気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

何かをカタチにしたいときに、すること。

幸福論アイキャッチ1

何かをカタチにしたいときに、すること

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第1章 不安と感情について」

「No.23 想像力ではなく、行動に従う」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

想像力ではなく、行動に従う

想像力はなにもつくりだすことはできない。

なにかをつくりだすのは、行動である。

そのことをよく理解しておかなければならない

アラン先生「幸福論」より引用

何かをカタチにしたい!

 

「何かをカタチにしたい!」と燃えているあなたに、お知らせしたことがあります。

 

ふくカエル

ちょっと水差しちゃうぞ!

 

実は、ちょっとショッキングなことです・・・・

それは、想像力は作り出さない

 

「何かをカタチにしたい!」という原動力になった「あなたの想像力」は、

 

想像どまりで、実は、何も作り出すことができないのです。

 

どんなにいいアイデアが浮かんだとしても、一切カタチにはなりません。

 

一切カタチにならないのです!

えっつ!ならないの?

なりません!

 

だって、それは「アイデアの領域」から一歩も出てないからです。

 

「想像力の領域」から踏み出していないからです。

 

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

と、いろいろと想像してみました。

 

そうなんだ。

想像は、

大きな影響を

与える面があるから

なかなか抜け出せない。

でも、

想像は所詮

想像どまりなんだよ。

何も作り出さない。

何か成果を上げたいになら

別のことをしなくちゃ

いけないんだよ。

なぜ、想像の領域から抜け出せないのかな?

自由に想像できるから

 

領域から抜け出せなくなるのは、好き勝手にいろいろなことを想像できるからです。

 

何を想像しても、それが想像であれば、一切誰からもとがめられることがないからです。

 

ふくカエル

いたって自由なのです。

 

なので、想像することである種の快楽を得ることができます。

 

次のような快楽です。

どんなに想像しても
とがめられないなんて、
楽しくなるもんね。pose_dance_ukareru_man

想像するときは、脳みそに快楽物質が出まくりなのです。

習慣化するから

 

そして、想像することは、簡単に習慣化するからです。

 

「想像すれば、快楽を得られる」といった報酬つきものは脳みそも大好きで、いとも簡単に習慣化されます。

 

ふくカエル

好きな子のことを想像するときって、胸がドキドキしてワクワク興奮するから、

ふくネコ

直ぐに習慣化しちゃうよね。

 

あの子、
今何をしているのかなあ?
kirakira_woman

って、想像するときは、脳みそがボーナス(報酬)だらけになっているのです。

でも、なぜ想像がダメなのかな?

何も生み出さないから

 

想像力は、考えるだけで何も生み出さないからです。

 

たしかに、想像力には次のような影響力がありますが、

  • 想像力は、ダイレクトに身体に影響を与える
  • 想像力は、仮説として人の世界に影響を与える

 

想像力からカタチになるのかどうかは別問題なのです。

 

ふくネコ

想像するだけなら、仮説どまりなのです。

 

どんなにいいアイデアが思い浮かんでも、カタチにしなければ、それはあくまでも空想なのです。

じゃあ、どうすれば、想像の領域から飛び出すことができるのかな?

それは、これ!

 

想像から飛び出すのは、

行動することです!

何かをつくり出して、カタチにするには実際に行動することが一番です。

 

もちろん、ただむやみやたらに行動することだけではないです。

 

行動するには、その行動が成功につながるようにしなければいけないです。

 

なので、プラン作りや意志決定などさまざまな試行錯誤が必要になってきます。

 

アラン先生の行動については、こちらにまとめています。

 

ふくカエル

ここでは、行動することが大事であることを理解しておきます。

行動すると、どうなるのかな?

今この瞬間のパワーに気づく

 

想像するよりも、実際に行動することが大事なことに気づくと、「今この瞬間」が大切であることに気づきます。

 

実は、「今この瞬間」は過去よりも未来よりもパワーがあります。

 

ここでいうパワーとは、

  • 過去に起きた出来事の意味あいを変える力
  • 未来の展望や成功の可能性を大きくする力

のことです。

時間のパワーを味方につけれる

 

また、想像するだけでなく行動することで、「今この瞬間」の持つパワーを味方につけることができます。

 

過去の行動よりも、未来のまだ実行していない行動よりも、爆発的なパワーを持つのは「今この瞬間」に行動することです。

 

時間のパワー行動力のパワーを軽視している人が多いのです。

忘れることができる

 

また、現実に行動し、「今この瞬間」を一つ一つ大切にすると、不安は恐怖などネガティブな感情を忘れることができます。

ふくカエル

生き方が楽になります。

夢をカタチにできる

 

そして、想像した夢をカタチにすることができます。

 

どんなに想像しても、行動しなければ無意味なことに気づけます。

まとめてみたkerokero

 

  • 想像するよりも、実際行動することの方が大事です。
  • 想像するだけでは、何も生まれないし、つくり出せません。
  • 行動することは、今この瞬間という時間のパワーを味方につけることです。
  • 今この瞬間を生きることで、不安なネガティブな感情を忘れることができます。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。