気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」ほどよく協調してみる。

ほどよく協調してみる

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第8章 人生について」

「No.227 ほどよく協調してみる」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

ほどよく協調する

最近ではごまかしの一切ない人生を送ることは難しいようだが、

ずる賢く生きるよりは配慮して生きるほうがいい。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

「賢人の知恵」について
その他のテーマはこちらです!

協調性とは?

 

「協調性を大切にしなさい!」と学校で言われませんでしたか?

「協調性」とは、異なった環境や立場にいる複数の人達が、

  • お互いに助け合ったり
  • 譲り合ったり

しながら、同じ目標をむかっていく素質のことです。

 

たとえば、

  • 足並みをそろえる
  • 団結する
  • スクラムを組む

 

また、この協調性は言い争いがおきそうなときにも見ることができます。

なんだとー!この野郎!
やる気か~~!kenka_karamu_man

ってなときに、周囲の人達が制するときに見られます。

 

まあまあ、そこは・・・お互い引っ込めて、仲良くやりましょう!

kiken_girl

ってな感じです。いたわりやかばい合いです。

基準が謎過ぎる?

 

この協調性ですが、

一体どこまで協調したらいいのか?

基準が謎じゃないですか?

question_head_gakuzen_boy

強調しすぎてもマズイような、

一切拒否してもそれはそれでマズイような気がします。

バル先生の言葉

 

こんなときに、

バル先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

協調って

むずかしいんだよ。

その場その場で

基準が変わるしね。

だから、

ほどよくだ!

ほどよくするのがいいぞ!

【その前にちょっと、です。】

 

「協調性」は素質だそうです。

 

「素質」とは、生まれつき持っていて、性格や能力のもとになるものです。

 

でもです。

 

世の中には生まれつき「協調性」を苦手とする方もおられます。

 

傷つける意図はないのですが、

 

もし、この記事で不愉快な思いをさせたり、傷つけてしまったのなら、

 

申し訳なく思っています。

 

ごめんなさい。深くお詫び申し上げます。

 

ふくカエル

なぜ、ほどよく協調したほうがなのかな?

ごまかさずには生きれないから

 

実はです。

人生を生きるには、一切ごまかざずに生きることは難しいからです。

 

誰でもみんな、

不利益を被らないように、

何かしらどこかで自分をごまかさないとダメなのです。

 

周囲にガッツリ協調すると、そのうち振り回されて疲れます。

sick_panic_man

かと言って、一切拒否すると、周囲からの圧力に悩むことになります。

figure_douchou_atsuryoku

同調圧力とは?

 

特定の集団において意思決定を行う際に、

少数意見の者に対して、暗黙のうちに多数意見に強引に合わせるように圧力をかけることです。

【出典:Wikipedia】

じゃあ、どうすればいいのかな?

ほどよく協調してみる

 

まずは、ほどよく協調してみます。

 

ほどよく協調するとは、自分の意見を見失わずに持っておくことです。

基準を作って持っておく

 

具体的には「協調する、しない」の「基準」明確に作って持っておくことです。

そのために、次の3つのステップを確立しておきます。

  1. 自分の意見を持ち
  2. 良識に従って
  3. 判断する
「賢人の知恵」利口よりも良識ある人になること。

良識に従うって、どういうこと?

 

良識に従うとは、

  • 自分の意見
  • 相手の意見
  • 世間一般の意見

を考えて、通常の人間なら分かる常識の範囲内で、

どの意見がベストなのか「落としどころ」を探ることです。

良識と協調

ほどよく協調するには、どの時点で妥協すればいいのかを判断します。

 

協調性を頭ごなしに拒否するのではなく、

自分の意見や良識にしたがって、

賛同したり、妥協したりします。

hikaku_ball_man

知性を悪用しない

 

もっとも、自分の知性を悪用しないようにします。

 

悪事に染まり自分が中心となって、

 

人を利用したり、だましたりと策略を練ることは言語道断です。

ほどよく協調すると、どうなるのかな?

流されなくなる

 

まず、協調できる基準をもってほどよく協調すると、周囲の同調圧力に流されなくなります。

 

自分の意見を持っているので、流れにおぼれなくなります。

ズルくなくなる

 

次に、協調できる基準をもってほどよく協調すると、ずる賢く考えなくなります。

 

良識を持っていろいろなことに配慮することができるからです。

お人好しにならなくなる

 

また、協調できる基準をもってほどよく協調すると、お人好しにならなくなります。

 

お人好しにならずにすむので利用されなくなります。

 

目の前の人が、誠実さを持って接するべき人かどうかを判断できるからです。

立派で信頼できる人物になる

 

そして、協調できる基準をもってほどよく協調すると、立派で信頼できる人物になれます。

 

協調するにあたって基準がブレることが少ないからです。

 

人はこんな風に判断していきます。

STEP.1
お人好しじゃないようだ

まず、自分の意見を持っているのをみて、

周りの人達は「お人好しじゃないな」と判断します。

sense_gokan_man1_shikaku

STEP.2
ずる賢くもないようだ

自分の意見を持っているだけでなく、

良識で「落としどころ」を判断しているのをみて、

「ずる賢い人でもないなあ」と判断します。

nozokimi_man

STEP.3
しかし、ただ者じゃないぞ!

「ほどよく協調」しているのをみて、

「ただ者じゃないぞ」と気づき出します。

pose_kiri_woman

STEP.4
うお~。すごい人だ、信頼できるぞ!

キラリと光るモノを発見して、

周りの人達は「信頼できる人だ」と認めるようになります。

ただもんじゃないぞ!と騒ぎ出します。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

「ほどよく協調する」方法を知りません。

人生をごまかしでいっぱいにします。

知恵のある人

 

「ほどよく協調する」方法を知っています。

ずる賢く裏表をつくるのではなく、堂々と協力することに努めます。

人生のごまかしを少なくしようとします。

まとめてみたkerokero

 

  • ほどよく協調するのがいいです。
  • 協調しすぎるのも、全く協調しないのも、人生を生きにくくします。
  • ごまかしてずる賢く生きるよりも、ほどよく協調しながら生きるのが、結局立派で信頼される人と称されます。

「協調性」はいい具合に発揮すると、潜在能力を引き出しすごいパワーになります。

 

でも、この「協調性」がいろいろと悪さをすることがあるのです。

 

同調圧力です。

 

学校、友達、ママ友、PTA、会社内、寄り合い、などによく見られます。

 

「疎外感」を感じず、うまく馴染めるように、

 

ほどよく協調していくのがいいみたいです。

 

人とのかかわりあいの中で生きることは、安全なこともありますが、生きづらいこともあります。

 

バル先生は、いろいろなことを教えてくれます。

 

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。