気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

【food】「除去食」って知ってますか?

eyecatch

【food】「除去食」って知ってますか?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

eye-catch.neko

前回はこんな話!

 

前回は猫ちゃんのアレルギーについて調べてみました。

eyecatch【cat care】猫ちゃんのために気をつけたほうがいいこと。

 

よくよく考えてみると、人間にあるのだから動物にもあるのが普通です。

ふくカエル

う~む。どうして今まで気づかなかったのか!

でもです。猫ちゃんは福祉がないです。

 

保険がないので、アレルギー検査がそのままの値段になってしまいます。

 

高額すぎるので頭を抱えてしまいます。

 

なのでいい方法が
ないのかなあ?darui_woman

ありましたよ~!

ありました。

除去食です。

除去食(じょきょしょく)ってなにかな?

タンパク質をアミノ酸まで分解したフード!

 

除去食とは、タンパク質の代わりにアミノ酸が使われているフードです。

 

タンパク質をアミノ酸まで分解しているフードなのです。

 

実は、お肉や卵などタンパク質は、たくさんのアミノ酸がつながってできています。

 

こんな感じです。protein

生物は、このアミノ酸がつながったタンパク質をいろいろな消化酵素でアミノ酸に分解して吸収するのです。

amino

【出典:ROYAL CANIN®】

なぜ、アミノ酸まで分解してるの?

 

タンパク質をアミノ酸に分解している理由は、

アミノ酸まで細かく分解すると、アレルギー抗体(IgE)が反応しなくなるからです。

 

タンパク質がアレルギーの原因(以下、アレルゲンと言いますね)である場合、体内にタンパク質が入ってくると、

 

アレルギー抗体(IgE)が反応してアレルギー反応が起こっちゃいます。

IgE3

でもです。

タンパク質をアミノ酸まで分化すると、細かすぎてアレルギー抗体(IgE)に引っかからないのです。

IgE5

ふくネコ

アレルギー抗体(IgE)が反応しないのです!

 

このように除去食とは、

 

タンパク質をアレルギー抗体(IgE)が反応しないように、

 

細かくアミノ酸にまで分解して、

 

食物アレルゲン(アレルギーの原因)を除去したフードなのです。

じゃあ、除去食の目的って何かな?

アレルゲンを大まかに特定できちゃうの!

 

除去食の目的は、アレルゲンが何なのかを大まかに特定するためです。

 

アレルギー反応が出ているけれでも、何がアレルゲンなのかが分からないときに、

除去食を使って、

  • タンパク質によるアレルゲン(食物アレルゲン)であるのか
  • それ以外のアレルゲン(環境アレルゲン)であるのか

を特定するためなのです。

どうやって、特定するの?

消去法で特定してみます!

 

jokyoshoku

 

消去法で特定していきます。

消去法とは?

複数の選択肢から正答を選ぶ際に、

誤りの選択肢から排除していき、

最終的に残った選択肢を正答だとする解き方のテクニックです。

 

アレルギーの症状が出ている猫ちゃんに除去食だけを与えてみます。

pet_cat_boroboro

タンパク質を一切断って、食物アレルゲンが体内に入ってこないようにしてみるのです。

アレルギー症状が治れば・・・

ぼく、治ったねん!neko_sabatora

もし、除去食でアレルギーの症状が直れば、タンパク質がアレルゲンであることが分かります。

jokyoshoku3

つまり、植物アレルゲンであることがほぼ特定されることになります。

 

アレルギー症状が治らなければ・・・

ぼく、ボロボロやねん!pet_cat_boroboro

もし、アレルギー症状が直なければ、タンパク質以外のアレルゲンであることが分かります。

jokyoshoku2

つまり、環境アレルゲンであることがほぼ特定されるのです。

じゃあ、具体的には、どうするのかな?

まずは、獣医さんの指導の下でしてね。

 

まずは、アレルギー症状に詳しい獣医さんの指導の下にすることは大切です。

 

ひょっとしたらアレルギー以外の病気である場合もあるからです。

 

安易な気持ちで試して、大事な猫ちゃんを苦しませる結果になるのは避けないといけません。

具体的にはこうする!

 

STEP.1
まず、感染症の検査と治療
除去食を行う前に、皮膚が赤くなったり、かゆがっている原因を検査します。

寄生虫、細菌、カビなどが疑われるからです。

獣医さんの下で、駆除薬、抗菌薬、シャンプーなどで治療を行います。

STEP.2
除去食をスタートする
獣医師指定の専用の除去食のみ与えて、しばらく様子を見ます。

  • 皮膚症状のときは、6~8週間
  • 下痢やおう吐のときは、2週間

この時期はおやつ、その他のフードを一切与えてはいけません。

STEP.3
除去食維持!
アレルギー症状が直れば、何らかのタンパク質がアレルゲンだと特定できるので、この除去食などを継続します。
STEP.4
別の治療をする!
症状が緩和されなかった場合は、環境アレルゲン(ダニ・ノミ・植物の花粉)と考えられるので、別の治療をします。

 

  • 症状が直った場合は、食物アレルゲンの可能性あり
  • 症状が変わらなかった場合は、環境アレルゲンの可能性あり
  • 症状が少し緩和された場合は、食事アレルゲンの可能性と他の原因

 

【出典:Royalcanin Japon】

除去食

 

アマゾンさんでは犬用の除去食はありましたが、猫用はなかったです。

 

ROYAL CANIN®さんのリンクを貼っておきます。

アミノペプチドフォーミュラドライ 

 

ロイヤルカナンさんの
全国のショップリスト

まとめてみたkerokero

 

  • 除去食について調べてみました。
  • 除去食はタンパク質をアミノ酸まで分解したフードです。
  • そして、アレルゲンをほぼ特定できるありがたいフードです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。