気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」人やモノに振り回されないようにする方法。

人やモノに振り回されないようにする方法

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第4章 知性について」

「No.112 人やモノに振り回されないようにする方法」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

本質を見抜く

よく観察して正しい判断を下せる鋭い能力があれば、

常に人の上に立てるはずだ。

また人や物に振り回されず、

その両方をコントロールすることもできるだろう。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

よく振り回される人間

 

実は、よく振り回されます。人や物の振り回されてしまうのです。

たとえば、

ふくカエル

約束断られると、なんかしたかな?と逆に落ちこみます。

一日中、気になって仕方がなくなります。

 

恥ずかしいのですが、パンにも振り回されます。

ふくネコ

パン屋さんにいって、お目当てのパンがないと、ブルーになります。

食べれなかったことをもんもんと考えてしまうのです。

 

本当なので、実に情けないのです。

pose_nakineiri_man

バル先生の言葉

 

人や物に振り回されて凹んでいるときに、

 

バル先生がいたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

人やモノに

振り回されているのかい?

そりゃ、大変だ。

 

でも、それは、

見かけに

惑わされているからだ。

 

人やモノの本質を見抜けば

もう、

惑わされることもないし、

オドオドすることも

なくなるぞ。

どうして、振り回されちゃうのかな?

不可解だから

 

まず、自分にとって不可解だからです。

  • なんで怒っているのかわからない?
  • どうして、パンがないのか理解できない。

ふくカエル

そりゃ、パンが売れたからだろう?

 

自分の目にみえる様子や外見に、

 

自分が納得できる「模範解答」が見つけられないので、「なんでなんだ?」と右往左往してしまうのです。

 

ひょっとしたら、友人が、ただ単に約束を忘れていたかもしれないのに、

 

自分が納得できる答えがないだろうかと考えすぎてしまうのです。

 

ふくネコ

忘れられているのは、それはそれでちょっと嫌だけど。

 

「自分に落ち度があったからかも?」なんて必要以上に不安になったするのです。

 

余裕がない

 

次に、自分の気持ちに余裕がないからです。

 

予想外のことが起ると、すぐ動揺してしまってあれこれと不安になるのです。

 

自分にちっとも落ち度がないのに、ことさら自分の落ち度をさがしてしまうのです。

 

ふくネコ

余裕がないので、どうも落ち着けないのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

本質を見抜くようにする

 

まず、振り回されている人や物の本質を見抜くようにすることです。

 

本質が理解できると外見や見せかけに振り回されなくなります。

 

本質とは、相手の本心です。物なら「その物がある意味」です。

 

たとえば、「自分に好意的でない」という相手の本心を見抜くことができれば、

 

少なからずショックは受けることになっちゃいますが、

 

相手の理不尽な態度に説明がつき、これ以上振り回されずにすみます。

 

たとえば、物の本質を見抜いて、

  • 自分の今の生活に本当に役立って、便利になるのか?
  • 生活が充実して、心が豊かになるのか?

 

を判断することができれば、物に振り回されなくてもすみます。

 

ふくカエル

自分にとって「不要な物」が分かると振り回されないよね。

 

どんなに高価な物であっても、身につけないのなら「宝の持ち腐れ」だよね。

jewelry_tiara

ふくカエル

ティアラつけて仕事に言ったらエライことになるよ。

 

自分の軸を持ってみる

 

次に、人や物に振り回されないように自分の中に「軸」を持ってみます。

 

人の邪悪な本心を見抜いても、うろたえない「自分の軸」です。

 

物に価値がないことが判明しても、がっかりと落ち込まない「自分の軸」です。

bou

じゃあ、本質を見抜くって、具体的にどうしたらいいのかな?

よく観察してみる

 

まずです。よ~く相手や物を観察してみます。

 

このときに注意することは、なるべく偏見が入らないようにするのがいいです。

 

偏見が入って、歪んで観てしまうと本質がよく見えなくなるからなんです。

 

そして、観察するときに、次の4つの目を持つことをお勧めします。

monster05

4つの目
  • 魚の目(時間の経過を見る)
  • 虫の目(五感を使って直接見る)
  • 鳥の目(広い視野で客観的に見る)
  • コウモリの目(先入観・固定概念をなくして見る)

 

観察力の4つの目について勉強しました。興味のある方はご覧ください。

「賢人の知恵」知性をもって生きるために必要なこと。

正しく判断してみる

 

次に、自分が観察したことをさらに正しく判断してみます。

 

判断するときに、次の3つのポイントを押さえておくのがお勧めです。

 

3つの検討
  • 5W1Hの検討
  • 反対の意見の検討
  • 自分の意見の検討

5W1Hの検討とは?

 

5W1Hとは、観察したことを次の6つの要素にまとめることです。

when(いつ)where(どこで)who(誰が)what(何を)why(なぜ)how(どのように)

 

まとめるときに、ちょっとポイントがあります。

 

「相手が言ったこと」や「行動したこと」を次の表のようにまとめるのです。

 

表にまとめるとすっきりします。検討しやすくなります。

 

それに、不思議と見えないところが見えてくるのです。

 

5W1H言った行動した
when(いつ)
where(どこで)
who(誰が)
what(何を)
why(なぜ)
how(どうやって)

 

さらに、why(なぜ)  how(どうやって)については、5回以上繰り返して考えるのがいいです。

 

いろんなことが浮かんできます。

 

ふくカエル

なぜ?なぜ?なぜ?と少なくても5回は検討してみてね。

ふくネコ

あっ!そうか!と、見えるかも。

反対の意見から考えるとは?

 

自分の考えと反対考えに立って、考えなおしてみることです。

 

反対の考えにたって考えると、考えの幅が広くなります。

自分の意見から考えるとは?

 

そして、最後にもう一度、自分の意見に立ち返って考えてみることです。

 

先に反対の意見を考えてから、自分の意見を考えてみると

 

先入観と固定概念にとらわれずに、より正しく判断できるのです。

 

ふくカエル

反対意見も知っておくと

ふくネコ

自分の意見の弱いところが見えてきて、

ふくカエル

思い込み、勘違い、先読みがなくなるの。

そうすると、どうなるのかな?

人の上に立つことができる

 

人や物に振り回されないようにできると、「人の上に立てる人」になれます。

 

人や物から振り回されないようにできる能力は、

同時に人や物をコントロールする能力にもなるからです。

 

たとえば、相手から振り回されているフリをして、

逆に相手をコントロールし、自分の考えに誘導することです。

 

ふくネコ

だましたつもりが、だまされてたという感じです。

この能力は、物にについても同じようなことが言えます。

 

物から振り回されないように、逆に物をコントロールします。

 

たとえば、自分にとって、本当に役立ち価値ある物だけを取り入れ、後は、大胆に切り捨てることができるからです。

 

ふくカエル

要らないものは要らない!と言えるから。

いらないもんはいらん!
と言える人もカッコイイno_woman

人の心の奥まで分かるようになる

 

本質を見抜けるようになると、その人の心の奥にある秘密や感情が見えてきます。

 

相手をよく観察してみると、ちょっとしたところに本心が出ていることがあるからです。

 

もちろん、「善意、誠意、好意」も見えますが、できれば隠しておきたいとものも見えてくるのです。

 

  • 見栄
  • もろさ、
  • 弱さ、
  • ドロドロとした感情、
  • 悪意など

振り回されないようになる

 

そして、本質を見抜き理解できるようになると、

 

不可解なことが消滅するので、人や物に振り回されないようになっています。

 

また、こんな風にも考えられます。

 

仮に、友人が故意で約束を破ったとしても、自分が死ぬわけじゃないのです。

 

たしかに傷つくかもしれませんが、相手の理不尽な態度が分かったところで、納得すると気持ちが楽になります。

ふくカエル

そうだよね。仕方がないよね。

と納得できるからです。

 

理解し納得できると、気持ちも落ち着きますし、冷静にもなれます。

 

不可解なことで振り回されることもなくなるのです。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

本質を見抜こうとせず、見せかけに惑わされるので、振り回されるようになります。

 

知恵のある人

 

本質を見抜き、理解できるように自分を磨きます。

 

自分の軸がしっかりと保てるので、人や物に振り回されないようになります。

まとめてみたkerokero

 

  • 自分にかかわるモノや人に振り回されないようにするには、よく観察して正しい判断をすることが大切です。
  • よく観察するためには4つの視点を、正しい判断をするには3つのチェックをすることをお勧めします。
  • モノや人に振り回されない人は、人の心が分かるようになり、常に人の上に立てる人物になれるそうです。

自分の憶測に過ぎないのに、

 

あたかも相手がそう思っているかのように思い込んでしまうことがよくあります。

 

振り回されてる自分を感じることがあります。

 

ここで大事なことは、振り回しているのは、実は相手じゃないことです。

 

自分を振り回している本当の犯人は、自分の憶測です。

 

そもそも、相手をコントロールできません。コントロールすることができるのは自分自身だけです。

 

そう考えると、

 

  • 冷静によく観察して、
  • 自分の憶測が正しいかどうかの判断をすることができます。

大分振り回されることが減ってきます。

ふくカエル

モノや人に振り回されている!って言ってるけど、

ふくネコ

振り回している真犯人は

ふくカエル

自分の妄想だったりするのです。

ふくネコ

自分を冷静に見る目もいるかも?

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。