気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」貸しを作ることについて

アイキャッチ画像

貸しを作る

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第2章 駆け引きについて」

「No.56 貸しを作る」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

貸しをつくる

すぐれた策略家ならばよくわかっていることだが、

先に願いごとをきくことが、その相手に恩義を売ることになる。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

貸しを作ること

 

「貸し」を作ると聞くと、なんだか相手をおとしいれる策略のようなイメージがあります。

 

なんだか「見返り」を求めるところが、ブラックなイメージだからです。

akuma_shadow

でも、世の中には「貸し」をたくさん作ったほうがいいという考え方もあります。

 

バル先生もその中の一人です。

バル先生の言葉

 

貸しを作ることについて、バル先生は次のように言っているようです。

 

「貸し」だが、

「貸し」は

作っておいたほうがいい。

人間関係の駆け引きを

有利なものにするからだ。

 

「貸し」を

作るときのポイントは

とにかく相手の要求を

優先することだ。

 

こちらの真意が自然と伝わり

本当に感謝されるぞ。

なぜ、貸しを作ったほうがいいのかな?

恩義を売ることになるから

 

相手に「恩義」を売ることになるからです。

 

人は「恩義」を感じると、ふさわしいお返しをしなければならないと思うのです。

 

これが「貸し」になります。

プラマイゼロになるから

 

そして、「貸し」を作ることでプラマイゼロになるからです。

 

すでに相手に「借り」があった場合には、相手に「貸し」を作ることで、

 

「貸し」が「借り」を差し引きして帳消しにするのです。

 

ふくカエル

この前、助けてもらったし、これでチャラね!

ふくネコ

うん、チャラね。

って感じです。

 

実は、このプラマイゼロの「貸し借り」が、人間関係の駆け引きを上手くコントロールするコツになるのです。

じゃあ、貸しを作るには、どうすればいいのかな?

見返りを求めず、喜んで親切にしてみる

 

とにかく、相手に見返りを求めずに喜んで親切にすることです。

 

たとえ見返りがなくても、率先して親切にすると相手にかなりの好印象を与えるからです。

 

この好印象は、後に相手からの信頼感を引き出します。

 

ふくカエル

困ってるんでしょう?喜んで助けるよ!

 

相手の要求を優先する

 

そして、こちら側にも要求があっても、相手の要求を優先にすることです。

 

優先することで、相手の猜疑心(さいぎしん)をなくすことができるからです。

 

相手が、こちら側の意図をあれこれと悪く推測して、怪しむことをなくすことができるのです。

 

ふくカエル

裏がない?

ふくネコ

策略か?

 

って怪しむ思考回路をストップさせるのです。これは信頼を得る「種」になるのです。

種からflower_seichou1

信頼の芽が出ますように!

flower_seichou2

 

貸しを作るときに注意すること

信用できる人だけにしておく

 

でもです。注意することがあります。

 

自分から進んで親切にする相手は、使用できる人だけにしてことおくことです。

 

自分本位の人は「ありがた迷惑」だとして負担に思うからです。

 

自分本位の人は、自分のことばかり考えて、他人を信用しないからです。

 

なので、先に親切にされると「貸し」ができると勘ぐるのです。

 

「貸し」を逆手に取られて利用されるかもしれないと本当に怪しむのです。

 

中には、過剰反応して毛嫌いする人もいます。だから注意してね。

 

怪しいんですけど?

貸し作られて
利用されるかもしれん!

きっぱりと断れたら、「そうなんだあ」と笑顔で退散しましょう。

相手の要求を優先すると、どうなるのかな?

真意が自然と相手に伝わる

 

見返りを求めず、喜んで親切にすることで、こちらの「真意」が自然と相手に伝わります。

 

こちら側の「特別は計らい」や「情けや慈しみ」が嫌味なく伝わるのです。

 

ふくカエル

恩着せがましくならないのね。

感謝される

 

そして、本当に相手から感謝されるようになります。

 

相手は、恩義を感じてくれ、この恩に報いなければならないと自然に思ってくれるようになります。

 

ピュアなピュアなありがたい「お返しの気持ち」が生まれるのです。

涙で訴える女性

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

「貸し」を作ると、人間関係の駆け引きが上手くコントロールできることに気づいていません。

 

「貸し」を作ることに違和感を覚え、避けたがります。

 

知恵のある人

 

「貸し」を作ると、人間関係の駆け引きが上手くコントロールできることに気づいています。

 

「貸し」を作ることを重視します。

まとめてみたkerokero

 

  • 「貸し」は作っておいたほうがいいです。
  • 人間関係における駆け引きを有利にします。
  • 「貸し」を作る際のポイントは相手の要求を喜んで優先することです。

 

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。