気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

自分と正反対(対極)な人との出会いは、自分の世界を広げるチャンスだよ

賢人の知恵アイキャッチ1

自分と正反対(対極)な人との出会いは、自分の世界を広げるチャンスだよ

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第1章 人とのかかわりあいについて」

「No.7 自分と正反対(対極)な人との出会いは、

自分の世界を広げるチャンスだよ」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

自分と対極にある人とつきあう

 

見習いたいと思えるような人を手本にしよう。

 

(中略)

 

自分の欠点と対極にある人とつきあうこと。

 

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

思い浮かべて欲しいこと!

 

ちょっと、ここで、皆さんに、思い浮かべて欲しいことがあるのです。

 

あなたの身近な人や、あなたのお友達です。

 

あっ! 好きな人や恋人でもいいですよ。

 

アタマの中に思い浮かべてみてください。

 

思い浮かびました?

 

じゃあ、その人ってどんな人ですか?

 

あなたと似てます?

 

それとも正反対?

 

ここで、バル先生の言葉!

 

「類は友を呼ぶ」というとてもいい言葉があります。同類の中でいるとたしかに安心します。

 

で、ですが、バル先生は、次のように言ってます。

 

自分と正反対(対極)にある人に出会ったら、

つきあってみるのがいい!

目線が変わるぞ!

 

なぜ、あえて正反対(対極)にある人とつきあったほうが、いいのでしょうか?

 

気が重くならないのかしら?

なぜ、正反対の人とつきあったほうが、いいのかな?

 

バル先生は、3つの理由をあげています。

1.世の中には、自分と「正反対の人」が必ずいるから

 

森羅万象しんらばんしょうは対比から成っている。

対比があるから世界は持続し、しかも美しい。

 

森羅万象(しんらばんしょう)ってなにかな?

バルタザール・グラシアン先生は、二元論を唱えています。

二元論とは、2つの異なった原理をたてて、それによって説明する態度・議論です。

この世界を、2つに分けちゃうのです。例えば、

生と死、神と悪魔、創造と破壊、陰と陽、意識と無意識、あげるといろいろあります。

世の中には、自分という人間と正反対(対極)の人が、必ずいるのです。

 

世の中にあるすべてのモノは、正反対(対極)にあるもので構成されているからです。

 

なので、なんでもかんでも、正反対のモノがあるのです。

 

自分とまったく正反対(対極)の人間がいるのは、当然なのです。

 

ちょこっとkerokeoro

この他に、

  • 多元論:この世界は、いろんなものからできている。多様性を認める考え方
  • 一元論:現実は1つの実体からできてる、精神と身体は1つなんだとする考え方

があります。

2.「自分の世界」を美しくするから

 

対比があるから世界は持続し、

しかも美しい。

バル先生は次のように言っているようです。

 

正反対のモノが影響しあうと

どうなると思う?

とても美しい調和が生まれるのだ!

 

どうやら、正反対(対極)にある人とつきあうと、「自分の世界」が美しくなるようです。

 

たしかに反対色はお互いの色を引き立たせる相乗効果があります。

 

同じように、正反対(対極)にある人間同士が影響しあうと、

 

お互いの個性が輝くという相乗効果が期待できるのかもしれないです。

 

ふくカエル

大人しい人と、

ふくネコ

にぎやかな人が、

ふくカエル

一緒にいたら、

ふくネコ

たしかに、お互いの個性が際立ちます。
たしかにそうだよね

明るい色同士(黄色と紺色、赤色と緑色)だと、映えすぎて眼がチカチカしちゃいます。

 

赤色をずっと見つめていると、反対色の緑色が見えたりします。残像といいます。

 

ちなみに、病院で、手術するときスタッフの手術着が薄い緑色なのは、血液の赤色の反対色の緑色を消して、目がチカチカしないようにするためだそうです。

 

牛乳パックが青いのは、青色の反対色の黄色を、残像として、見えさせることで濃厚なクリーム色を連想させるからだそうです。

Wikipedia参照

3.「自分の世界」のバランスがとれるから

 

正反対(対極)の人とつきあうと、バランスがとれるからだそうです。

 

似たもの同士でかたまると、自分の世界も固まってしまい、停滞します。

 

同じ問題や壁にぶつかって、進めなくなってしまうのです。

 

でも、正反対(対極)にいる人間の考えを知ると、

  • 「自分の世界」をかたよったものとせず
  • 刺激を受けて
  • 柔軟性をもった考えを導き
  • 自分の考えに深みを持たせ
  • 広く生きていける

のです。

違った考えを吸収することは、刺激を受けるのです。

この刺激が柔軟性を生み、行き詰った問題や壁を乗り越えるパワーになるのです。

 

「賢人の知恵」意見が対立したときに、気をつけることとは?

 

ふくカエル

大酒のみの人がみる世界と、

ふくネコ

お酒飲めない人が見る世界は、

ふくカエル

全然違うよね

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

 

バル先生は、友人を選ぶ際は、次の3つのことに注意して選ぶようにと言っています。

 

  1. 自分が、見習いたいと思える人を選ぶ
  2. 自分の欠点と正反対(対極)にある人を選ぶ
  3. 常に学びとるようにする

 

1.見習いたいと思える人を選ぶ

 

まずは、見習いたいと思う人を選ぶことです。

 

その人の判断力や態度、ふるまいを見習うことによって、自分自身の判断力などを高めることができるからです。

 

尊敬できる人!」という人を見つけたら、友人になってもらえるように努力するのがいいです。

 

成功したい人における手本の見つけ方について勉強しました。

eye-catch 「賢人の知恵」目標や理想を簡単に設定したい人は、これです。

 

2.自分の欠点と対極にある人を見つけてみる

 

次に、自分の欠点と対極にある人を見つけてみることです。

 

自分の欠点と自分と対極にある人とは、自分に無いものを持っている人のことをいいます。

 

自分に無いものを持っている人の判断力や態度、ふるまいを学ぶことは、欠点をカバーするヒントになるのです。

この穴を埋めてカバーするヒントになるのね。

埋めてカバーする

凹さんは凸さんとつきあうのがいいようです。

 

ふくカエル

怖気づく人は、

ふくネコ

物怖じしない人。

ふくカエル

夢をあきらめた人は、

ふくネコ

夢を追っている人。

3.常に学びとるようにする

 

さらに、その人の判断力や態度、ふるまいを常に学びとるようにします。

 

自分に無いものを学びとることによって、自分の中身が充実していきます。

 

自分と対極にある人の考えを学びとることによって、考え方の幅がひろがってきます。

 

対極知識が広がる図解

賢人の知恵アイキャッチ1 評価されなくて悩んでいる人は、優れた人とつきあうといいよ。

するとどうなるのかな?

疑似体験を通して、知識が広がる

 

人生は1度きりで、あっという間に終わってしまうものだそうです。

 

いろいろなことを経験したくても時間がありません。

 

幾通りの人生を歩むことはできません。

 

青春も、壮年も、1度きりです。

 

なので、いろいろな人と接して、いろいろな経験を疑似体験して、知識を広げるのです。

 

バル先生の言うように、正反対(対極)にある人とつきあうと、

 

自分の思いもよらない疑似体験ができて、人生に深みが増すかもしれません。

知恵のない人、知恵のある人の違い

 

知恵のない人

 

自分と正反対の人とつきあうことに、気が引けたり、臆します。

 

いろんな価値観に接することで、自分の世界が広がることに気づきません。

 

知恵のある人

 

自分と正反対の人とつきあうことに、臆しません。

 

真逆の価値観に接して、尊敬できるのであれば、手本にします。

 

ふくカエル

知恵のない人。

ふくネコ

凸凸コンビ。凹凹コンビです。

ふくカエル

知恵のある人。

ふくネコ

凸凸コンビ、凹凹コンビ、凸凹コンビもいます。

まとめてみたkerokero

 

  • 自分と正反対(対極)にある人とつきあうことに躊躇しては損です。
  • 自分の欠点と正反対(対極)にある人つきあうことで、正反対のいろいろな価値観に出会えます。
  • 価値観が尊敬できるものであれば、積極的に手本にして取り入れるのがお勧めです。
  • 人間味が増します。

ふくネコ

最後まで読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』(Discover)によりました。