気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」秘密には、言わざる、聞かざるの猿で対処してみてね!

賢人の知恵アイキャッチ1

秘密には、言わざる、聞かざるの猿で対処してみてね!

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第1章 人とのかかわりあいについて」

「No.41 秘密には、言わざる、聞かざるの猿で対処してみてね」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

秘密を話さない、聞かない

目上の人と秘密を共有すべきではない。(中略)

友人同士の秘密が一番危険だ。(中略)

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

秘密は厄介!

 

たびたび「ここだけの秘密よ!」とあらぬうわさ話を持ちかけられ、苦労したふくカエルです。

 

秘密って厄介です。

 

人間は、生きていくうちにある時点で「訳アリ」になります。

 

どんな人でも「秘密」を抱えるようになるのです。

 

「訳アリ人生」を歩むことで、ひとつひとつ大人になっていくのです。

 

ですが、この「秘密」には、変な作用があるのです。

 

自分の「秘密」なのに、他人に言いたくなるのです。誰かと共有したくなるのです。

 

人からの「秘密」は特にです。言いたくなるのです。

 

どうしてか?

 

それは、「相手の共感」や「相手の好奇心」をつかめるからです。非常に浅はかなのですが、真実なのです。

 

バル先生の言葉

 

バル先生は、秘密について、次のように言っている感じがします。

 

秘密は危険なものだ。

人間関係を破綻させる。

共有すべきでない。

言わざる、聞かざるだ。

ってな感じです。

3匹の猿

なぜ、人間関係を破壊させるのかな?

搾取(さくしゅ)されるから

 

まず、搾取(さくしゅ)されるからです。

 

「いいとこ取り」されるのです。

 

「秘密」をネタにして、手柄を横取りされます。

 

分け前も非常に不平等なものとなります。

 

徹底的に利用さえることもあります。

 

搾取とは?
しぼり取ること。資本家が労働者の労働に対して、正当な対価を払わずに、利益を自分のものにすることです。

 

ぼろぼろになってしまうから

 

それに、「秘密」を共有すると、心身共にぼろぼろになってしまうからです。

 

相手の「秘密」が非常に重たい場合がそうです。

 

悪事の告白などです。

 

黙っていれば「共犯」に仕立て上げられます。

 

苦しむだけの「秘密」の共有は、精神的に苦しいものです。

 

ふくカエル

裏切りの秘密。

ふくネコ

悪事の告白。

ふくカエル

どれも、精神的に苦しいです。知らなきゃよかったと思います。

 

支配されるから

 

さらに、支配されるからです。

 

「秘密」をさらしたばかりに、逆手に取られて「弱み」として利用されるからです。言いなりになってしまうのです。

 

ふくカエル

力になるから、話してみて!」と持ちかけて、

ふくネコ

弱みを握って、力で支配するのです。

 

友情関係においては、上下関係、主従関係ができるので、間違いなく破綻します。

 

友人ではなく、「相手の道具」になるからです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

秘密を共有しない

 

まず、秘密は共有しないことです。

 

友達もです。

 

健全な友情関係を希望しているなら、絶対にしないことです。

 

少なくとも、自分の「秘密」は明かさないことが鉄則です。

 

「秘密」の共有は、友情関係を親密にする作用もあるので、なかなかやめることはできないです。

 

でもです。「秘密」の内容が大きければ大きいほど、最後は必ず破綻します。

 

  • 秘密は、仲良くなるツールではないこと
  • 人を縛るものでもないこと
  • 秘密ほど利用されやすいものはないこと

 

言わざる、聞かざるを徹底する

 

3匹の猿

次に、「秘密」については、「言わざる、聞かざる」を徹底することです。

 

自分の「秘密」も他人の「秘密」も、誰にも言わないようにするのです。

 

黙っているのが苦痛になるのなら、最初から聞かないほうがいいのです。

 

知りたい気持ちは浅はかなことだと思えばいいです。

 

良い情報は「秘密」のフィルターを通さなくても、いずれ耳元に入ってきます。遅いか早いかの違いです。

 

それに、一線で頑張っていれば、有益情報はすぐにはいってくるものです。

 

参考 三猿Wikipedia

 

腹六分目のつきあいをする

 

腹六分目のつきあいをするのがいいです。

 

美輪明宏さんの言葉です。

 

 

美輪明宏さんも同じことを教えてくれています。

 

悪いこと、イヤなこと、禍々まがまがしいことは、

  • 見ない
  • 聞かない
  • 口にしない

ほうが平和に生きていけるそうです。

 

スピリチュアルという話とは別にして、この考え方には納得できます。

 

「来るもの拒まず、去るもの追わず」の人間関係です。

 

満腹になるまで、べったりと付き合う関係は長続きしないです。

 

「腹六分目」の付き合い方は、「秘密」をもたずに人間関係を良好なものにする秘訣です。

 

ふくカエル

他人の秘密にアクセスしない!

ふくネコ

自分の秘密にリンク付けしない!

そうすると、どうなるのかな?

人間関係が破綻しない

 

「秘密」に立ち入らないようにしていると、人間関係が破綻しなくなります。

 

信用がつく

 

それに「信用」がつきます。

 

人が信用を落とす要因となるひとつに「秘密」の暴露があります。口が軽いと評価されるからです。

 

でも、「秘密」を知らないので、「秘密」を暴露することがなくなるからです。

 

イラ立ちに翻弄されずにすむ

 

なによりも、相手からの言いなりに我慢できずに、イライラする気持ちに翻弄されずにすみます。

 

「秘密」によって、人から利用されたり、支配されることがなくなるからです。

 

平穏に毎日を暮らせることは、本当にありがたいことなのです。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

「秘密」の共有をしてしまいます。「秘密」を共有することで、ふりかかってくる弊害に気づいていません。

 

知恵のある人

 

「秘密」がもたらす危険に気づいています。

 

「言わざる、聞かず」で乗り切ります。

まとめてみたkerokero

 

  • 秘密は話さない、聞かないことです。
  • 秘密の共有は、人間関係を台無しにします。
  • 目上の人の秘密の共有には特に気をつけるといいです。
  • また友人同士の秘密の共有は絶対に避けたほうがいいです。
  • 友人関係を台無しにするどころか、友人を失うことによって、自分の人生を台無しにするかもしれません。
  • 人間関係は腹六分目のつきあいがいいかもしれません。

ふくカエル

秘密は厄介なもの、

ふくネコ

依存心という接着剤が出てくる。

ふくカエル

接着剤が出てこないようにするには、

ふくネコ

最初から開けなきゃいいんです。

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。