気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」急がない。

急がない

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第8章 人生について」

「No.225 急がない」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

急がない

物事をしっかりと味わうには、一度にひとつずつ味わうこと。

(中略)

楽しみはゆっくりと味わうべきだから。

ゆっくりと着実な者が競争に勝つのだ。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

 

「賢人の知恵」について
その他のテーマはこちらです!

関西では、イラチという

 

何でもかんでも急いじゃう人を、関西では「イラチ」と言います。

今ではあんまり使わない言葉のようですが、

たまに出てきます。

せっかちな人は取り分が少ないという意味です(ふくカエルの解釈)。

バル先生もどうやら同じみたいです。

バル先生の言葉

 

バル先生は、こんな風に言っているようです。

 

急いだら、アカンで。

何でもかんでも

がむしゃらに体験したら

大事なものを失う。

幸福を失ってしまうねん。

 

生まれてはじめての感動を

失うねん。

 

その瞬間は

生きてるものだけが

することのできる特権やねん。

 

それを急い過ぎて

薄っぺらいものに

するのはアカンねん。

だから、急がんと

ゆっくり味わうねんで。

なぜ、急ぐとダメなのかな?

人生のものごとをしっかり味わえないから

 

人生を生き急ぐと、人生において遭遇するものごとをしっかりと味わうことができなからです。

 

たとえば、何時間もかかって料理したものを早食い一口でペロリと食べてしまうようなもんです。

hayagui

味の奥にある奥深さを感じることも、シェフへの感謝の気持ちを感じることも全くなくなります。

  • 感謝の気持ち
  • 粗末にしない気持ち
  • 大切に思う気持ち

が全てごっそりと削げ落ちてしまうのです。

 

自分の心が豊かになるチャンスを根こそぎ抜き去るは残念です。

後悔することが多くなるから

 

人生を生き急ぐと、後悔することが多くなるからです。

 

生まれて初めて経験する貴重なことを見落とすことになるのです。

 

たとえば、人生の大事なイベントを急ぎすぎると、情緒もへったくれもありません。

 

感動はみんな吹っ飛びます。

 

ふくカエル

まるで結婚式の動画を四倍速で見る感じです。

ring_couple_wedding

登場人物がチョコチョコ出ては、くっついたり離れたりするだけです。

 

神さまに誓うシーンも、署名するシーンも、指輪をはめるシーンも全部吹っ飛んで記憶に残らなくなります。

 

ひとつずつのシーンで湧きあがる感動を味わえずに終わってしまいます。

じゃあ、どうすればいいのかな?

たった一日で消化しようとしない

 

まず、たくさんのものを一日で消化しようとしないことです。

 

ひとつずつていねいに味わってみます。

 

今現時点で味わっている体験なり経験の「質を高める」ことのみに重点を置きます。

 

ふくカエル

時間をじっくりかけて質を高めます。

あわてて頑張りすぎない

 

次に、何ごともあわてて頑張りすぎないことです。

 

大事なものを見落としてしまうからです。

 

またあわてて頑張りすぎると必ず無理が出てきます。

 

無理がでてくると必ずどこかにシワ寄せが出てくるもんです。

ふくカエル

数年経ってから、突然、後悔として表面化します。

何年かに分散させる

 

また、何年かに分散してみます。

 

体験や経験の「質を高める」には、分散できるものであればしたほうがいいです。

 

たとえば旅行も何度も行くのがお勧めです。

 

同じところへ行くにしても、四季折々の雰囲気が違うからです。

 

季節ごとに分散して旅行するのも「質を高める」にはもってこいです。

知識欲も加減してみる

 

さらに、同じように知識欲も加減してみます。

 

急いで学習すると理解が深まることがないからです。

 

それに、学ばなくてもいいことまで、足早に学んでしまうからです。

 

じっくり時間をかけて奥の意味を追求する学問もあります。

 

専門知識と同じくらい倫理の知識を習得した方がいい分野もあるからです。

 

知識欲はややもすれば暴走します。

 

暴走にブレーキをかける知識も、また同時に習得するには時間をかけて学習する必要があるのです。はい。

でも、仕事は急ぐ

 

でも、仕事は急ぎます。バンバン即断即決でサクサクこなします。

 

余暇を作るためです。

 

たとえば、

決断に迷う「無駄な時間」をカットし、代わりに「無駄な時間」を「余裕の時間」に当てます。

即決即断

楽しむための時間をつくる

 

そして、楽しむための時間をいっぱいつくります。

kirakira_man

そうすると、どうなるのかな?

ゆっくりと着実な者が競争に勝つ

 

人生を生き急がずに、ゆっくりとしっかりと味わうことを心がけていると、

 

競争に勝つことができます。

usagitokame

カメのように

時間を気にせずゴールすることのみを考える者

結局「強い者」であることが分かります。

人生の質を高めることになる

 

今現時点で味わっている体験なり経験の「質を高める」ことを大切にしていくと、

 

人生の質まで高めることになります。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

何事も、急ぎすぎてしまいます。

 

一度でたくさんのことを体験しようと躍起になります。

 

あわてて、頑張りすぎて、何も手に入れることができないことになります。

ふくカエル

一点集中型。

知恵のある人

 

あえて、急がないように努力します。

 

ゆっくりと着実に自分のモノにすることに努めます。

 

ひとつずつ味わい、体験を積み重ねていきます。

 

人生の質を高めるようにします。

ふくネコ

多面分散型。

まとめてみたkerokero

 

  • 急がないことが大事です。
  • ひとつひとつ、ていねいにものごとを味わうことが大切です。
  • ひとつひとつ味わい、楽しみながら体験することが、人生の質を高めます。

 

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。