気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

初対面の人と会話している時の自分の頭の中ってどんな感じ?

eyecatch

初対面の人と会話している時の自分の頭の中ってどんな感じ?

 

こんにちは。ふくカエルです。

 

初対面の人と会話しなければならない時って、いつもと違う緊張感があることないですか?

 

会話が成り立つために、その人の服装や表情や話し方を必死に観察して、どの様な人なのか目星をつけたり、

 

会話している最中でも、

 

「今、言ったことちゃんと伝わったかな?」

 

「どうしたものか?」

 

と頭の中でさくさくさくと考えていませんか?

 

ふくカエル

うわ~。今日、会う人めっちゃ緊張するわあ。恐そう~やな。

ふくネコ

ほんまやなあ。馴れ馴れしくしんとこ。

ふくカエル

ええっ、今、笑ったやん。こんなことが面白いんや。

ふくネコ

ということは、次にこれ言ったらウケルかな。

 

なんて目まぐるしく頭の中で考えている事ないですか?

 

きょうは、このさくさくさくが知りたくて、勉強してみました。

 

 

メタ認知とは

 

メタ認知とは、自己の思考や行動を客観的にとらえ、

 

これからの自分の認知活動を把握することができる能力をいう。

 

 

最初から、なじみのないことを言ってすみません。

 

「メタ認知」を別の言葉でいうのは難しいのです。

 

自分が手に入れた知識や情報を、こねてこねて自分のモノにして、さらなる自分の行動をよりよくすることです。

 

その知識や情報を使う一連の認知活動です。

 

先の例でいうと、

 

  • 初対面の人が自分をちゃんと理解しているのかを、
  • 頭の中で瞬時に理解して、
  • 必要に応じて次の会話をしている

 

時にさくさくさくと頭の中でしていた認知活動のことをいいます。

 

このさくさくさく認知活動がメタ認知です。客観的に自分を能力を把握することです。

 

(結局、うまく言葉で説明できなくて、音に逃げた感が否めない)

 

ふくカエル

メタ認知が優れている人って前頭葉が発達してるんだって。

ふくネコ

色々なことを想像するからかな?

メタ認知的知識とは

 

メタ認知には、知識と活動という2つの面からなります。

 

 

メタ認知的知識とは、「自分の知識」についての知識をいいます。

 

 

さくさくさく認知活動をするために必要な「自分の知識や情報」です。

 

このメタ認知的知識について、Critical Thinking(クリティカルシンキング)は、更に3つの要素に分けて説明しています。

 

①自分の知識について

 

例えば、記憶力は良い方か?

 

論理的に考える方か?

 

についての知識です。

 

②与えられた課題について解決できるだけの知識をもっているのか

 

例えば、問題となっている事についてちゃんと把握しているか?

 

についての知識です。

 

③目標達成するために効率的な方法を知っているのか

 

例えば、どのように対処するのか具体的な準備ができるか?

 

についの知識です。

 

ふくネコ

さくさくさくと認知活動するための情報。

メタ認知的活動とは

 

認知活動のモニタリング(チェック)とコントロールをいう。

 

さくさくさく認知活動をモニタリング(監視・評価)して、

 

さらに必要に応じてコントロール(修正)していく認知活動のことです。

 

例えば、ダイエットなんかと置き換えるとよくわかるかもしれないです?

  1. ダイエットするぞと「計画」する。
  2. 「今日から甘いケーキを食べない!」と実践する。
  3. 家族に甘いものを食べないように監視・チェックしてもらう。
  4. 体重計にのってダイエットの効果が出ているか確認(評価)する

これを、認知活動の面でします。

 

これを、「初対面の人と会話する時の自分の頭の中」に当てはめると

 

ふくカエル

この人恐そうやから、礼儀正しく、おとなしくしとこ。

ふくネコ

反論せず、うなづくことを「実践」する。

ふくカエル

相手の表情から不快感を読み取りながら、うなづくことを「評価」する。

ふくネコ

会話がうまく成立していることを「確認」する。

ふくカエル

こんな複雑な認知活動を0.2秒でやっているのって、すごい。すごいです。

ふくネコ

何だかわからんけど、「脳みそ、万歳!万歳!」です。
[kanrenc id=”3694″]

 

メタ認知的活動は、将来をより鮮明に予測できるようになります。

 

メタ認知が優れている人は、将来の予測に長けている人なのです。

 

ふくカエル

これで、こんなにウケルから。

ふくネコ

次こうしたら、もっとウケルかも。

ふくカエル

とさくさくさくと考えてみても。

ふくネコ

受けないことあるある。

 

  • 初対面の人と会話をしている時、頭の中で実にいろいろなことを目まぐるしく考えています。
  • いろいろな情報を瞬時に理解して、必要に応じて次の行動を判断する認知活動をメタ認知といいます。
  • メタ認知には、メタ認知的知識とメタ認知的活動の要素があります。
  • メタ認知が優れている人は将来の予測に長けています。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。