気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」真実を上手に伝える方法

eye catching

真実を上手に伝える方法

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第3章 会話について」

「No.103 真実を上手に伝える方法」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

真実を上手に伝える

明らかに危険はあるとしても、

真実を語らなければならないときがある。

真実を正しく伝える特別なコツがある。

誰かがつらい思いをするような真実なら、和らげるのだ。

(中略)

今のことでも過去に置き換えて話す。

ありのままを知らせない方がいいときは、

真実をねじ曲げることも必要なのだ。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

本当のことを話す

 

本当のことを伝えるのは、時に残酷なことになることがあります。

 

嬉しい「真実」なら、いくらでも伝えられますが、

 

悲しくてツライ「真実」はそうはいきません。

 

相手が非常に傷つくことになると思うと、気後れしちゃうのです。

バル先生の言葉

 

どうしても「真実」を話さなくちゃいけないときに、

 

もしバル先生がいてくれたら、次のようなことを言ってくれるかもしれません。

 

「真実」を

上手く伝えるのは、

本当にむずかしいことだ。

特別なコツがあるから

教えてあげよう。

 

それは、

「真実」を

和らげることだ。

 

何でもかんでも

そのまま伝えればいい

わけじゃない。

 

ときには、

「真実」を

ねじ曲げることも

必要なんだ。

「特別なコツ」とは、なに?

真実をねじ曲げてみる

 

「特別なコツ」とは、「真実」を少しねじ曲げて、相手に伝えることです。

 

ふくカエル

えっつ!そんなことしてもいいの?

ふくネコ

はい。いいのです。

 

なぜ、ねじ曲げてもいいのかな?

ツライ思いをさせないため

 

相手にツライ思いをさせないためです。

 

相手の心のコンディション次第では、

 

「真実」をそのまま伝えると、深く傷つけることがあるからです。

 

こんな調子の相手に
ツライ事実を伝えることは
できません!figure_zasetsu

なるべく衝撃が少なくなるように、事実を少しねじ曲げて伝えたほうがいいからです。

 

ふくカエル

ある人には朗報でも

ふくネコ

別の人には、屈辱な真実になることも。

ふくカエル

こんな場合には、

ふくネコ

真実をねじ曲げることも必要なの。

真実は、然るべき時に明らかになるから

 

それに、「真実」は然るべき時がきたら、自然と明らかになるからです。

 

どんなに「真実」がツラくても、

 

それぞれが、ちゃんと向き合って、素直に「真実」を理解できる絶妙なタイミングが出てきます。

 

なので、なにも本人でもない人間がしゃしゃり出てきて、

 

あたかも神さまのように「真実」をペラペラと伝える必要はないと思うのです。

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

誰が、一番傷つくのかを考えてみる

 

まず、「真実」を伝える前に、「誰」が一番傷つくのかを考えてみます。

 

そして、「どの言葉」が、相手をもっとも傷つけるのかを真剣に考えてみます。

 

思いついた「言葉」があれば、決して言わないようにします。

 

思いついた「言葉」をメモをするなりして、頭に叩き入れておきます。

 

これは、本当に肝に銘じておいた方がいいです。

 

極度に緊張していると、スルッと口が滑って

 

言ってはいけない「言葉」をつい言ってしまう危険があるからです。

 

少しだけ細工してみる

 

次に、相手への衝撃が少なくなるように、「真実」に少しだけ細工してみます。

 

「真実」をちょっと和らげて伝えてみるのです。

 

たとえば、今のことでも過去に置き換えてみる

 

たとえば、「真実」があまりにもつらく、今でも現在進行形のことがらであれば、

 

「真実」を過去のことのように置き換えて伝えてみます。

 

ちょっと時系列をずらして伝えてみるのです。

 

ふくカエル

あのね、実は1年前にね・・・。

ふくネコ

と話すのがいいよ。

 

たしかに、嘘をつくことになるので、後で責められるかもしれません。

 

でもです。相手が良識ある人なら、こちらの真意を分かってくれると思うのです。

 

たとえば、ほのめかしてみる

 

たとえば、相手が優れた理解力があって、すぐに察することができるのであれば、

 

ほのめかすだけにしてみます。

 

たとえば、
首を振るだけでもいいかも。pose_kubifuri_man

 

ふくカエル

たとえば、目配せだけでもいいかも。

 

目配せも、衝撃を和らげる方法の一つです。

 

礼儀正しい態度で伝える

 

そして、礼儀正しい態度で「真実」を伝えることです。

 

ふざけて伝えることはとても失礼であるし、余計に相手を傷つけるからです。

 

ふくカエル

へらへらしゃべるのは禁止だよ。

ふくネコ

ちゃんと相手の目を見て、礼儀正しく伝えてね。

ふくカエル

じゃないと「人生の友」を失うことになるよ。

ふくカエルの伝え方kerokero

 

実は、ふくカエルはありのままを伝えられて、ちょぴり弱ったことがあります。

 

そのときに、できれば「こうして欲しい」と思ったことを、ここでこっそりとお知らせします。

 

オブラートに包んで欲しい

 

できれば、「真実」をオブラートに包んで欲しいです。

 

苦い薬をオブラートに包んで飲み込むような感じです。

 

後でじわじわ「真実」を理解できるのがありがたいです。

 

ふくカエル

たとえば、乗り越えられない壁はないよ。

ふくネコ

たとえば、もっと頑張れ!って神さまが言ってたよ。

と言ってくれると助かります。

 

いろいろ配慮して欲しい

 

あと、いろいろと配慮して欲しいのです。

 

嬉しい「真実」は嬉しいだけで済むのですが、悲しくてツライ「真実」はダメージだらけになるからです。

 

なので、もし、「真実」を伝えなければならない役目になったときは、

 

次のようなことを考えて欲しいのです。

 

たとえば・・・。

  • 冷静になれる静かな場所や空間
  • なぐさめてくれる優しい家族や友人

 

まず、真実を知って取り乱さないように、冷静になれる「静かな場所」を確保して欲しいのです。

room_chashitsu

次に、失望して感情的になりそうなら、

 

心優しく親身になってなぐさめてくれる「家族や友人」を付き添わせる配慮をして欲しいのです。

nagusame_friend

本人の意思を尊重して欲しい

 

そして、本人の意思をできるだけ尊重して欲しいのです。

 

  • 本人は、今知りたいのか?
  • それとも知りたくないのか?

 

を充分に吟味して欲しいのです。

 

一番してはならないのは、周りの人がでしゃばることです。

 

「早く教えてあげよう!」とお節介を焼くことです。

 

本人が「今は、聞きたくない!」と意思表示したのなら、そっとしておいて、黙っておくのがいいです。

 

本人の気持ちが落ち着くまで、じっと待つのがいいです。

そうすると、どうなるのかな?

会話が穏やかなものになる

 

「特別のコツ」を使って、真実を伝えるようにしてみると、

 

会話がずいぶんと穏やかなものになります。

 

相手の自尊心を守ることができる

 

そして、相手へのダメージをできる限り小さくすると、相手の「自尊心」を守ることができます。

 

たしかに「真実」は大事ですが、

 

「真実」よりも相手の「自尊心」がもっと大事な場合もあると思うのです。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

「真実」を伝えることに無頓着です。

 

誰が一番傷つくのかを考えません。

 

そして、ありのまま「真実」を伝えて、不用意に人を傷つけることになります。

 

知恵のある人

 

ありのままの「真実」を伝えないほうがいい場合を知っています。

 

その場合には、「真実」を和らげ、ねじ曲げるようにします。

まとめてみたkerokero

 

  • 真実を上手く伝える方法は、まず誰が一番ツライ思いをするのかを考えてみます。
  • 次に、ありのままを伝えないほうがいいと判断すれば、真実を少しねじ曲げてみます。
  • そうすると、相手の「自尊心」を守れることができます。

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。