気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」計画を実行するときのポイント。

eye-catch

計画を実行するときのポイント

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第7章 成功について」

「No.197 計画を実行するときのポイント」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

「賢人の知恵」について
その他のテーマはこちらです!

 

ゆっくり急ぐ

くずくずしていると計画全体が止まってしまうからだ。

ゆっくり急ごう。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

前回までのお話

 

STEP.1
計画を着実に練る!
アタマを うん!うん!使って計画を立ててみる。
STEP.2
計画を実行する!
さあ!実行するぞ。

今回は、さあ!実行するぞ!なのですが、ここでもポイントがあります。

バル先生の言葉

 

バル先生はこんな風に言ってます。

 

決して急ぐな!

早まるな!

必要なら立ち止まれ!

でも確実に前に進め!

ゆっくり急ぐのだ!

 

ゆっくり急ぐ?はひふへほ?
なんじゃそれ?

なぜ、ゆっくり急ぐなのかな?

急ぐと問題点を見逃がすから

 

まず、急ぐとあらかじめ予測していた問題点を見逃がしてしまうからです。

ここは注意して
慎重にするべきだ!pose_kiri_man

と前もって理解できていたのに、本番になるとすっかり忘れて、

 

ものの見事に失敗してしまったということが出てくるからです。

どうして?なぜ?
失敗するかな?tamashii_nukeru_man忘れとったかい?

ぐずぐずしていると計画自体が止まるから

 

でもです。

あまりにも慎重になりすぎると、計画自体が止まって、とん挫してしまうおそれがでてくるからです。

 

計画が途中で終わってしまうことだけは何としても避けなければなりません。

 

なので、ゆっくり急げになるのです。

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

用心を怠らない

 

まず、計画を実行するにあたって用心を怠らないことです。

 

前もって失敗を想定していたところは、とくに慎重に実行します。

一つ一つクリアしていく

 

次に、一つ一つ問題をクリアしていきます。

 

現時点の自分の実力を発揮して計画を実行していきます。

余裕を持つ

 

また、余裕を持って実行するようにします。

 

焦って、急いで計画を実行してまうと「新しい問題」に気づけなくなるからです。

 

どうしても周りを見る余裕がなくなると、普段ならすぐに気づける「何気ないミス」でも取りこぼすことが出てくるのです。

 

とくに最初の方は慣れないことが多いので「こんなことでミスするかな?」ってことがよく起こります。

 

急ぐ気持ちを抑えて、余裕をもつことを心がけます。

ふくカエル

余裕と用心は大事です!

必要なら立ち止ってよく考える

 

さらに、必要なら立ち止まってよく考えてみます。

 

実行して始めて直面する問題に気づいたら、

 

勢いに任せて「えい!や~!」とゴリ押しするのではなく、しっかり考えてみます。

 

少なくとも、次の点を考えてみます。

  1. 実行したら失敗する可能性があるのか?
  2. 失敗したらリカバリできるのか?
  3. 失敗しても再チャレンジできる余裕はあるのか?

でも長く立ち止まらない

 

とは言っても、長く立ち止まらないことです。

 

もし、どうしても解決策や次善策が分からなくて迷ったときは保留するのも手です。

 

時間をおいて後から考えてみます。

 

先に進んである程度進んでから立ち返って考えてみるの手です。

そうすると、どうなるのかな?

計画を着実に実行できる

 

ゆっくり急ぐことを心がけると、計画を着実に実行できていることに気づきます。

 

日々の進みはゆっくりですが、着実に前に進んでいるので、

トータルして判断してみると大きく進んでいることになるからです。

ある日ぐ~んと伸びてくる

ゆっくり急ぐ図解

 

このゆっくりと急ぎながら実行すると、最初は基礎固めに頑張ることになるので伸び悩みますが、

 

ある日を境に、ぐっぐ~んと飛躍的に伸びるときがきます。

 

今までインプットばかりしていた基礎固めという作業が、アウトプットできるようになるからです。

 

知識が増えて理解できるようになると、

目の前の問題がぱあ~と理解でき、視野が広がってくるのです。

 

理解できることが多くなると、自分ができることも多くなります。

 

そうなると実力はうなぎのぼりとなってきます。

にょろにょろと
右肩上がりだよ!fish_character_unagi

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

せっかく計画を立てたのに、無用に焦ったり、急いでしまいます。

 

問題も素通りしてしまうので、計画が滞ってしまう可能性が出てきます。

知恵のある人

 

立てた計画を、計画したペースで実行しようとします。

 

問題を見つけたら、立ち止まってよく考えます。

まとめてみたkerokero

 

  • 計画を実行するときは「ゆっくりと急ぐ」ことが肝心です。
  • 焦らず、早まらないようにします。
  • 周囲に注意を払って実行します。
  • 新たに問題点を見つけたら、立ち止まってよく考えるようにします。
  • もっとも立ち止まりすぎると計画がとん挫してしまうので避けるようにします。

 

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。