気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」誰にも借りをつくらない。

賢人の知恵アイキャッチ1

誰にも借りをつくらない

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第1章 人とのかかわりあいについて」

「No.47 誰にも借りをつくらない」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

「賢人の知恵」について
その他のテーマはこちらです!

誰にも借りをつくらない

ひとりで何もかも責任を負うと、

あくせく働かなくてはならなくなる。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

借りは面倒?

 

人間関係を非常に複雑にさせる原因のひとつに「貸し借り」があります。

 

何もお金やモノばかりじゃないです。

 

信用や信頼という目に見えないものもあります。

 

「借り」を作ると、何だか心理的に追い詰められているような感じになってくるんですよね。

darui_woman

バル先生の言葉

 

バル先生は、人間関係の「借り」について次のように言っているような気がします。

 

「借り」は作るな!

人間関係において

一番大事なことは

束縛がないことだ。

「借り」を作ると

必ず誰かに

束縛されることになる。

 

って言っているようです。

なぜ、「借り」は作らないほうが、いいのかな?

束縛されるから

 

「借り」を作ると束縛されるからです。

借りを頼む人の図解矢印が内側に向いて、束縛されます。

 

いつか返さなければならない「お礼」が気になるからです。ソワソワしてしまうのです。

 

たとえ「お礼」をしたとしても、今度は「恩義」を感じることになるのです。

 

相手に対する遠慮もでてきます。

 

目に見えない上下関係ができるのです。この上下関係は時がたつにしたがって大きな負担になることもあります。

 

相手からの束縛と自分からの束縛で身動きとれなくなるのです。苦笑いの女性

持ちつ持たれつは、仕方ないよね~。
でも、束縛は少ない方がいいかも?

依存心を育てるから

「借り」を作りつづけると、次第に自分の中に依存心が育ってくるからです。

 

毎回、都合よく助けてくれる状況に麻痺(まひ)してくるのです。

 

怠惰になっていくのです。

 

ふくカエル

依存心って、

ふくネコ

あれして、これして、もっとして!と

ふくカエル

だんだんエスカレートしていくのです。

 

終いには、怒りん坊になってしまうのです。

 

依存心は厄介です。

じゃあ、どうすればいいのかな?

依存しないこと

 

まず、誰にも依存しないことです。

 

自分のことはできるだけ、自分ひとりでするように心がけるのがいいです。

 

ふくカエル

原則は自分でやってみる。

ふくネコ

どうしても無理なら、例外として、助けてもらうでいいと思うのです。

 

頼られたら引き受ける

 

次に、他人から、頼られたらできるだけ引き受けるのがいいです。

 

ただし、義務と好意を混同しない

 

でもです。「好意」と「義務」を混同しないほうがいいです。

 

どんなに、「好意」から助けたいと思ったとしても、

 

助ける余裕がなければ、無理して助ける「義務」はないからです。

 

ふくカエル

助けるって言ったやん!

ふくカエル

あれは、嘘やったんか?

って言われても、

ふくネコ

できひんもんは、できひん。

と答えてもいいのです。

 

補足

「借り」をつくらない生き方は、自分の中に「依存心」は育たないのです。

でも、他人をなるべく助けることをモットーにするので、

他人の中に「依存心」を育てることになるようです。

そうすると、どうなるのかな?

人間関係がわずらわしくなくなる

 

誰にも「借り」を作らないように生きると、人間関係がわずらわしくなくなります。

 

他人との「貸し借り」の摩擦が起きることが少なくなるからです。

 

「人は助けるけど、自分の場合はひとりでするのが、原則なんだ!」としていると、

 

人間関係は、少なくとも「貸し」だけになるので、わずらわしさは激減するのです。

 

心穏やかになる

 

自分自身が心穏やかになってきます。

 

「催促されるかも?」と思うと、心穏やかではなくなります。

「感謝されていないかも?」と気をもむのもいやしいものです。

 

このようなことに気をもむこともなくなるので、心が穏やかになってくるのです。

ありがたいコメントコーナーkerokero

 

【KUNJIさんについてご紹介します】

 

KUNJIさんは、【KUNJIはとても知りたがり】というブログをされてます。

 

iPhone、一眼レフカメラ、生活に関する情報などが、盛りだくさんのブログです。

 

「昨日よりも、もっとポジティブに!」「とにかく明るく生きること!」をモットーに取り組んでおられ、お人柄の良さが、ブログの至るところに溢れています。

 

KUNJIさんの「家族が1番の宝物だ」という言葉が、大好きなふくカエルです。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

知恵のない人は「貸し借り」には無頓着です。

 

束縛されることに気づいていません。依存していることにも気づいていません。

 

知恵のある人

 

知恵のある人は「貸し借り」を気にします。

 

「借り」は束縛され、依存せざるを得なくなってくることに気づいています。

 

できるだけ「借り」はつくらないように、自分でなんとかしようとします。

まとめてみたkerokero

 

  • 誰にも「借り」を作らないようにするのがいいです。
  • 人のことは助けるけれども、自分のことは極力ひとりでなんとかやってみるのがいいです。
  • 「借り」は「束縛」を生み、「依存心」を育てるからです。
借りを頼む人の図解

矢印が内側に向いて、束縛されます。

よりも、

貸しをして助ける人の図解

矢印が外側に向いて、解放されます。

人とのかかわりあいも、

心地いいよお!

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

「賢人の知恵」について
その他のテーマはこちらです!

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。