気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」【駆け引き】真実を話すときに気をつけること

アイキャッチ画像

【駆け引き】真実を話すときに気をつけること

 

こんにちは!ふくカエルです。

 

 

【お伝えしたいこと】

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

 

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

 

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

アイキャッチ画像11バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」について

 

「賢人の知恵」その他について
こちらです!

いきなり、補足説明です!

今回のテーマで、こと細かく説明するべきでない真実について勉強しています。

ここでいう真実には、犯罪における新しい真実を含んでいません。

犯罪を助長しようとする意図は全くありませんので、

ご理解くださいますよう、よろしくお願いします。

ふくカエル

非常に悩む!

 

  • 隠し事をしているとき
  • 小さな嘘をついているとき

これを後で言うべきか、言わざるべきか迷うことないですか?

 

たとえばです。

玄関のツボを割ってしまった場合です。

バレたら怒られるから、ボンドで繕ってその後ずっと隠していたとかです。

 

隠し事を正直に言うときは、本当に心臓が爆発するほどドキドキします。

sick_douki

ツボを割った場合は怒られたら済む話ですが、世の中には簡単に済まないケースもあります。

 

そんなときは!

 

ぜひとも気を付けてほしいことがあります。

気を付けることとは、これ!

これです!

 

真実をすべて話さない

うそをついてはいけないが、すべてを明らかにする必要もない。

バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」より引用

真実は、すべてを話さない!

ことです。

なぜ、すべてを話さないほうがいいのかな?

沈黙すべき真実があるから

 

真実には

  • 正直に語られるべきもの
  • 沈黙すべきもの

があるからです。

 

すべての真実が正直に語られるべきものじゃないのです。

たしかに、正気者であることは大切ですが、

 

世の中には、真実をそっとしておくことが、とても大切な場合があるのです。

沈黙すべき真実とは、具体的にどんなものかな?

自分の壊れそうな真実

 

自分の繊細な心から生まれるものだからだ。

 

まず、真実を話すことで、自分の繊細な心が壊れそうなものです。

 

いくら真実とはいえ、自分の触れられたくない部分をさらけ出すことで、さらに深く傷つくのであれば沈黙すべき真実のひとつだと思います。

たとえば、セクシャルな被害状況などの真実です。

 

このような真実は、余程のことがない限り沈黙すべき真実として、

 

そっとしておくべきものやと思います。

 

さらけ出すことで、
再度深く傷つくかもしれない
からやねん。nagusame_friend

失うものが大きい真実

 

たったひとつのうそで台無しになる。

 

次に、真実を話すことで、失うものが大きいものです。

 

いくら真実であっても、今まで必死で培ってきたもの全てを失う恐れがあるのなら、沈黙すべき真実のひとつだと思います。

たとえばです。

 

今まで誠実な人で好感度100%だった人が、ほんの小さな嘘をついていたという真実を話すことで、

 

今まで必死に培ってきた信用や信頼を失ってしまった場合です。

 

これは、あまりにも代償が大きすぎます。

 

 

年齢を誤魔化してたな!
この嘘つき野郎!sabetsu_dansei

たとえば、誤解を招きそうな場合

 

また、真実を話すことで、余計な誤解を招きそうな場合です。

 

人々からやっかみや恨みなど誤解を招き、いちいち釈明に追われなければならないような真実なら、沈黙すべき真実のひとつだと思います。

たとえば、

 

  • 宝くじの高額当選をしていた事実とか
  • 株などの投資で暴利を得た事実とか
  • 大きな事業に成功した事実とか

などです。

 

このような真実は沈黙すべきものになると思います。

 

なぜなら、その真実を聞いて、

 

たまらなく嫌な気持ちになり、何か仕返しを企むような人が少なからず生まれると思うからです。

たとえば、他人が傷つく場合

 

それでもなお、語られるべきでない真実がある。それは自分自身のためでもあり、また、ときには人のためでもあるのだ。

 

そして、真実を話すことで、自分以外の第三者が傷つく場合です。

 

たとえ自分では正直に話したい真実であっても、何の罪もない第三者を傷つける恐れのあるものはやはり沈黙すべき真実に入ると思います。

余談やけど・・・

 

たまに、「真実はすべて語るべきだ!」と声高々に主張する人がいます。

job_hihyouka_commentator

こういう人たちは、真実とは、繊細な心から生まれるものであることに気づいていない人やと思います。

 

ふくネコ

自分が、相手を脅していることにも気づいてへんかもしれへん。

 

誰でも真実を語る時はビクビクするし、語った後の自分がどうなるのか怖くて仕方ないものです。

 

ふくカエル

頭でっかちで、経験が少ないもんやから、

ふくネコ

リアルな想像ができひん人やと思うねん。

 

こういう人が・・・・

 

いざ自分が言いたくない真実を語らなければならない場合になると、途端に腰を抜かしてアワアワ言うのやと思います。

じゃあ、どうすればいいのかな?

細心の注意を払う

 

まずは、真実を話すときは細心の注意を払うようにします。

 

具体的には、

正直であることも重要だけど

語らずに、そっとしておくことも極めて重要である

ことを理解します。

 

そして、今この時点で自分が真実を話すことで

  • 得られるメリットは何か?
  • 失うデメリットは何か?
  • 自分以外の第三者が傷つく恐れはないか?

などを重々検討してから判断します。

あいまいなら、黙っておく

 

現時点でいくつかの点であいまいであれば、黙っておくようにします。

 

「今は話すべきときではないのだ!」「いつかは話せるときがくる!」と思えば、気分も楽になります。

 

たしかに、嘘は相手に対する裏切り行為になります。

 

嘘をついた真実よりも、もっと非難されるべき者は嘘をついた自分自身です。

 

そうなのですが、裏切り行為により深く傷つく相手がいるのであれば、

 

墓場までもっていく覚悟をして沈黙する場合もありかもしれません。

 

(死ぬまで黙るという罰を背負って生きる覚悟のことです)

そうすると、どうなるのかな?

強迫観念にとらわれずにすむ

 

まず、世の中には、真実をそっとしておくことも極めて重要な場合もあることに気づけると、

 

真実の全てを話さなければならないという強迫観念にとらわれずにすみます。

人を傷つけずにすむ

 

次に、人を深く傷つける場合があるのなら、真実をそっとしておくことが極めて重要であることに気づきます。

無用な駆け引きをせずにすむ

 

そして、真実をすべて話さないようにすることで、無用な駆け引きをせずにすむ場合があることにも気づきます。

同じ本をお持ちの方へ

ちなみに・・・・

 

同じ本(バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)をお持ちの方へ

 

 

「第2章 駆け引きについて」

「No.51 真実をすべて話さない」

になっています。

 

お持ちの本とあわせてご覧いただけると嬉しいです。

 

ご自分のお立場で考えてみると、また違った「オリジナルな知恵」を発見できると思うのです。

 

それはもう、キラキラ光って
こういうことか!
mabushii_manと納得できると思います。

 

アイキャッチ画像11バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」について

まとめてみたkerokero

 

  • 周囲の人たちを上手くやるには、真実の全てを話す必要がない場合もあることに気づくことです。
  • 真実には、正直に語るべきものとそっと沈黙すべきものがあります。
  • 話すときは、メリット、デメリット、第三者への影響などに細心の注意を払ってからするようにします。
  • 真実の全てを話さない場合もあることに気づけると、無用な人との駆け引きをせずにすみます。

真実をすべて話さないようにすると、自分の心が守れます。

 

自分のデリケートな部分に関わる真実は、わざわざ人目にさらさなくてもいいと思います。

 

ひょっとすると、生きるか死ぬかの問題に発展する危険があるかもしれないことにあるからです。

 

それにです。

 

 

小さな自分一人だけの真実が、一体どれほど社会に影響を与えるのかを冷静に考えれば、

 

わざわざ真実を語らなくても
いいんじゃない?

 

と思いませんか?

 

ふくカエル

世間の人が、自分にそれほど興味があるとは思わへんよね?

 

このように考えると、

 

いろいろな駆け引きの危険から自分の心を守ることができます。

 

正直者でいることは、たしかに素晴らしいことです。

 

でも、正直者であり続けることは滅多にできないことでもあります。

 

世の中を見ると、

 

バカ正直者を貫き通すことで、自分や家族や他人を傷つける事態になる場合が多いような気もします。

 

ふくカエル

いかなるときも、正直者であれ!という教えは、

ふくネコ

ほんまは、とても難題やし、できひんねんで。

 

fukukero

ふくカエルでした。

なお、バル先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。