気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」財産よりも名誉を選ぶ。

財産よりも名誉を選ぶ

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第8章 人生について」

「No.223 財産よりも名誉を選ぶ」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

財産よりも名誉を選ぶ

財産は消えてなくなるが、

評判は一度手にしたら永続する。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

「賢人の知恵」について
その他のテーマはこちらです!

財産? 名誉?

 

財産か名誉かどっちを選びますか?

 

ふくカエルは、

「そりゃ財産でしょう!」

kaizoku_takara

と思っていました。

名誉と言われても、あまりピンとこないし、

名誉って何?question_head_gakuzen_boy

財産のほうが身近でピン!と来るからです。

財産って、あれね!hirameki_woman

それに、財産があれば、

寄付したり、財団を設立すれば、

逆経由で名誉が貰えるんじゃないか?

な~んて都合よく考えたりしています。

バル先生の言葉

 

こんなときに、

バル先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

あのなあ、

財産と名誉があったら、

財産とちがうで。

名誉やで。

君なあ、

間違えてるで。

ちょっと反省してな。

 

だそうです。はい。

なぜ、財産より名誉なのかな?

消えないから

 

まず、財産は使えば消えるけれども、

名誉はいくら使っても消えないからです。

永続するから

 

次に、財産は使えばなくなるけれども、

名誉は一度手にすると、ずっと腐らずに永続するからです。

後世に残るから

 

財産は、亡くなれば子孫のものです。

名誉は、ずっと自分のものです。

自分が亡くなっても、自分のものであり続けます。

ふくカエル

後世の人達の貴重なお手本になります。

なぜ、財産はダメなのかな?

ねたみを買うから

 

財産がダメなのは、人々からねたみを買うからです。

ねたみも度が過ぎると憎しみに変わります。

urami_woman

関心のない人にはどうでもいいから

 

また、財産で勝ち名乗りをあげても、

関心のない人にはどうでもいいことだからです。

世の中には、いくらお金持ちで有名でも、

尊敬できない人がいるのも事実なのです。

じゃあ、名誉を手にいれるにはどうすればいいのかな?

まず、評判を手に入れる

 

まずは、良い評判を手に入れます。

eye-catch「賢人の知恵」良い評判を得たいときにすること。

行動の中身を充実させる

 

良い評判を得るために、自分の行動の中身を充実させます。

世間はその人の行動の中身を見て評価するからです。

努力の結果を出す

 

そして、日々努力して結果を出すようにします。

 

結果が良ければ良いほど、ますます評判が良くなるからです。

 

もちろんこの結果の公表が、マウンティング行為ととられないように細心の注意を払います。

eye-catch「賢人の知恵」結果を出す人は自慢しない。

そうすると、どうなるのかな?

称賛と尊敬を手に入れられる

 

名誉を手に入れると、称賛と尊敬を手に入れることができます。

 

これから生きていく人々に感動を与え、生きていく手本になります。

 

歴史に名を残こし、後世もずっと人の記憶に生き続けることになります。

 

自分の人生を輝かすだけなく、自分の子孫を輝かすことになります。

 

そして、自分が亡きあとも、子孫から大切にされます。

人生を豊かにする

 

実は、財産よりも、

名誉によるほうが、人生が豊かになります。

辻井伸行さんを知ってますか?

 

辻井伸行さんを知ってますか?

 

有名なピアニストの方です。生まれつき目のご不自由な方です。

 

でも、そんなハンデを乗り越えて、

 

2009年にヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで1位に輝いたという経歴の持ち主です。

 

清涼感、透明感のあるピアノの音がとても素敵な人です。

 

辻井さんについては「ハンデがある」から、注目されるんだと非難する人もいないわけではありません。

 

「透明感のある音色の奏でる人はいくらでもいる」とか

「ミスタッチが多い」とか

「でたらめな演奏だ」とか

言う人達です。

 

でもです。

辻井さんの演奏は人々の感動を揺さぶるのです。

 

どんな非難でもはねのけるだけの力がある非凡な才能だからです。

 

それは、非難する人には遠く及ばない領域なのです。

 

それに、人々は彼の高度な演奏技術に絶賛するだけでなく、

 

彼の奏でるピアノの音色が織りなす「彼の人生」「彼の生きざま」に深く感動しているのです。

 

彼のそうした何もかもひっくるめて、ピアノさえもひっくるめて、「彼の人生」に深く感動しているのです。

 

ふくカエルは、これを「名誉」というのだと思います。

 

辻井さんについては感動的な動画があります。

 

佐渡 裕さんが指揮するオーケストラとの公演の動画です。

 

オーストリアの「音楽の都」ウィーンでありました。

 

アンコールで奏でた「ラ・カンパネラ」のピアノがとても素敵です。

 

いろいろな事情があるので、動画を掲載することができません。残念です。

 

でもご興味のある方は、一度ググってご覧ください。

 

辻井伸行 in  ウィーン♪ラ・カンパネラ♪」の動画です。

 

演奏後の人々の感動の声を聞いていると「名誉」とはこのことを言うんだなと、深く納得できるのです。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

名誉を手に入れるチャンスはいくらでもあると思っています。

財産を手に入れるチャンスの方が少ないと思っています。

知恵のある人

 

名誉を手にれるチャンスは、滅多にないチャンスであることを知っています。

まとめてみたkerokero

 

  • 財産よりも名誉を選んだほうがいいいのです。
  • 人生を豊かにするものは、財産ではなく、名誉なのです。
  • 名誉を手に入れるチャンスが訪れたら、なにがなんでもチャンスをつかんでください。

 

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。