気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」相手の気質を見分けられると、こんなことに役立つよ。

賢人の知恵アイキャッチ1

相手の気質を見分けられると、こんなことに役立つよ

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第1章 人とのかかわりあいについて」

「No.29 相手の気質を見分けられると、こんなことに役立つよ」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

相手の気質を見分ける

かかわる相手の気質を見分けることはとても役立つ。内面が分かれば行動を予測できるからだ。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

ところで、気質ってなに?

気質とは?
気質とは、生まれつき持っている精神的な性質のことをいいます。

 

eye-catch 「賢人の知恵」欠点を改善する方法とは?

 

ふくカエル

気質は先天的なものなの。

 

有名な分け方

 

有名な分け方のひとつに、クレッチマーの気質分類があります。

 

ふくカエル

知っている人、多いよね。

 

クレッチマー先生は、ドイツの医学者、精神科医だった人です。

 

体格を3つのタイプに分類し、それぞれに気質を当てはめたやり方です。

 

詳しい性格を知りたい方はクリックしてね。

yase01_boy

細長型(痩せている人)

分裂気質

diet_running_man

肥満型

循環気質

boy_macho

闘士型(筋肉質の人)

粘着気質

偏執気質 神経気質 顕示欲気質

などがあります。

 

この理論は今から100年前の欧米における調査結果ですが、実は、科学的根拠があるわけではないそうです。

 

100年前の貧困時の「肥満」と現在の飽食時の「肥満」では意味が違いますもの。

 

ただ、20世紀にとても影響を与えたユニークな分類なので紹介しました。

バル先生の分け方

バル先生はつぎのように分けてます。

  • 憂うつなタイプ
  • 激高しやすいタイプ

 

憂うつなタイプ

 

憂うつなタイプの人は、なんでも悪い方に考える傾向があります。

 

特徴として、よく悪口をよく言います。

他人の気に食わないところばかりに目がいくからです。

 

ただ、悪口をよく言うくせに、逆に自分が悪口を言われると、とても敏感に反応してしまいます。

くどくどと落ち込むことが多いです。

 

憂うつな人は、不幸をひきよせる

 

憂うつな人は、不幸をひきよせます。思考パターンがネガティブだからです。

 

せっかく幸運のチャンスがめぐってきても、チャンスそのものを否定してしまうのです。

 

激高するタイプ

 

次に、激高するタイプは、理性を保って会話をすることができないことが多いです。怒る男の子

なにかにつけ感情がひどく高ぶったり、怒ったりするからです。

 

たまにウソをつくこともあります。非常に感情的になってしまうと、真実を少々ねじまげてしまうからです。

なぜ、気質を見分けたほうが、いいのかな?

行動を予測できるから

 

気質を見分けられると、その人の行動を予測することができるからです。

 

気質を理解して、その人の内面がわかると、どのような行動をするのか予測しやすくなるのです。

 

たとえば・・・。

  • 憂うつなタイプの人は、行動が消極的になる傾向がある
  • 激高するタイプの人は、行動がハチャメチャになる傾向がある

という大まかな予測することができるのです。

 

次の行動を予測できると、あらかじめ対処方法を考えることができるので、けっこう楽になるのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

表情を読みとるテクニックを身につけてみる

 

まず、相手の表情や顔色を読みとるテクニックを身につけてみるのがいいです。

 

人の顔には、本心が現れることが多いからです。

 

本人は自分の顔を直接チェックできません。なので、表情などに無頓着になってしまうのです。

 

表情に関しては、無防備で、油断しちゃってます。

 

ふくカエル

結構狙い目です。

 

避けたほうがいい人を見分けてみる

 

次に、避けたほうがいい人を見分けてみるのがいいです。

 

バル先生は、次の4つは避けたほうがいいと言っています。

 

  1. ひっきりなしに笑っている人
  2. うわさ話が好きな人
  3. 醜い人
  4. 美しい人

1.ひっきりなしに笑っている人

 

ひっきりなしに笑っている人は、避けたほうがいいです。

 

浅はかな人が多いからです。

 

絶対に笑ってはいけないときに、笑っているのを目撃したら、避けたほうがいいです。

 

ふくカエル

お葬式で、ニヤニヤしている人は、ご法度です。

 

2.うわさ話が好きな人

 

うわさ話が好きな人も、避けたほうがいいです。

 

おしゃべり、詮索好きな人が多いからです。

 

おしゃべりな人は信用できません。

 

詮索好きな人は、なんでもかんでも細かいところまで干渉して知りたがるので、面倒になります。

 

ふくネコ

うわさ話は、しばしば悪口に発展するので要注意です。

 

3.内面の醜さが現れている人

 

内面の醜さが現れている人も、避けたほうがいいです。

 

醜いことを両親や他人のせいにしてしまう人だからです。いつも文句を言って、他人をけなしがちだからです。

 

ふくカエル

本当に疲れます。

 

4.美しい人

 

最後に、美しい人も、避けたほうがいいようです。

hime_takabisya_laugh

美しさと愚かさとは表裏一体だからです。

 

美しいから賢いとは限らないのです。このことを念頭に入れておいたほうがいいようです。

 

外見の美しさにだまされないようにするのが一番です。

 

人は、内面を見て判断したほうが確実なのです。

そうすると、どうなるのかな?

人間関係のトラブルを回避できる

 

気質を見分けられると、人間関係のトラブルを回避することができます。

 

気質のタイプにしたがって、いろいろな対処方法をとることができるからです。

 

人生の安らぎを手に入れられる

 

トラブルを回避する術を身につけられると、人とのかかわりあいが楽なものになります。

 

人とのかかわりあいが楽になると、「人生の安らぎ」の大半を手に入れたも同然になります。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

自分にかかわる相手の気質を見分ける術がないので、相手の身勝手さに翻弄されてしまいます。

 

知恵のある人

 

自分にかかわる相手の気質を見分け、行動を予測するようにします。

 

人間関係のトラブルを避けることができます。

まとめてみたkerokero

 

  • 人とのかかわりあいの中で、相手の気質を見分けることは大切です。
  • 気質を知ることによって、その人のその後の行動を予測することができます。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

 

なお、バル先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。