気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」ツイてない時を知る。

ツイてない時を知る

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第8章 人生について」

「No.234 ツイてない時を知る」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

ツキがないときを知る

何もかもうまくいかないときはある。

二度やってみてだめだったら、そういう日だと思ったほうがいい。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

 

「賢人の知恵」について
その他のテーマはこちらです!

ツイてないとき

 

世の中には2つのタイプの人がいます。

  • いつも何となく適当にやって、うまくいく人
  • いつも必死に努力しても、ダメな人

です。

 

確かにいるんです。

 

あれほど努力してきたのにダメで、あんなに適当にやってきただけなのにうまくいく人がいるです。

 

これはどうして?question_head_gakuzen_boy

バル先生の言葉

 

こんなときに、

バル先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

うむ。

そうなんだ。

いつもうまくいく人間と

いつもしくじる人間がいるんだ。

同じ能力でも

同じ環境でも

同じ条件でも

いるんだ。

もはやこれはツキの問題として

見るしかない。

ツイてないときってどんなとき?

自分の原因でないとき

 

ツイてないときとは、自分の原因ではないときです。

 

自分の原因が結果に作用していないときです。

 

ふくカエル

因果関係がないときです。

 

どうにもならない環境や状況に陥っていってしまったときです。

 

たとえは・・・。

  • 他人の失敗の連鎖を受けた
  • 法律や制度が大きく変わって対象・対象外になった
  • いきなり不景気になった
  • 病気やケガした
  • 不幸が重なった
  • 努力したのにダメだった

 

大きく言えば「運」です。

 

自分以外の原因だと判断できたら、ツイてないときなのです。

これは、自業自得です。
nebou_man

なぜ、ツイてないときを知ったほうがいいのかな?

下手にジタバタしなくてすむから

 

ツキてないときを知ることによって、下手にジタバタしなくてすむからです。

あきらめがつくからです。

 

あきらめとは、断念する意味もありますが、ものごとを明らかにするという意味もあります。

 

「達観」のことです。

 

落ち着くと、将来や全体を見通すことができて動じない心境になれます。

 

ふくカエル

動揺しないのは助かる。

 

みっともない姿をさらさずにすむのね。
それにジタバタしすぎると、
しばしば「破れかぶれ」になっちゃうのね。
これ、本当に要注意なのです。
正気に戻ったとき、すごく恥ずかしいのね。

深刻にならずにすむから

 

それに、ツイてないときを知ることによって、深刻にならずにすむからです。

 

自分をとりまく環境が、「今、一体どうなのか」をしっかりと理解することができるからです。

 

あやまりや失敗などのエラーがこれ以上重ならないことも大きいです。

 

深刻にならずにすみます。

エラーを分析する時間もできるから

 

ツイてないときを知ることによって、自分のエラーを分析する時間もできるからです。

 

ツイてない状況を理解できずにジタバタしたり、深刻になったりして、

 

ムダになるところだった時間を有効利用できるのです。

 

余裕が生まれます。試行錯誤ができます。PDCAです。

「幸福論」仕事選びに困ったら、この基準で選んでみてね。

じゃあ、どうすればいいのかな?

二度やってダメならあきらめる

 

まず、二度やってダメなら、そこでスッパとあきらめます。

 

ふくカエル

三度目の正直を信じてる人は三回でもいいよ!

自分であきらめる限度を決めておきます。

幸先のいい日に始める

 

あきらめたら、同時に再チャレンジを始める日どりを決めます。

 

良い結果を得るためには、日どりをさっさと決めて早く行動にうつした方がいいからです。

 

日どりは、幸先(さいさき)のいい日や縁起のいい日に決めます。

 

ふくカエル

これって重要です。

 

この日どりを決めることは、心理的にも効果があります。

 

日どりをいい加減に決めてしまうと、

後から振り返ったときに、ツイてない原因を

「いい加減に日どりを決めたからに違いない!」

と思い込んでしまうからです。

 

ちゃんと日どりにもこだわっておくと、

 

このような「ひょっとしてツイてないんじゃいか?」という思い込みを払拭できるからです。

 

ふくネコ

ツイてないという決めつけが、結構影響しているもんです。

準備をする

 

さらに、次の成功に向けて準備をします。

 

幸先のいい日を決めるとやるべきことが見えてきます。

 

目標を設定し、計画を立てます。

 

ここで計画を立てることは、次のタイミングを無駄にしないベストな方法なのです。

 

成功する人とは、次のタイミングに乗るまで、

  • どれくらいまで辛抱できるか?を知っている人
  • 辛抱の仕方を知っている人

です。

次のタイミングを無駄にしない

 

そして、次のタイミングまでの期間を無駄にしないように過ごします。ツキがある波まで待つ

伸びしろを意識しておく

 

その間にも、自分の伸びしろを意識しておきます。

 

ゆっくり急ぐ図解

伸びしろとは、将来に発展したり成長したりする余地のことです。

 

この伸びしろですが、正しい努力をしているのならば、

 

全然伸びない日が長ければ長いほど

ある日突然ぽ~んと飛躍的に伸びるときがきます。

 

だから、伸び悩んでるときは「今は、伸びしろ育成期間だ!」と意識してみるのです。

 

意識すると辛抱して我慢する意志力が湧いてきます。

 

やる気スイッチを何度でも押せるのです。

switch_on

ふくカエル

だから辛抱して、ぐっと膝を抱えて力を蓄えてね。

ふくネコ

いずれ、アタマの上の重たい石や蓋が必ずとれるときが来ます。

 

時機が到来したら、思いっきりジャンプしてみてね。

 

ふくカエルも一緒になって、喜ぶケロー!

そうすると、どうなるのかな?

過ごし方を身につけることができる

 

ツイてないときを知ることによって、ツイてないときの過ごし方を身につけることができます。

冷静に判断できる

 

自分の置かれている環境や状況を冷静に判断することができます。

 

ツイていないときの原因は、自分の原因ばかりじゃないことに気づきます。

試行錯誤できる

 

ツイてないことのみを深刻にとらえるのではなく、

 

ツイてないときこそ、次のステップとして考えることができます。

 

試行錯誤の一環として考えることができます。

 

そして、具体的にツイてないときにしかできない過ごし方を追究できます。

ふくカエルのひとりごとkerokero

 

ツイてないときは本当に精神的に凹(へこ)みます。

 

何をやっても裏目に出るからです。

 

隣りに成功者がいると本当に凹(へこ)んで、むしゃくしゃするものです。

 

この時期に注意するのが「魔」です。

akuma_shadow

自暴自棄にならないように注意するのがいいです。

 

凹(へこ)むのもむしゃくしゃするのも、至極まともな反応です。

 

感情自体を否定せず受け入れると楽になります。

 

受け入れたら「人生そんなときもある!」とガッツポーズをとることをお勧めします。

pose_ganbarou_man

世の中の成功者の中には、じっと我慢して耐えて成功した人がいっぱいいます。

 

目立たないのは、あえて自分がした「苦労」を口に出して言っていないだけです。

 

自分の才能を最後まで信じてあげられるのは、紛れもない自分自身です。

 

自分の才能に自負があるのなら、自分を信じて努力しつづけてください。

 

自分の身の周りの環境や状況を冷静に判断することさえ怠らなければ、次のツキを狙えます。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

「ツキがない」ときを知ることができません。

 

下手にジタバタしたり、重なる失敗に凹みます。

ふくカエル

ツキがないときは凹みます。

知恵のある人

 

人生には「ツキのないとき」と「ツキのあるとき」があることを知っています。

 

「ツキのないとき」の過ごし方をすでに心得ています。

ふくネコ

ツキがないときの過ごし方を知っています。

まとめてみたkerokero

 

  • 人生には、「ツキがない」ときがあります。
  • 「ツキのない」ときを知ることは大切です。
  • 「ツキがない」ときの過ごし方を知ることは大切です。

 

人生を過ごしていると、何やってもダメなときが少なからずあります。

 

 

「ツキがない」ときは、早めに気づいて、あきらめて、次のチャンスを待つのがベストです。

 

 

「あきらめが肝心」なときもあります。

 

 

あきらめることは、必ずしも断念することばかりじゃないです。

 

 

「達観」して、動じず、我慢して、じっと息を潜めて、次のタイミングを計るという意味もあります。

 

 

そう考えると、「あきらめが肝心」という言葉が好きになってきませんか?

 

ふふふ。

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。