って、

常に等身大の鏡を

持ち歩くのも

バカげている。

でもさ。

実は、

大きな鏡を

持ち歩かなくても、

身近に鏡があるんだ。

気づいてないだけだよ。

自分を映し出す鏡って何かな?

 

それは、何を隠そう、

あなたの隣りにいる人です。

真正面にいる人です。

つまり、他人」です!

 

「鏡」とは、「他人の態度」なのです。

 

違います!
あなたはブタです。照れないでください。

どうして、他人なのかな?

感情をコトンロールできるから

 

「他人の感情」のほうが、「自分の感情」よりもコントロールできるからです。

 

「自分の感情」がマックス状態になると、なかなか自分では感情を抑えることができません。

 

たとえば、こんな風に激怒してしまうと、もう自分では止められないです。

 

おら~~~!
怒っているんだぞ!kenka_karamu_man

あか~ん。

誰か、止めてくれ~!
となる。

ふくカエル

激情に駆られている自分って

ふくネコ

なかなか、自分でおさえられないよね。

 

ところが、これが「他人の感情」がマックス状態になっても、コントロールすることができるのです。

 

もっとも勇気が必要ですが・・・・。

 

こら!やめろ!
いや、やめてちょうだい! job_police_kidoutai

相手の感情を冷静に観察できるから

 

それに、コントロールすることができる「他人の感情」の方が、「感情の見え方」を冷静に観察することができるからです。

 

人間の感情が、マックス状態になったときに、どう見えるのか?」を冷静に観察することができるからです。

yajirushi02_gizagiza

 

「激怒すると、どんな風に見えるか?」

「突然ビックリ仰天すると、どんな風に見えるのか?」

「恥ずかしげもなく泣き叫ぶと、どんな風に見えるのか?」

「絶望の底で、もがき苦しむと、どんな風に見えるのか?」

知ることができます。

 

悪趣味だけどね。Disgusting face

 

自分の感情も、間接的に観察できるから

 

それに、「自分の感情」も間接的に観察できるからです。

 

「自分の感情」が、そのまま「相手の態度」に如実に反映されるので、

 

「相手の態度」を観察することによって、間接的に「自分の感情」を観察することができるのです。

 

これが「他人は、自分を映す鏡だ!」とする理由です。

 

それは、まるで壁にボールが跳ね返るかのように、「自分の感情」が「相手の態度」として返ってきます。

 

ぴょ~ん!Arrow

たとえば・・・。

 

たとえば、怒っているときは、なんとなく相手はこちらの怒りの感情を察して、遠巻きに避けるような態度をとります。

 

端っこに隠れて、
様子をみるんだよね。

なんじゃ、
あいつ怒っとるのか?nozokimi_man

こちらが喜んでいるときは、喜びの感情を察して、同じように相手も笑顔になります。

 

よかったね!
あたしも嬉しいよ!mirror_woman_smile

また、こちらが悲しんでいるときは悲しみの感情を察して、同じように相手も心配そうな表情で接してくれるのです。

 

大丈夫?
ケーキ食べに行く?mirror_woman_sad

さらに、楽しんでいるときは、喜びの感情を察して、同じように相手も楽しもうとするものです。

 

飲もうぜ!踊ろうぜ!

「自分の感情」は、「相手の態度」となってそのまま映し出されるのです。

 

「相手の態度」は、「自分の感情」を映しだす「鏡」なのです。

 

お前もナルシストなのか?
一緒だな。narcissist_narushisuto

じゃあ、どうすればいいのかな?

相手の感情に慎重に対処してみる

 

まず、「自分の感情」が相手にどのように伝わっているのか、反応を慎重に観察するようにします。

 

どのように伝わっているのかをじっくり観察するのです。

 

それには、「鏡」をちゃんと磨いておく必要があります。

 

つまり、「鏡になってくれる相手」との人間関係を平穏な関係として保つことです。

 

相手との人間関係が悪いと、「鏡」に水垢で汚れている感じなりうまく映りません。

mirror_mizuaka

なので、相手との人間関係が良好になるように、日頃から「鏡」を磨いておくのです。

mirror_souji

よく映るように、お掃除することは必須です。

相手の態度をみて、自分の態度を振り返って見る

 

そして、「相手の態度」をみて、「自分の態度」を振り返ってみます。

 

相手の反応が著しいときは、「自分の感情」が強すぎることを察知してやめます。

 

あちゃ~!
ビビっとるやんか!
pose_koshi_nukeru_kowai_man

ちょっと激しすぎたかな?
やめとこ。

 

うわ~。
は怖がってるよ。kowagari_okubyou_womanあかん、あかん。

だだし、注意することあるよ!

 

ただしです。ここで注意することがあります。

鏡ばっかり見ないこと

 

それは、「鏡」ばっかりを見ないことです。

 

たしかに、自分がどう映っているのかが分かって助かりますが、

 

やはり、見すぎると少々ヤバいことになってしまうのです。

 

それは、

「鏡」依存になっちゃう!

のです。

 

もう鏡なしで
生きていかれへんねん!sick_sennou

依存するようになると、周りの人達のウケばかり気になって、

 

「他人の態度」にいちいち振り回されるようになるのです。

 

そのうち自分自身が「一体、何者であるのか?」について分からなくなって混乱してきます。

 

これは、けっこう苦しむことになります。

 

なので、「鏡」は適当に利用したほうがいいです。

そうすると、どうなるのかな?

他人の言動を意識するようになる

 

「他人の態度」を通じて、「自分の感情」がどう見られているのかを判断できるようになると、

 

自然と他人の言葉や行動、態度を意識するようになります。

思いやりが生まれる

 

そして、いつも他人の言葉や行動、態度を意識するようにしていると、

 

自然と、他人を思いやれるようになります。nage_kiss_man

嘘っぽいですが、本当に自然と「思いやり体質」になっていきます。

まとめてみたkerokero

 

  • 自分の映し出す鏡は、案外身近なところにあります。
  • それは他人の態度です。
  • 自分の感情を如実に映し出します。
  • 「鏡」だと意識すると、他人の態度を慎重に見るようにします。
  • 他人の言葉や態度を意識するようになると、自然と「思いやり」が生まれます。

 

「他人を見て、自分を見る」ことって、幼い頃から無意識にやってます。

でも、意識的に「他人を見て、自分を見る」ようになると、本当に思いやりが生まれてきます。

一度やってみてください。

「なるほどなあ~」と思えます。

 

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。