気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」人の不幸に必要以上に浸らないこと。

賢人の知恵アイキャッチ1

人の不幸に必要以上に浸らないこと

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第1章 人とのかかわりについて」

「No.37 人の不幸に必要以上に浸らないこと」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

人の不幸に同調しない

友人の不幸に浸ってしまわないこと。

人の不運は他の誰かの幸運かもしれず、

その幸運の陰にはたいてい多くの人の不運が隠れているものだ。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

あなたは、どっち?

 

あなたは、自分以外の人が、可哀そうになっているときにどうしますか?

 

まずは、近寄って、慰めてあげます。

 

さて、問題は、そこからです。

 

  • 友人をタンタンとなぐさめるだけにしますか?
  • 友人の不運を一緒になげいて、感情移入して、どっぷり浸かっちゃいますか?

バル先生の言葉

 

実は、バル先生は注意信号を出しています。

 

他人の不幸に遭遇して、悩んでいるときに、

もしもバル先生がとなりにいてくれたら、

こんなことを言ってくれたんじゃないのかなあと思います。

 

人の不幸には、

必要以上に

浸ってしまわないように

するんだ。

 

気づいたほうがいい

事実がある。

世の中は

幸運な人間よりも

不運な人間の方が多い

という事実だ。

 

なぜ、人の不幸にどっぷり浸らないほうが、いいのかな?

幸運の陰には、無数の不運が隠れているから

 

なぜ、人の不幸にどっぷり浸からないほうがいいかというと、

 

実は、成功者やラッキーな人の陰には、失敗した人やツイてない人がごまんといるからです。

 

なにも目の前の友人だけが、超不幸なわけではないのです。

 

ふくカエル

可哀そうなのは確かだけど。

 

試しに石を投げたら、「なんて不運なんだ!」と嘆いている人に当たります。

kids_ishi_nageru

そんなもんです。至る所にいるもんです。

 

ただ不運な人は「不運だ!」と公言していないのです。

 

大騒ぎしていないだけなのです。

 

たいがいの人は、事実に、現実に納得しようと努力しているのです。

 

不幸なのは、目の前の人だけじゃないんだぞということを肝に銘じておいたほうがいいということです。

 

ピラミッドでたとえると・・・。

 

こうなります。

ピラミッドで考えてみると

頂点を極めることができるのは、ほんの一握りの少数です。

 

こう考えると、なんだか「自分だけが超不幸なんだ!」と考えるのが馬鹿らしくなります。

 

ふくカエル

日本規模、世界規模、宇宙規模で考えると、

ふくネコ

ちっさい、ちっさい。

でも、世の中には、本当に不幸な方もいます。

理解できないほどの不幸を背負っている方がいます。

今、現在苦しんでおられる方々を含めて、

すべての人を対象にして、

決して、考えているわけではありません。

もし、不愉快に思えたら、ごめんなさい。お許しください。

ふくカエル

時間の流れにたとえると・・・。

 

こうなります。

時系列で考えみると

今現時点で「これ以上の不幸はない!」なんて思っても、

 

数10年後には、「幸運すぎて」爆笑しているかもしれないのです。

「過去があるから、現在のあたしがいる!」なんて、過去の「不幸」に感謝しているかもしれません。

 

「塞翁が馬」のごとしです。

塞翁が馬とは
塞翁が馬とは、(お城のとりで)に住んでいる、(おじいさん)(の)馬のお話です。

 

STEP.1
馬が逃げたぞ!
 お城のとりでに住んでいたおじいさんの飼っていた馬が、ある日、逃げてしまいました。

みんなで悲しみました。

STEP.2
あっ!馬が戻ってきたぞ!
でも、しばらくして、逃げた馬が、名馬を連れて戻ってきました。

みんなで大喜びしました。

STEP.3
でも、息子が落馬して、大ケガしたぞ!
でも、おじいさんの息子が、喜んで、その名馬に乗っていたところ、落馬して大けがをしました。途方に暮れました。
STEP.4
でも、命拾いしちゃった!
でも、大ケガしてたので、息子は徴兵されず、戦さに行かずにすみ、命拾いしちゃいました。

「でも、でも、」が続くお話です。

 

人の人生は、不運と思っていても、幸運だったり、幸運だと思っていても、不運になったりします。

 

人の吉凶は分からないものです。すべて自分に起こりうることはムダなことがないそうです。

 

ちなみに、ノーベル生理学・医学賞を受賞された山中伸弥先生は、

 

この「塞翁が馬」という言葉を某大学の卒業式で話されてました。

じゃあ、どうすればいいのかな?

同情しても、感情移入しないこと

 

人の不幸に同情するのはいいですが、どっぷり浸って、感情移入しないことです。

 

冷静になったほうがいいのです。

 

冷静になることについて

バル先生は、別のテーマでも触れていますが、

 

人は、不幸のどん底に陥ったときに、2つのタイプに分かれるそうです。

 

  • 1つは、自分以外の人の迷惑にならないようと、自重するタイプ
  • 1つは、自分だけしか見えてなくて、どん底に、一緒に、友人を引きずり入れようと、足を引っ張るタイプ(No.44)

です。

 

目の前の友人が、どのタイプなのかを判断するのもいいかもしれません。

必要以上に好意を与えないこと

 

次に、人の不幸に、必要以上に「好意」を与えないことです。

 

「かわいそうだ!かわいそうだ!」と必要以上に親切にしなくてもいいのです。

 

「運が悪いからかわいそう」なのは確かなのですが、「不幸」になる原因は他にあるかもしれません。

 

その人の思考パターンや行動パターンによるものかもしれないからです。

 

ふくカエル

次も挑戦するなら、応援するよ!

ふくネコ

でOKです。

ふくカエル

あれもこれもと親切心を出しちゃうと。

ふくネコ

相手の再起の出鼻をくじくかもしれません。要注意です。

 

ちなみに、フランダースの犬のラストのように、

極寒の雪の冬空に、外に放り出すような極悪非道をするのは言語道断です。

 

名作「フランダースの犬」を知りたい方は、

フランダースの犬へGO!

そうすると、どうなるのかな?

みんなも挑戦者であることに気づく

 

成功している人はごく少数で、ほとんどの人は挑戦者であることに気づきます。

大らかになる

 

少々の失敗や不運に対して大らかになります。

他人の不幸に対しても神経質にならなくなります。

 

人とのかかわりあいに関する知恵になる

 

人の不幸にどう接したらいいのかを知っていると、人とのかかわりあいにおいて、スマートになります。

 

これは、とても大事な「知恵」です。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

人の不幸に対して、どう接したらいいのが分かりません。

 

必要以上に同情したり、感情移入して振り回されます。

 

知恵のある人

 

人の不幸に対しての接し方を知っています。

 

不運や不幸も長い目でみたら、幸運や幸福の種であることを知っているからです。

最後にモヤモヤしている人が、笑顔になってもらえるように!

 

最後に、今回のテーマでモヤモヤした方が、すこしでも笑顔になってもらえるように、「俺! つしま」というマンガをご紹介します。

 

おじいちゃんの「やさしさ」

人として相手を慈しむ

素晴らしさ

 

つしまくんの「生命を生き抜く力」

がむしゃらに生き抜いていく

素晴らしさ

 

「この両方は、全く否定できない」ことを表現している、絶妙な作品です。

 

もし、あなたが、友人の不運で悩んでいるのでしたら、ヒントになるといいです。

 

目の前にいる不幸な友人を、別の視点から見れる、糸口になるといいです。

 

「俺、つしま」さんを知りたくなったら、

俺、つしまへGO!

 

ほんのちょっぴり、「俺!つしま」の「つしま」そのものになりたいと思う、ふくカエルです。

まとめてみたkerokero

  • 友人の不幸に「どっぷり」と同調しないように気をつけましょう。
  • その人の幸運の裏には別の人の不運が、その人の不運の裏には別の人の幸運があります。
  • このことに気がついて、相手に必要以上の好意を与えようとしないことです。

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。

 

 

フランダースの犬には、よく泣いちゃうふくカエルです。

でも、自分が今まで生きてきた中で、同情される側に立ったとき、ちょっと複雑でした。

そんなに可哀そうだと泣かれても・・・。

これから幸せになるんだから、

「逆効果じゃ!」

って内心思ってました。

なので、安心してください。

他人の不幸に同調する必要なんてないです。

自己満足の同調になるんだったら、しないほうがいいみたい。

むしろ、幸福になったときに倍返しで喜んであげるのが1番いいみたい。

不幸なときは、どちらにも、負担にならない心遣いが、1番ありがたいみたい。

幸福なときは、その分、一緒に大喜びする心遣いが、1番ありがたいみたい。

そう思うふくカエルです。