気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

心配ごとがあるときに、やめたほうがいいこと。

幸福論アイキャッチ1

心配事があるときに、やめたほうがいいこと。

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第1章 不安と感情について」

「No.20 あれこれ考えるのをやめる」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

あれこれ考えるのをやめる

自分の推理は自らの首をしめることにしかならないのだから

アラン先生「幸福論」より引用

心配事は子沢山

 

心配事があるときって、「これでもか!」というくらい次から次からと心配事が増えてきます。

 

心配はポコポコ、ポコポコと小さい心配を生んでいくのです。

 

気づいたら、周りは心配事だらけになってます。

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

こんな風に言ってくれたかもしれない!

と思うのです。

 

心配事があるときは

あれこれ考えるのはやめよう。

いろいろ考えすぎると

自分の首を絞めて

ますます苦しくなる。

そんなときは、これだよ。

体操だよ!undoukai_ittouwhite

心配事があるときに、やめることとは?

 

心配事があるときにすることとは、これです。

あれこれ考えるのをやめる!

これです。

なぜ、あれこれ考えるとダメなのかな?

まず、明るい希望を持てない

 

まずです。

 

人は心配事があると、なかなか明るい希望を持てないからです。

 

明るい希望よりも、暗いことばかり考えてしまう傾向があります。

 

悪い事しか考えない「負の思考パターン」に陥ってしまうと大変です。

fusagikomu_businesswoman

そして、自分の首を絞める

 

そして、「負の思考パターン」に陥って、あれこれいろんなこと推測するので、

 

次第に、自分の推理で自分の首を絞めることになるのです。

 

自分で自分自身をどんどん追い詰めてしまうのです。

 

うわ~~!
もう、やめて~~!oitsumerareru_man

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

体操する

まずは、体操してみます。

ふくカエル

バカにせんと、だまされたと思ってやって欲しんねん!

実際に手足を伸ばして、筋肉をほぐしていきます。

  • 腕を上げる
  • 足を伸ばす
  • 踊る
  • ストレッチをする
  • 軽くジョギングをする、など

 

何も考えないようにするとなお良いのですが、心配事が多少よぎってもOKです。

 

ただ、体操を中断しないようにすればいいです。

 

継続していけば、そのうちだんだんと何も考えないようになっていきます。

ふくカエル

わたしはラジオ体操をしてました。

ふくネコ

ラジオ体操は、理にかなった体操なのです!

そうすると、どうなるのかな?

感情から抜け出せる

 

まず、徐々にですが、心配事ばかりで憂うつな感情から抜け出すことができます。

 

実際に手足を動かして行動することで、あれこれ考えることをやめてみると、

 

不健康な「負の思考パターン」への違和感を感じるからです。

柔軟な発想ができる

 

次に、徐々にですが、柔軟な発想もできるようになります。

 

この柔軟な発想が、心配事を解決してぶっ飛ばしてくれます。

 

身体を実際に動かすことによって、もたらされる効果は大きいです。

ふくカエル

本当に頭が柔らかくなってくる!

億劫だったことできる

 

また、今まで億劫だったことが、思い通りに行動できるようにもなります。

 

体操することで、実際に身体の筋肉が柔軟になってくると、身体の調子が良くなってくるからです。

 

自分のパフォーマンス能力が上がってくると、自然と、行動力や意志力も上がってきます。

 

当然、問題を解決する能力も戻ってくるので、心配事もぐ~んと減ってくるのです。

心配事スイッチがオフになる

 

switch_on

そして、心配事増やすスイッチがオフになります。

 

代わりに、やる気スイッチがオンになるのです。

 

できないことが増えるよりも、できることが増えてくるからです。

まとめてみたkerokero

 

  • 心配事があるときに、したほうがいいこととは、あれこれ考えないようにすることです。
  • 自分を追い詰めるだけの思考パターンをやめるには、実際に体操をすることです。
  • 体操の効果をあなどってはいけません。大きな効果があります。

心配事の特効薬は、あれこれ考えないことです。

これが一番です。

考えすぎの負の思考パターンの連鎖から脱出できます。

それには、体操っていいよ~~!

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。