気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」言葉を算数でコントロールしてみる。

アイキャッチ画像

言葉を算数でコントロールしてみる

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第2章 駆け引きについて」

「No.48 言葉を算数でコントロールしてみる」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

言葉を飼いならす

言葉は飼いならされていない野獣と同じ。

一度解き放すと戻ってこない。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

あなたはどんな言葉を使う?

あなたは、普段どんな「言葉」を使ってますか?

 

ふくカエル

へっ!言葉?

ふくネコ

そうです!言葉です。

 

お恥ずかしいのですが、わたしはブログを始める前まで、あんまり意識していなかったです。

 

その場の雰囲気や感情によって、何気なく「言葉」を使っていました。

 

あなたは、どうですか?

 

バル先生の言葉

 

バル先生は「言葉」について、次のように言っているようです。

 

「言葉」に気をつけろ

「言葉」は

一度言い放つと戻ってこないぞ。

 

「言葉」を言い放つ前に

うまく使いこなせるように

コントロールすることが

肝心だ。

なぜ、コントロールしたほうが、いいのかな?

言葉は生きているから

 

まず、「言葉」は生きているからです。

 

いったん言い放つと戻ってきません。独り歩きをします。

 

ときには、暴れたりするようです。状況を悪化させることがあります。

 

たとえば、何気なくついた「小さな嘘」が、

人と時間を経て「大きな嘘」になって帰ってくることがあります。

これには腰を抜かします。

「身から出た錆」とはいえ、相当ツライものです。

 

ふくカエル

縄跳びの「三重跳び」ができるとウソついて、

ふくカエル

気づいたら「三重跳び10回できる」大ウソになってて、腰抜かしたことあるよ。

pose_koshi_nukeru_kowai_man

撤回できるけど、事実は消せないから

 

次に、撤回はできるけど、事実が消せないからです。

 

言い放った「言葉」は将来に向かって撤回はできるのです。

 

でも、どんなに後悔しても、「言葉」を言い放ったという事実は消すことはできないのです。

 

なので、一生後悔することがないように気をつけて、コントロールしたほうがいいのです。

 

言葉について

eye catching「賢人の知恵」対立している相手との会話で、気をつけることとは?

 

ふくカエル

今の言わなかったことにして欲しい!

ふくネコ

聞いちゃった「言葉」を無しにできないし、傷ついたのも無しにできない。

涙をこらえる女の子

 

人を襲うから

 

さらに、「言葉」は人を襲うからです。

 

不用意に言い放った「言葉」が、ときには他人の心をえぐって、深く傷つけることがあるのです。

 

ときには、「言葉」が人を食べちゃうこともあるんですよ。何年も何年もその人を、傷つけて食べていくのです。

businesswoman4_cry

「言葉」が生む悲劇です。

 

ふくカエル

関西弁で「あほやなあ」という言葉は、愛情表現でもありますが、

ふくネコ

関東で使うと、エライことになります。

 

自分の心理状態をさらすから

 

あとですね、「言葉」を無防備に使うと、自分の心理状態やはずかしい感情をさらしてしまうからです。

 

自分が使う「言葉」で、自分の気持ちが相手にバレてしまうのです。

 

これは、めっぽう恥ずかしいものです。

sekimen_man

 

ふくカエル

やきもちを隠しているつもりでも、

ふくネコ

言葉でバレバレのことよくあるある。

 

  • 怒っている
  • 喜んでいる

ことがバレるのは、まだ許されますが、

  • 嫉妬している
  • 妬んでいる
  • 嫌悪している

ことがバレるのは、恥ずかしいです。

 

バレたくない感情があるのなら、「言葉」をコントロールしたほうがいいです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

言葉をコントロールしてみる

 

「言葉」をコントロールしてみるのです。

 

ふくネコ

具体的方法を考えてみました。

 

言葉をたくさん知ってみる

 

まず、とにかくいっぱいの「言葉」を知ってみることです。

 

「言葉」を使うにしても、そもそも「言葉」を知らなければ、なにも始まりません。

言葉の語彙を増やすことによって、コントロールするベースを作るのです。

 

ふくカエル

たくさん知っていると、いろんな当てはめができるよね。

ふくネコ

いろいろな言い換えもできる。

 

言葉を選んでみる

 

つぎに、自分が実際に使う「言葉」を選んでみることです。

 

自分の今現在の「状況」や「感情」を的確に表現している「言葉」を選ぶようにすることです。

 

「この感情」が出てきたときは「この言葉」を使ってみるようにしていると「言葉」も「感情」もコントロールできるようになっています。

 

ふくカエル

言葉と感情をリンクしておくのです。

ふくネコ

それだけでも、言葉のコントロール達人になれるよ。

 

たとえば、算数として考えてみる!

 

たとえば、「言葉」を算数として考えてみるのがいいです。

 

これは、ふくカエルの思いつきなのですが、結構いいです!

 

お勧めします。うふふ。

 

 

「言葉」の算数として考えてみる方法は、本当にお勧めです。

 

自分に「中身がないなあ」と思ったら「足し算」です。

自分の知っている「言葉」のいろんな意味を知ってみるのです。

 

一つの「言葉」でも、いろんな意味があるものです。それを知ってみるだけでも充実してきます。

 

「うわ~。だめだあ!」と凹んでいるときは、「引き算」です。

挫折している男性

凹んでいるときは、とかくマイナスの「言葉」が浮かんでは消えます。

 

なので、アタマに浮かんだ言葉をひとつひとつ「引き算」していきます。

 

ふくカエル

「だめだ~。もうだめだ」と思ったら、

ふくネコ

「だめだ」という「言葉」を脳みそから、引っぱって削除するのです。

ふくカエル

「言葉」として口から言わないのです。

ふくネコ

ひとつひとつ引き算していくと、そのうち強くなれるよ。

 

「やるぞ!」とやる気満々のときは、「掛け算」です。

yaruki_moeru_businesswoman

やる気をもっとメラメラするために、希望をもつような「言葉」を選んで、自分を鼓舞するのです。

 

「大丈夫!ぜったい波に乗れるぞ!」

 

なんて言葉を自分に浴びせるのです。

 

何度も何度も「掛け算」のようにバシャバシャかけていきます。

 

ちょっと冷静になろう!落ち着きたいときは、「割り算」がお勧めです。

shinpai_man

これは、本当にお勧めです!

 

ちょっと問題にぶち当たったときに、

 

共通になりそうな「言葉」を選んで、問題を分析してみます。

 

  • 「希望、不安」
  • 「失敗、成功」
  • 「過去、現実、未来」
  • 「希望、失望」
  • 「可能、不可能」
  • 「健康、不健康」

などの「言葉」で分類するだけでも、問題が整理できます。

 

ふくカエルは、これを樹形図のようなマップにして問題を整理してます。

 

こんな方法もありだよね!

kjhou_shifuku

 

普段から使い慣れておく

 

最後に、普段から「言葉」を使いこなせるように、慣れておくのがいいです。

 

普段から使っていくと、だんだんとぎこちなさや不自然さがなくなります。

 

逆に、使えば使うほど「言葉の深い意味」も分ってきます。

 

試しに自分にとっては、ちょっとむずかしい言葉でも、使ってみてください。

 

どんな言葉でも、毎日使っていると、ある日突然、嘘みたいに堂々と言っている自分に気がつきます。

osyaberi2

 

ふくカエル

言葉を使い慣れてくると、

ふくネコ

意味も分かってて、スラスラ喋ってる自分に会えるよ。

ふくカエル

なんだか、自信もついているよ。

そうすると、どうなるのかな?

言葉が助けてくれる

 

「言葉」のコントロールすることができると、いろいろな場面で自分を「言葉」が助けてくれます。

 

困ったときに、「いい言葉」が支えてくれます。

 

「いい言葉」から「いい考え」が浮かんでくるので、いろいろな対応することができます。

 

考えが柔軟になり、臨機応変な対応することができるようになるのです。

 

これは、本当にとっさの時に役立ちます。

 

怒りのときも「言葉」が助けてくれます。

 

「言葉」をコントロールすることができるので、「乱暴な言葉」を暴走させずにすむからです。

 

ふくカエル

言葉のアシスタントとボディーガードを雇うことになります。

ふくネコ

自分の「心」を支えて、守ってくれます。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

「言葉」をうまくコントロールできません。

逆に「言葉」にコントロールされています。言葉の猛獣に食べられます。

 

知恵のある人

 

「言葉」をコントロールしようと努力します。言葉の猛獣使いになれます。

まとめてみたkerokero

 

  • 言葉をコントロールしたほうがいいです。
  • 「言葉」は生きています。いったん言い放つと戻ってきません。
  • ときには独り歩きをした「言葉」が状況を悪化させることがあります。
  • 無防備に使うと「感情」をさらすことになります。
  • 「言葉」の意味を理解し、普段から使いこなせるようにすることが重要になってきます。

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。