気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」知性をもって生きるために必要なこと。

知性を持って生きるために必要なこと

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第4章 知性について」

「No.136 知性を持って生きるために必要なこと」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

知性を持って生きる

神が人に与えた最大の贈り物、それは、創意工夫する頭脳、深い理解力、そして鋭い洞察力だ。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

いろいろ迷いが出てあきません。

 

いろいろな欲がでてきて、迷うことが多いのです。

 

欲望を断ち切ろうとするのですが、どんどん大きくなって心が乱れてきます。

 

まともな判断ができなくなっていくのです。

バル先生の言葉

 

こんなときに、

バル先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

迷いがあると

正しいことを見分けることが

できなくなるぞ。

迷いの闇を照らすのは

知性だ。

人生を深く味わうためには

この知性を持って

生きたほうがいいぞ。

なぜ、知性を持って生きないとダメなのかな?

欲望に駆られるから

 

人は、20代で「性的な欲望」に駆られます。

 

これは、子孫を残すために必要な繁殖能力で、人間として大切な欲求です。

 

でも、この「性的な欲望」はしばしば「人の判断能力」を削ぐことがあります。

 

間違った行動をとりがちになるのです。

 

自分の人生が幸せなものになる
パートナーを選びたいです。ring_couple_wedding

私利に左右されるから

 

また、人は、30代で私利私欲に左右されます。

 

何でもかんでも自分の利益や自分の欲望を最優先してしまうのです。

 

私利私欲に夢中になると、これまた「人の判断能力」が削がれることとなります。

 

お金ばっかり夢中になって
大切なもの見失うのも嫌だ!
money_megakuramu_woman

分別に左右されるから

 

そして、40代でものごとの分別に左右されることになります。

 

ものごとの道理、善悪、損得を考えて迷うのです。

 

これは果たして悪なのか?
善なのか?
分からんのじゃ!tenshi_akuma_man

知性があると闇を照らせるから

 

でもです。こんな私利私欲や分別の迷いがあっても、知性があれば、迷わずに人生を歩むことができるのです。

 

知性は、別の言葉で言ってみると「人生の懐中電灯」です。

 

人生の迷いの闇を照らして、正しい道を照らしてくれる、

 

ありがた~~い「懐中電灯」なのです。

saigai_kaichu_dentou_check

じゃあ、どうすればいいのかな?

創意工夫する頭脳を持つ

 

まず、新しい方法や手段を見つける能力を持つことです。

 

それには、発想転換できる柔軟な思考力が必要になってきます。

 

ふくカエル

カッターナイフの刃のポキポキって、板チョコのポキポキからって知ってた?

ふくネコ

驚きだよね!

深い理解力を持つ

 

次に、深い理解力を持つことです。

 

それには、理解したいことを身近な事例に当てはめることができる能力

 

理解したことを人に伝えることができる能力が必要になってきます。

 

ふくカエル

当てはめと②人に話してみる、この2つを意識すると理解力ふかまるよ!

鋭い洞察力を持つ

 

さらに、鋭い洞察力が持つことです。

 

それには、今までのさまざまな体験・経験・知識をフル回転して、

 

ものごとの本質を見抜く能力が必要になってきます。

 

この4つの目とは、NHK「テストの花道」で放送されたものです。

 

では、4つの目を紹介します。

1.魚の目になってみる

fish_megamouth_shark

 

魚の目とは、目に見えない時間の流れや世の中の流行などを感じ取るように意識することです。

 

2.虫の目になってみる

bug_dangomushi

虫の目とは、物事を直接見て、いろいろな情報を五感(目・耳・舌・鼻・皮膚)をフル活用して集めることです。

ふくカエル

証拠は現場にある!ってやつです。

3.鳥の目になってみる

bird_densyobato

鳥の目とは、さまざまな場所や状況まで視野を広げてみることです。

 

空高く飛ぶ鳥の視野になってみます。

 

目の前の問題を細部を見るのではなく、全体像を見ることです。

4.コウモリの目になってみる

animal_koumori

コウモリの目とは、物事を反対から見たり、

 

普通の見方にとらわれずに想像を膨らませたり、

 

固定概念を崩して考えることです。

 

ものごとを逆さまにして見てみます。

 

本当に意外な視点に気がつきます。弱点が個性になったりするのです。

論理的に考える力を持つ

 

そして、論理的に考える力を持つことです。

 

それには、ものごとを順序立てて考える能力が必要になってきます。

そうすると、どうなるのかな?

先を予見できる

 

知性を持って生きるようにすると、私利私欲や分別に影響されても、自分の行く先をちゃんと予見できるようになります。

 

自分の近い将来を見通せるようになります。

正しい選択ができる

 

正しい選択ができるようになります。

 

自分の近い将来を見通せることができると、

  • 何をすればいいのか?
  • 具合が悪くなるのか?

が分かるからです。

確実に良い結果を得ることも可能になる

 

さらに、自分にその気があれば、確実に良い結果を得ることが可能になります。

 

正しいことを判断できれば、その通りに自分を奮い立たせて行動すればいいからです。

人生の本当の楽しさを味わえる

 

そして、人生の本当の楽しさ、

 

言い換えれば、正しいことを見分けられて、成功の最短距離を歩むことができるという楽しさ

 

心から味あうことができます。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

知性を持って生きることを安易に考えてしまいます。

 

その結果、いろいろな欲望などに惑わされてしまいます。

知恵のある人

 

知性を持って生きることを重要視します。

 

できるだけ「人生の迷い」を少なくし、「人生の選択肢」を正しく判断しようとします。

 

まとめてみたkerokero

 

  • 知性を持って生きることは必要です。
  • 人は私利私欲や分別に左右されるからです。
  • 知性を持って生きるために必要なことは、創意工夫する頭脳、深い理解力、鋭い洞察力、論理的思考です。

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。