気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」友人同士の上手な別れ方について。

アイキャッチ画像

友人同士の上手な別れ方について

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第2章 駆け引きについて」

「No.79 友人同士の上手な別れ方について」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

ゆっくりと退く

対立がまさに極限状態に達すると、名声も粉々になる。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

友人同士のケンカは嫌だよね

figure_tatakai_kakutou

友人同士のケンカしたことあります?

 

経験ない人の方が多いと思います。

 

学生の頃には「常識」だったことが、社会人になってから間違っていたことに、はたっと気づいちゃうのです。

 

で、価値観の違いから大ゲンカに発展するのです。

 

わたしの場合、友人とのケンカはこんな感じでした。

 

ふくカエル

なんで分かってくれへんのよ!

ふくネコ

カエル、社会に出てから、人が変わったな!

ふくカエル

成長してへんの、そっちやろ?

ふくネコ

なんやって!ガー。

ってな感じでした。さらにもっと激化しそうな雲行きでした。

 

大ゲンカじゃ、これは、大変じゃ!saiyuki_songoku_kintoun

バル先生の言葉

 

バル先生は、こんなときに、次のように言ってくれているみたいです。

 

生きていれば、

友人との対立もある。

しかしだ、

友人との対立はできるだけ

避けたほうがいいぞ。

どうしても絶好しなければ

ならないときは、

 

自然冷却が一番だ。

そして、

決して怒るな。

これ以上関係を

壊さないように

ゆっくりと後退するのだ。

これが一番だ。

なぜ、友人同士の対立は避けた方がいいのかな?

一番の敵になるから

 

まず、かつての友人同士が対立すると、お互いが「一番の敵」になるからです。

 

長年の友人としてのつき合いの中で、お互いの弱点、欠点をも知り尽くしているからです。

 

弱点や欠点を知り尽くしている敵は、「一番手ごわい敵」となるのは当然のことです。

 

なすりつけ合いをするから

 

次に、友人同士が対立すると、なすりつけ合いの醜いケンカになります。

 

お互いに、自分の非を認めずに、「相手が悪い」とお互いに相手に責任や罪を押しつけ合うようになります。

 

親しければ親しいほど露骨になります。

 

本当に、醜くて目も当てられません。

 

お前が悪いんじゃ!
お前こそ、すっとこどっこなんじゃ!

figure_fighting

どっちも、どっちじゃ!

 

お互いの名声が粉々にするから

 

また、友人同士の対立は、お互いの名声が粉々にするからです。

 

友人同士の対立が、激化すればするほど、互いに攻撃が情け容赦のないものになっていきます。

 

相手の痛いところを手加減なしに追及してきて、お互いの正体を世間に暴こうとするのです。

 

たとえば、世間に知られたくない「相手のスキャンダル」を暴露するという暴挙に出ます。

 

「スキャンダル砲」くらえ!
ドン!

energy_ha

 

この場合には、名声も何もかも吹っ飛びます。

 

ぐっはぁー!無念じゃ!energy_ha_kurau

 

とても困った事態になります。

sick_kizetsu

みんな逃げるから

 

さらに、周囲にいる「共通の友人達」はみんな逃げるからです。

 

本当に「クモの子」のように、さあっと離れていきます。

 

味方になってくれる人なんていません。

 

正直なところ、どちらもつけないのです。

 

ケンカし合っている者同士は、どちらも彼らの共通の友人だからです。

 

友人同士のケンカほど「手に負えない」ことを、彼らみんなは知っているからです。

 

「触らぬ神に祟りなし」状態で、遠巻きに見るしかできないのです。

 

ちなみに、わたしの場合は、「どんなことがあっても味方やで!」と言っていた友人が

 

「いの一番」に逃げちょりました。

走って逃げる男性

そんなもんなんです。

 

被害妄想に駆られるから

 

そして、友人同士の対立が激化すればするほど、お互いに被害妄想に駆られるからです。

 

遠巻きに見ている「かつての友人達」さえも、全員敵に見えてきます。

 

figure_douchou_atsuryoku

まるで「村八分」にあっているような疎外感を感じるのです。

figure_nakama_hazure

さらに、「こちらに危害を加えてくるのではないか?」とまで、疑いたくなってくるのです。

figure_fight_war_6vs1

「疑心暗鬼」になって、自分の心の中にいっぱい悪魔を住まわせることになるのです。

akuma_shadow

助けてくれている友達に向かっても「あなたも、鬼か?」なんて、平気で言っちゃうのです。

 

自分に関わりあいのある人のすべてが、「誰が敵で味方なのか?」を考え出すと、混乱してくるのです。

 

とても厄介なことになります。

 

疑心暗鬼とは?

疑いの心があると、なんでもないことでも怖くなるという意味です。

 

疑って見ると暗闇に鬼がいっぱい見えると言う意味です。

じゃあ、どうすれば、上手に分かれることができるのかな?

 

友人同士の対立が激化してしまって、もう、こうなったら、決別、決裂、絶好するしかないと思えたら、

 

次のようにするのがいいです。

 

ふくカエル

一触即発ピリピリ極限状態!

 

口実を作ってみる

 

まず、相手との接触を避けるために、もっともらしい口実を作ってみます。

 

これは、相手から上手く逃げるためです。

 

たとえば・・・。

  • 他に約束があるから
  • 食べ過ぎてお腹が痛いとか
  • 資格試験の勉強中だとか

とか言って、相手との直接の接触を避けるようにします。

 

自然に解消するにまかせる

 

次に、相手から距離や時間を置いて、相手との友人関係が、自然に上手く解消するようにします。

 

お互いの「友情」が冷めて無くなるのを待ってみるのです。

 

距離だけでなく、時間も置くのがいいです。

 

時間が経過するにつれて、相手と対立してた「事実」も次第に忘れます。

 

そして、相手を「友人」として意識することすらなくなってきます。

 

ふくカエル

ただの知り合いになる!

 

絶対に怒らない

 

そして、絶対に怒らないことです。これは大切なことです。

 

怒りは、お互いの人間関係をますますドロドロなものにします。

 

それだけでなく、お互いの深く心をえぐり、傷つくことになるからです。

mokuhyou_mitatsu_woman

わたしは、「もう、金輪際、絶好や!」と言われてから、

 

共通の友人の結婚式で、隣同士の席になったとき、本当に気まずくて泣きそうでした。

 

そして、ゆっくり退くこと

 

そして、ゆっくりと相手から後退することです。これは秘訣です。

 

もうナメクジのように、ゆっくりと後退しましょう。

 

えっと?
なめくじは後退できたっけ?bug_character_namekuji

コツがあります!

  • 決して相手に「自分の背中」を見せないこと
  • ひたすら、にこにこ笑顔でいること
  • 秩序ある態度でいること

 

決して、相手に「自分の背中」を見せないことです。

 

背中を見せると、こちらが「怒り」でいっぱいなのがばれてしまうからです。背中はウソを隠せないからです。

 

そして、正面を向いたまま、ひたすらにこにこ笑顔で後退しましょう。

 

ひたすら後ずさりして離れていくのです。

 

もっとも、どんなに内心は「怒り」にうち震えていても、

秩序ある態度は忘れないようにします。

 

礼儀正しく、ていねいな態度、分別を忘れないことは、どんなときも大事だからです。

 

 

ふくカエル

悲しいことが起きたら、駆け付けるようにしておく。

ふくネコ

秩序と分別が大事なのです。

そうすると、どうなるのかな?

対立を回避できる

 

お互いの評判を落とすしかない、対立を回避することができます。

 

関係修復の余地が残せる

 

また、礼儀と秩序をもって、友人関係を解消するので、将来の関係修復の余地を残せます。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

友人同士の対立が激化し、決裂しなければならない場合に、怒りに身を任せてしまいます。

 

お互いの名声も粉々になり、自滅します。後々まで心が傷つきます。

 

友人関係を上手く解消して、別れることができません。

 

知恵のある人

 

友人同士の対立が激化し、決裂しなければならない場合には、いろいろと知恵を絞ります。

 

なるべく秩序ある態度を持って、友人関係が自然に消滅するようにします。

 

ありがたいコメントコーナーkerokero

きーるさんについてご紹介します!

 

きーるさんは、

 

【今日もゲームを始めよう】というブログをされています。

 

ゲームの素晴らしさを動画を交えて、紹介してくれるブログです。

 

ふくカエルは、ゲームのことは不案内ですが、ブログのきーるさんの文章が大好きなのです。

 

文章には、お人柄がしのばれます。

 

ゲームを勉強しつつ、きーるさんの文章に会いに行くふくカエルです。

まとめてみたkerokero

 

  • 友人同士対立は避けるに限ります。
  • 友人同士の対立は、醜いものになり、名声を粉々にします。
  • でもどうしても回避できず、激化し決裂を覚悟したときは、秩序なる態度を持って、友人関係が消滅するようにするのが一番です。
  • 友人同士の上手な別れ方は、怒りを押さえ、ゆっくりとにこにこしながら、退くのが一番です。

 

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。