気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」堂々と退場してみる。

退場するときに気をつけること

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第8章 人生について」

「No.237 退場するときに気をつけること」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

堂々と退場する

役者は誰でも登場したときに拍手で迎えられるが、

満場の拍手喝采の中で退場できるのは優れた演技を見せた者だけである。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

 

「賢人の知恵」について
その他のテーマはこちらです!

自分が退場すること

 

自分がどのように退場するのかを考えている人って少ないと思います。

 

最初の登場のときの自己紹介は、ドキドキしてあれこれ考えます。

 

でも、退場するときの自分の態度なんて考えたことがないのです。

 

ってか、そんなに大事なのか?
って思っちゃう!kafun_bottoshiteru_woman

バル先生の言葉

 

こんなときに、

 

バル先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

堂々と退場することを

考えないとアカンよ。

登場よりも大事やねん。

観客は

登場の印象よりも

退場の印象のほうが

記憶に残るねん。

しょぼく退場すると

そればっかりが記憶に残って

どんなに演技がよくても

台無しにするねん。

うむ。

 

ウケ狙いの関西育ちなので、登場の大事さは、幼い頃から肌で感じてましたけど、

 

退場の意味を、そう言えば軽視してました。

退場するときに気をつけることは、これ!

 

退場するときに気をつけることとは、これです!

堂々とすること!

syukatsu_jiko_appeal_woman

なぜ、堂々としたほうがいいのかな?

退場は、登場よりも重要だから

 

なんと言っても退場は登場よりも重要だからです。

 

その後の自分の評価が決まるからです。

威風堂々で登場した人ほど・・・

 

経験から仮説を立てると、

 

派手に登場してきた人ほど、退場するときにみじめなことが多いです。

 

たしかに、ドラマでも舞台でも前振り宣伝がすごすぎるとワクワクして期待します。

 

でも、たいがいつまらないことが多いです。

 

ふくカエル

期待させすぎなんじゃない?と思っちゃう

 

見ていて次第につまらないことが分かってくると・・・、

 

「なんだかなあ」とあくびが出ちゃったりして、最後まで見ることがないです。

 

舞台なら、不本意にも寝ちゃったりします。

pose_inemuri_woman

でもです。最後まで見ないのはかわいそうで忍びないです。

ふくカエル

ってか、それはお前さんのブログだよ!分かってんのか!

ふくネコ

しくしく。

たとえば・・・、漫才

 

たとえば、漫才です。

 

芸人さんが派手に登場したときは、ワクワクして拍手して迎えます。

kirakira_man

本当にネタが面白くてお腹を抱えて笑ったときは、拍手で退場を見送ります。

 

たとえ、劇場でなく映像で見ていたとしても、にこにこ笑顔になっています。

 

でも、ネタが面白くないときは本当に残酷になります。

 

しょぼさ満開で白けているので、拍手すら忘れていることがあります。

 

心優しい人は、非常に気まずくなります。

ふくネコ

だから、しょぼいのは、お前さんのことだよ。

ふくカエル

・・・・うん。

じゃあ、堂々とするにはどうすればいいのかな?

退場した後の印象を大事にしてみる

最終幕後に残る印象こそがめざすべきもの。

堂々と退場を飾るには、

 

退場した後に残る「自分の印象」を念頭においてみます。

 

そして、どんな風に退場したら、

 

人々の記憶に「強い印象」として残るのかをまず考えます。

なんだか、
何も考えずに
退場することが、
非常にもったいないことに
気づいちゃったよ!

アンコールの声が湧くようにしてみる

もしアンコールの声が湧いたら、それこそ実に素晴らしい、願ってもない結末だ。

具体的には、幕引き後にアンコールの声が湧くようにしてみます。

 

ふくカエル

アンコールは、

ふくネコ

感動をカタチにしたものだからね。

 

アンコールをもらうためには、優れた演技になるように一生懸命に演じます。

 

できれば、観客に「もう一度あの人の演技を見たい!」と思わせるような演技を心がけます。

 

そして、極めつけが、どんな状況でも堂々と立派に退場することができるようにしておきます。

 

あらかじめ退場のパターンをいくつか考えておくのがいいです。

 

ちなみに、ふくカエルは自分の退場を、ダンディ坂野さんの「ゲッツ!」の決めゼリフで演出しています。

見てみたい?pose_kiri_woman

ところで、ダンディ坂野さんって、知ってますか?

 

コマーシャルによく出ていた人です。

 

黄色いスーツがトレードマークです。

退場を大事にすると、どうなるのかな?

華やかになる

 

堂々と退場することをいつも意識していると、退場そのものが華やかで印象深いものになります。

 

退場が印象深いものは、人々に「もう一度見たい」と思わせる余韻をあたえます。

人生の引退にも応用できる

 

堂々と退場することは、「人生の引退」を考える場合にも応用できます。

 

堂々と「人生の引退」をすることができると、人々の印象に強く残り、惜しまれます。

 

惜しまれて引退するのは、願ってもない結末なのかもしれません。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

登場ばかりに気をつかい、退場の重要性にまで気が回っていない人が多いです。

 

ふくカエル

派手な登場ばかりを考える。

知恵のある人

 

登場も退場にもすべてに気を配ります。

 

退場の後の印象が、これから先を照らす重要なモノであることに気づいているからです。

ふくネコ

退場を慎重に考える。

まとめてみたkerokero

 

  • 堂々と退場することは、登場よりも重要です。
  • 幕引き後に残る印象が大事です。
  • 退場してもアンコールの声が湧くのがいいのです。

 

幼いころに、伯母から

 

人と出会いは、楽しいことばかりじゃないよ。

 

その人との別れの時も、同時に手にすることになるからね。

 

いずれ、別れるときもあることを考えなさいね。

 

と言われました。

 

 

その時には、

 

友達になった人と、どうして別れないとあかんの?

 

と思っていましたが、

 

 

今なら分かります。

 

 

たしかに、「出会い」には「別れ」がついてまわります。

 

 

別れも「小さな退場」です。

 

 

いい出会いだったなあ。

 

と思えるように、また、思ってもらえるように、

 

 

お互いの「アンコール」の声を聞けるように「小さな退場」をいつも念頭において、大切に暮らすことはいい事だと思います。

 

 

伯母は、

別れるときこそ、笑顔でなさい。そのための準備をしなさい。

と言っていたのだと思います。

 

 

いずれ来る別れのときに、「笑顔で、さよなら」が言えるように、

 

 

日々のお付き合いを大事にしていきたいです。

 

 

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。