気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」人とのかかわりあいで大事なこと。

賢人の知恵アイキャッチ1

人とのかかわりあいで大事なこと

 

こんにちは!ふくカエルです。

 

「第1章 人とのかかわりあいについて」

「No.23 まわりを困らせる人とつきあわない」

【お伝えしたいこと】

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

 

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

 

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

アイキャッチ画像11バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」について

 

「賢人の知恵」その他について
こちらです!

大事なこととは、これ!

これです!

まわりを困らせる人とつきあわない

ことあるごとに人を不快にさせてばかりいて、自分だけでなく周囲の人まで狼狽ろうばいさせる人は多い。こういう人と無縁でいるのは難しい。どこにでもよくいるタイプだからだ。

バルタザール・グラシアン「幸福論」より引用

周りを困らせる人とは付き合わない!

です。

まずは、このことを信条とするのがいいです。

なぜ、付き合わないほうがいいのかな?

不快になるから

 

周りを困らせる人と付き合うと、自分が不快になるからです。

 

嫌な気持になるだけじゃないです。その気持ちをずっと引きずることになるからです。

 

気分のすぐれない状態を引きずると、そのうちこちらの状態が悪くなってきます。

慌てふためくことになるから

 

また、周りを困らせる人のおかげで、慌てふためくことになるからです。

 

どんなに周りに気を配って穏やかに暮らしても、状況が一変します。

 

自ら引き起こしたわけでもない事態の収拾に駆けずり回ることになりかねません。

 

全くムダことにつきあわされた挙句に、尻ぬぐいをさせられるのです。

 

ふくカエル

踏んだり蹴ったりやねん。

迷惑をかけるまで離れないから

 

そして、一番厄介なのは、

 

周りを困らせる人は、他人に迷惑をかけるまで傍を離れないからです。

 

周りを困らせる人は、他人に迷惑をかけることで、自分の欲望を満足させます。

 

これは、非常に悪質で、歪みまくった「承認欲求」の満たし方なのです。

 

ふくネコ

ほんまに、悪質やで。たち悪いねん。

 

人が困っているのを見て、自分の欲求を満たすまではそばを離れません。

 

ふくカエル

かなりしつこいねんで。

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

まず、ちゃんと選別できるようになる

 

まず、周りを困らせる人をきちんと選別できるようになります。

 

この人は「周わりを困らせる人だ」と判断できると、次の行動をとりやすくなります。

 

バルタザール・グラシアン先生は、次のような8つタイプをあげています。

 

  1. ことあるごとに人を不快にさせてばかりいる人
  2. 自分だけでなく周りの人達を狼狽ろうばいさせる人
  3. 何かにつけ落ち度を見つける人
  4. 分からず屋
  5. 人に迷惑ばかりかけている人
  6. 自分では何一つできない人
  7. 人の努力を馬鹿にする人
  8. 悪口で欲求を解消している人

 

1.ことあるごとに人を不快にさせてばかりいる人 

sick_hakike_kimochiwarui_woman

ふくカエル

せっかくプレゼンを選んで、渡しても、

ふくネコ

そのままゴミ箱に捨てちゃう人

2.自分だけでなく周りの人達を狼狽ろうばいさせている人 leader_ibaru

ふくカエル

自分の落ち度なのに、

ふくネコ

周囲の人を犯人扱いして、周りを混乱させる人

3.何かにつけて落ち度を見つける人
pose_syanikamaeru_woman

ふくカエル

人の成功を喜べずに

ふくネコ

ケチをつけて、けなす人

ふくカエル

人の親切に感謝するどころか

ふくネコ

クレームをつける人

4.分からず屋 

otoshiyori-okoru

ふくカエル

人からの優しいアドバイスを

ふくネコ

理解しようとせず、絶対に首を縦に振らない人

ものの道理を分かろうとしない人です。

5.人に迷惑ばかりかけている人 

figure_ashi_hipparu

ふくカエル

人に迷惑をかければ、かけるほど

ふくネコ

自分の機嫌がますます良くなる人

6.自分では何一つできない人 

pose_oisugaru_man

ふくカエル

自分ひとりでは、

ふくネコ

何一つできない人

7.人の努力を馬鹿にする人 

ふくカエル

人が一生懸命やっていることを

ふくネコ

とことん見下して、けなす人

8.悪口で欲求を解消している人

kousyu_woman

ふくカエル

明けても暮れても、人の悪口を言って、

ふくネコ

欲求不満を解消している人

なるべく付き合わない

 

次に、ちゃんと選別できるようになったら、

 

自分が判断した人とは、できる限り付き合わないようにします。

 

具体的には、

  • 自分から、積極的に近づかないようにする
  • 頭を使って、できるだけ接触を避けるようにする

です。

 

たとえ相手が家族であっても同じです。

 

物理的な距離が保てなくても、何とか精神的距離を保つようにします。

 

そして、然るべき時が来たら、家から脱出して物理的な距離を保つようにします。

すべてを背負いこまない

 

また、周りを困らせる人の言動のすべてを背負いこまないことです。

 

どうしても無理なのであれば、

 

  • まず、自分からSOSを出すことです。
  • 次に、1日の一部でもいいので、逃げる場所なり時間を作るようにします。

 

自分で何もかも背負いこむと、自分自身が壊れてしまいます。

 

自分から積極的に働きかけて、少しでも逃げられる時間や場所を確保します。

 

ふくカエル

たとえ、血のつながりがあっても。

ふくネコ

毒針をもっている人からは、逃げてください。

ふくカエル

毒が体に回らないうちに。

ちなみに、困らせる人の末路はこうなる

孤独に暮らすしかない

 

周りを困らせる人は、孤独に暮らすしかないようです。

 

物理的な孤独もあるでしょうが、精神的な孤独もあります。

 

自分で何もできないし、努力もしない、悪口ばかりを言っている人なのです。

 

わたしも、人がだんだんと敬遠するのも当然やと思います。はい。

そうすると、どうなるのかな?

人とのかかわりあいが穏やかになる

 

周りを困らせる人と付き合わないようにすると、人とのかかわりあいが穏やかなものになります。

 

心静かに過ごすことができます。精神衛生上良い環境を築けます。

同じ本をお持ちの方へ

ちなみに・・・・

 

同じ本(バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)をお持ちの方へ

 

ちなみに、今回のテーマは、

「第1章 人とのかかわりあいについて」

「No.23 まわりを困らせる人とつきあわない」

になっています。

 

お持ちの本とあわせてご覧いただけると嬉しいです。

アイキャッチ画像11バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」について

ありがたいコメントコーナーkerokero

 

ジュンさんは、”大人女子の呑んで食べて笑う美活”の雑記ブログをされてます。カッコいい大人女子のサバサバ感がたまらないブログです。

お子さんのことを第1に、日々の生活を大切に過ごされているブロガーさんです。
ふくカエルは彼女の「子供の見ている世界」(準備中)というブログが大好きです。

ちびめがねさんは、【ちびめがねアンテナ】という趣味ブログをされています。ふくカエルは、ちびめがねさんの文章が大好きです。勉強させてもらっています。

まとめてみたkerokero

 

  • 人とのかかわりあいで大事なことは、周りを困らせる人とは付き合わないことです。
  • このような人と付き合うと、不快になったり、慌てふためくことになったりします。
  • また、このような人は相手に迷惑をかけるまで離れません。
  • 自分の目の前の人が、どういう人なのかをちゃんと判断して、困らせるひとならなるべく付き合わないようにます。
  • そうすれば、人とのかかわりあいが穏やかなものとなります。

fukukero

ふくカエルでした。

なお、バル先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。