気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

Windowsの回復ドライブについて

アイキャッチ画像12

回復ドライブについて

こんにちは。ふくカエルです。

今回は、再セットアップディスクの記事のときに、あわせてお知らせした「回復ドライブ」についてお知らせします。

[kanrenc id=”181″]

 

回復ドライブってなに?

 

USBメモリの画像

パソコンに不具合が生じたときに、パソコンを『初期状態』にもどすことができることができるUSBメモリです。

『購入時の状態』と『初期状態』のちがいについては、こちらを参考にしてみてください。

回復ドライブの必要性について

パソコンに不具合が生じたときは、通常であればハードディスク内にある専用のデーターによって修復します。

専用のデーターがあるんだったら別に作らなくても、いいんじゃないのとちがう?

ふくカエル

ふくネコ

そうなんだけど~ その専用データーが壊れてしまったときに、重宝するの。これ大事。

パソコンのハードデイスク内にある修復専用のデーターが破損してしまったときに、「回復ドライブ」があればパソコンを『初期状態』もどすことができるので、とっても必要なのです。

回復ドライブと再セットアップメディアの違いについて

よく似ているので、わからなくなりますが、微妙にちがいます。

再セットアップメディア回復ドライブ
媒体USBメモリ、DVD-R、BD-R
USBメモリ以外でも作れる。
USBメモリのみ
作成回数1回限り何度でも作成できる
回復ドライブは何個でも作れるの。失くしてもまた作れる。

ふくカエル

 

準備するもの

準備すること
  • USBメモリーを用意する。
  • USBメモリの必要な容量は、「回復ドライブの作成」画面に表示されるので、あらかじめ見ておきましょう。
  1. 「コントロールパネル」を開く
  2. 「システムとセキュリティ」をクリック。
  3. 「セキュリティとメンテナンス」をクリック。
  4. 「回復」をクリック。
  5. 「回復ドライブの作成」をクリック。
  • 分割してメモリーすることはできなので1個用意してください。
  • また、USBメモリの中のデータは削除されてしまうので注意が必要です。

作成前にすること

作成前にすること
  • スクリーンセーバーが起動できないようにする.
  • 省電力機能が動作しないようにする。
  • 起動中のアプリをすべて終了する。
  • Wi-Fiの接続をオフにしておく(コントロールパネルからネットワークと共有センターをクリックして、Wi-Fiを無効にする)
  • インターネットにLANケーブルで接続している場合には、ケーブルを取り外しておく。
  • メモリ、プリンター、スキャナなどの周辺機器をすべてとりはずしておく。
  • 電源が絶対に切れない状態を確認しておく。

作成方法

作成方法
  1. 「コントロールパネル」を開く
  2. 「システムとセキュリティ」をクリック。
  3. 「セキュリティとメンテナンス」をクリック。
  4. 「回復」をクリック。
  5. 「回復ドライブの作成」をクリック。
  6. 「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックが入っていることを確認する。
  7. 「次へ」をクリックする。
  8. 「USB フラッシュドライブの接続」と表示されたら、USBメモリーをパソコンにセットする。
  9. 「USB フラッシュ ドライブの選択」と表示されたら、セットしたUSBメモリであることを確認して、「次へ」をクリック。
  10. 「回復ドライブの作成」と表示されたら、内容を確認して、「作成」をクリック。
  11. 「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら、「完了」をクリック。
  12. 作成完了。USBメモリを外す。
  13. 停止していたスクリーンセーバー、省電力機能、アプリを起動し直す。
所要時間

1~2時間程度

作成後に注意すること

作成した回復ドライブは、大切に保管するようにしてください。
私は、再セットアップメディアと回復ドライブを一緒にしています。
ちょっとめんどくさいですけど、いざという時に頼りになります。
「えい!やあ!」とやってしまいましょう。
作成するのはパソコンなのですが・・・・。