気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

1個しか作れないWindowsの再セットアップメディアについて

アイキャッチ画像12

再セットアップメディアについて

こんにちは。ふくカエルです。
今日は、再セットアップメディアについてお知らせします。PC購入時のセットアップ時に、しかも1個しか作成できないので注意が必要です。

実は、私自身は知りませんでした。あやうく作成し損なうところでした。

再セットアップってなに?

Windowsが頻繁にエラーが出たり、フリーズしたり、動作がとっても遅くなりしたときに、パソコンを『購入時の状態』や『初期状態』に戻すことです。『購入時の状態』に戻す場合と『初期状態』に戻す場合では、使うメディアがちがうので注意が必要です。

購入時の状態』とは

工場から直送されたときの状態です。
今回はこの状態に戻すために必要なメディアの作成になります。

初期状態』とは

購入時の状態ではありません。工場から発送されてWindowsの更新プログラムがインストールされた最新の状態です。
この状態にもどすものは回復ドライブといいます。今回の再セットアップメディアとは別のものになります。

再セットアップの必要性について

パソコンを初期状態に戻すには、ハードディスク内にある専用のデーターによってすることもできます。しかし、Windows自体が全く起動しないときなど、その専用のデーター自体が使えないときにとっても必要になります。

万が一の場合に備えて、パソコンが正常に起動するときに再セットアップメディアを作成する必要性があるのです。

パニックにならなくてすむのはうれしい。

ふくカエル

準備するもの

USBメモリ

USBメモリー  32Gバイト

デイスク

DVD-R  4.7Gバイト
2層デイスクの場合 8.5Gバイト

デイスク

BD-R  25Gバイト
2層デイスクの場合 50Gバイト

注意
以下ものは使用できません。
CD-R、DVD+R、CD-RW、DVD-RW、DVD+RW、DVD-RAM、BD-RE 、BD-R XL 、BD-RE XL

様々な種類があるので、ちゃんと対応しているものを選びましょう。

ふくカエル

作成前にすること

作成前にすること
    • スクリーンセーバーが起動できないようにする。
    • 省電力機能が動作こんしないようにする。
    • 起動中のアプリをすべて終了する。
    • Wi-Fiの接続をオフにしておく(コントロールパネルからネットワークと共有センターをクリックして、Wi-Fiを無効にする)
    • インターネットにLANケーブルで接続している場合には、ケーブルを取り外しておく。
    • メモリ、プリンター、スキャナなどの周辺機器をすべてとりはずしておく。
    • 電源が絶対に切れない状態を確認しておく。

作成方法

作成方法
    1. パソコン本体にACアダプターを接続する。
    2. 検索から「再セットアップメディア作成ツール」の「アプリ起動」をクリックする。
    3. 使用するDVD-R、CD-R、USBメモリに応じて、メディアの種類を選び、「次へ」をクリックする。
    4. 用意したディスクをセットする。
    5. 「作成開始」をクリックする。
    6. 「作成完了」のメッセージが表示されたら、クリックする。
    7. それぞれのメディアを取り外す。
    8. 停止していたスクリーンセーバー、省電力機能、アプリを起動し直す。
作成は簡単なの。作成ツールのアプリをみつけたらOK。

ふくカエル

所要時間
ディスクの場合は2~3時間程度
USBの場合は20分~30分程度

作成後に注意すること

作成した再セットアップメディアは、1個しか作成できないので、紛失・破損しないように大切に保管するようにしてください。

再セットアップメディアを使わないことに越したことはないのですが、いざパソコンが壊れて動かくなくなった時に困るのは必須です。
再セットアップができない場合、修理代などで大きな出費を招くことになります。
また、逆に、ハードディスク内のデーターを残したくない場合に、消去することにも利用できます。
私は心配性なので、もし、作成してなかったら、結構イジイジしていたかもしれません。

次回、回復ドライブについてもまとめたいと思っています。
よろしければ、参考にしてみてください。

[kanrenc id=”296″]