気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」【成功】不運にあったときにすること。

eye-catch

【成功】不運にあったときにすること

 

こんにちは!ふくカエルです。

 

 

【お伝えしたいこと】

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

 

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

 

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

アイキャッチ画像11バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」について

 

「賢人の知恵」その他について
こちらです!

突然、やって来る不運

 

不運というものは、どんなに用心してもある日突然やって来ます。

 

程度の差はあれ、だれでも不運時は訪れます。

 

ふくカエル

どんなにええ子にしてても、くるねん。

 

そして、あらゆるものが調子を崩していきます。

 

なんでこないなるね~~ん。
なんも悪いことしてへんねんで。
なんで?hair_nukege_stress

となるのです。

ではです!

 

こんなときは
どうすればいいのでしょうか?shinpai_man

こうしたらええのです。

これです!

 

不運にくじけない

災いは決して単独ではなく、集団でやってくるものだ。(中略)

喜びも運不運も同じこと。似たもの同士引かれ合うのだ。

バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」より引用

とにかく不運にくじけない工夫をする

ことです。

 

とにかく、不運ごときに
くじけたらアカンのです。pose_kiri_manあかんで!

なぜ、くじけるとダメなのかな?

不運は集団でやってくるから

悪魔マン

災いは決して単独ではなく、集団でやってくるものだ。

 

不運というものは、こちらが弱気になっている集団でやってくるからです。

 

ふくカエル

これは体験して、ほんまやと思う。

 

弱みに付け込んで
集団ご一行様でやってくる。kurufuku_group

次から次へと続くから

 

それだけではないです。

 

最初にくじけてしまうと、それを皮切りに不運は次から次へと続くからです。

 

どんどん行列を作るねん。gyouretsu

悪いことが次から次へと重なると、気力も失せて太刀打ちできなくなります。

 

そやから、最初にくじけたらダメなのです。

不運は寂しがり屋ねん。

 

不運がいるところに集まって来るねん。

完全に打ちのめすまで止めないから

tamashii_nukeru_woman

さらにさらにです。

 

どれほど「堪忍や!」と思ってもです。

 

最初にくじけてしまうと、不運というものはこちらを完全に打ちのめすまで止めないからです。

 

なので、最初にくじけて弱みを見せたらダメなのです。

不運ってすげー性格が悪いから、

 

こちらが打ちのめされるのを確認するまでしつこいねん。

 

性悪やで。

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

自分の不運の原因を知る

 

まずは、自分の不運の原因がどこにあるのかを知ります。

 

原因が、

  1. 天命
  2. こちら側にあるもの

のどちらなのかを判断します。

1.不運の原因が天命の場合

辛抱強く好転するのを待つ

 

ツキがある波まで待つ

 

不運時が天から降ってきたら、辛抱強く好転するのを待とう。この世に原因がある不運なら、知恵を絞って立ち向かおう。

 

たとえば、自然災害のような誰のせいでもなく天命と思えるようなものである場合には、

不運が過ぎ去るのを、好転するのをじっと辛抱強く待ちます。

あらかじめ覚悟しておく

 

このような場合は、慌てないように「くじけずに好転を待つ」とあらかじめ覚悟しておくのをお勧めします。

 

このように事前に覚悟しておくと、くじけそうになる自分を押しとどめることができます。

こういうときは、

 

なんにも考えずに辛抱する!

 

とあらかじめとるべき態度を決めておくと、

 

余計なことをして自ら墓穴を掘ることがなくなります。

ポジティブ思考を徹底する

 

また、くじけないようにするために

 

ネガティブな思考パターンをすぐに止めて、ポジティブな思考パターンを徹底する工夫をします。

 

具体的には、どんなに小さなことでも、マイナスにとらえずに、全部を自分にとってプラスになるように解釈し直します。

 

プラスに考えて、

  • くじけない
  • 踏んばる
  • どんなに打ちのめされても気持ちを後ろ向きにさせない
  • 凹まない

のです。

不運時であっても、小さなチャンスは訪れているはずだと思うのです。

 

不運時から抜け出すには、このチャンスに気づけるどうかだと思います。

ネガティブになると、どうしても視野が狭くなるので要注意なのです。はい。

きたるチャンスに備える

 

 

さらに、きたるチャンスに備えて準備をします。

 

ただ過ぎ去るのを辛抱強く待つばかりでは、自分の精神が腐ってしまいます。

 

なので、きたる次のチャンスを最大限に活かすために、

 

自分の才能など実力を磨き、万全の状態になるように準備をします。

2.不運の原因がこちら側にある場合

知恵を絞って立ち向かう

 

不運になる原因がこちら側にある場合には、

 

不運である状況に、知恵を絞って立ち向かうようにします。

 

知恵を絞って工夫するねん。pose_kiri_woman

感情で考えない

 

まず、くじけないように、ものごとを感情的に考えないようにします。

 

感情的になって取り乱せば取り乱すほど、

  • 自分の判断が甘くなること
  • 間違いを犯しやすいこと
  • 状況がますます悪化すること

などになるので、感情的ならないようにすることはほんまに大事やと思うねん。

ふくカエル

取り乱したからといって、

ふくネコ

事態はよくならないことに気づくのも大事!

原因を考える

 

次に、冷静になって自分が不運時に突入した原因をたんたんと考えます。

 

感情的にならずに、どうすればいいのか対処方法だけを愚直に考えます。

 

とは言っても、不運時は相当凹みます。

 

ネガティブに考えて泣きそうになるのです。

 

ウチ(訳:わたくし)も、どん底に落ちるとお先真っ暗になり、悪いことばかり考えます。

saigai_teiden

ふくカエル

ほとんど、これは癖やと思てるねん。

 

そんなときは次のように考えて、このような厄介な癖を直すようにしてます。

どうせ、いずれは天国に行くんねん。

 

その時は、否応なしに自分の目標も諦めさせられるねん。

 

それにやで、ひょっとしたら、それは明日かもしれへんやん?

 

そうなんやったら、今日ぐらいは、

 

自分の成功を信じて、死ぬほど努力してみようか!

 

それからでも、諦めるのは遅くないしな!

という具合に考えています。

 

ふくネコ

これをしつこいほど繰り返すねん。

 

このように、いつも今日が最後かもしれへんと考えて、力一杯気張ってみると、意外にくじけずにいけてます。はい。

 

これはウチの工夫です!
今もこれで頑張ってます!
pose_ganbarou_woman
くじけないようにしてるねん。

 

この工夫が、あなたの何かのヒントになれば幸いです。はい。

今できることを見つけて集中する

 

そして、くじけないように、今できることを見つけてそれにだけに集中するようにします。

 

対処方法や課題など何かに集中する状況を強引に作って、

 

自分が弱気になったり、悲観にくれるような状況に陥らないようにします。

 

一番悪いことは、悲観に暮れてばかりで、やるべきことが分かっていても一切しないことだからです。

 

ふくカエル

これが一番精神を病むみたいだよ。

ふくネコ

せやから、絶対にしないでね。

そうすると、どうなるのかな?

落ち込むことがなくなる

 

不運にくじけない工夫ができると、落ちこむことがだんだんなくなってきます。

自分を信じられるようになる

 

また、自分の実力を信じられるようになります。

大丈夫だ!
いずれは上向きになる
ようは、今日も
自分を信じたらええねん。pose_kesshin_man

と思えるのです。

小さなミスがなくなる

 

さらに、不運にくじけない工夫ができると、小さなミスがなくなってきます。

 

ふくカエル

弱気にならないから、凡ミスがなくなるねん。

最短ルートをとれる

 

そして、何と言っても、次の幸運時の波に乗れる最短ルートを手に入れることができます。

どうしてもくじけてしまうと、前向きになれずに紆余曲折します。

 

ふくカエル

ルート変更ばかりするようになるねん。

 

この点、くじけない工夫ができると、

 

このような手間が省けるので、幸運時への最短ルートをとれるようになれます。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

不運を感情的に受け入れるので、取り乱してしまいます。

 

どんどん悲観するばかりでまともな判断ができなくなり、更なる不運を呼び込みます。

知恵のある人

 

不運を冷静に受け入れるので、くじけません。

 

天命ならじっと辛抱強く過ぎ去るのを待ちます。

 

こちら側に原因があるのであれば、知恵をしぼって不運を断ち切る工夫をします。

同じ本をお持ちの方へ

ちなみに・・・・

 

同じ本(バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)をお持ちの方へ

 

 

「第7章 成功について」

「No.193 不運にくじけない」

になっています。

 

お持ちの本とあわせてご覧いただけると嬉しいです。

 

ご自分のお立場で考えてみると、また違った「オリジナルな知恵」を発見できると思うのです。

 

それはもう、キラキラ光って
こういうことか!
mabushii_manと納得できると思います。

 

アイキャッチ画像11バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」について

まとめてみたkerokero

 

  • 不運にあったときにすることは、くじけないことです。
  • くじけると災いはさらにやって来ます。
  • 辛抱強く好転するのを待ちます。
  • 辛抱強く待つ技術を身につけると成功しやすくなります。

 

もし、不運が人間だったら、こんな感じの性格だったと思います。

  • 寂しがり屋なので、仲間をいっぱい連れてくる
  • 空気を読めないので、なかなか帰ってくれない
  • とても性根が悪いので、こちらが打ちのめされるのを確認しようとする

こんな人達(不運や災い)にくじけて打ちのめされるのはアホらしいです。

 

そやから毅然な態度で挑んでみてね。お願いよ。

この世に、

 

一度も不運を経験したことがない人間はいない。

 

程度の差はあれ、誰でも不運が訪れるものだ。

 

こんなときは、混乱して慌てるのが一番良くないことだ。

 

ただ、ただ、くじけないことだ。

 

シンプルに好転することだけを考えて

 

そのことだけに努力して

 

辛抱強く待つことだ。

 

そうすれば、不運は去っていくぞ。

 

もし、「賢人の知恵」のバルタザール・グラシアン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれません。はい。

 

fukukero

ふくカエルでした。

なお、バル先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。