気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

シリーズ 人体 特別版~神秘の巨大ネットワーク(1)腎臓

19

シリーズ 人体  特別版~神秘の巨大ネットワーク(1)腎臓

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

ご紹介する番組はこれです!

HNKドキュメンタリ-

 

シリーズ 人体 

 

特別版~神秘の巨大ネットワーク(1)

 

腎臓が寿命を決める

2018年11月10日(土)放送分です。

 

HNKオンデマンドはこちら!

こんな方にお勧めです

身体の仕組みに興味のある人

 

日々の暮らしの中で、自分の身体の仕組みに興味がある人に是非ともお勧めしたい番組です。

 

これを見ると毎日普通に行っていることが、意味あることに変わります。

 

また、子供に排尿の大切さを教えるための予備知識としては、抜群の番組内容です。

 

下手に専門書を開くよりも、一回見ればインパクトが相当あるのですぐに頭の中に記憶されること間違いなしです。

なんと言ってもここが見どころ!

素晴らしい映像

顕微鏡撮影の達人 古賀大輔 准教授 旭川医科大学

 

生体撮影の天才 西村 智 教授 自治医科大学

 

医学CGスペシャリスト クラウス・エンゲル博士

お知らせしたい見どころは、

なんと言っても上記の先生たちによるミクロの体内映像やフル4KCG(コンピューター・グラフィック)を駆使した素晴らしい映像です。

 

ふくカエル

鳥肌もんです。

旭川医科大学の「腎臓の断面図」や3D電子顕微鏡映像の「糸球体」の映像が感動的です。

ここだけは見て欲しい!

 

とくに腎臓の複雑で精巧な仕組みや働きを分かりやすく説明したところは見逃せません。

ふくカエル

ここがイチオシです!ここだけでも見て欲しいです!

 

STEP.1
糸球体の中
血管の壁が穴だらけになってきて、赤血球のような大きなものは通らずに、小さな老廃物が穴を通る様子が描かれています。
STEP.2
老廃物がろ過される様子
老廃物が圧力の加減で外に流れる様子が描かれています(これが分かりやすい!)。
STEP.3
原尿ができる
血液から老廃物がこしだされ、原尿ができる様子が描かれています(見ごたえがあります)。
STEP.4
尿細管
ろ過された老廃物の中には、大切な血液成分がかなり含まれているので成分調整をします(腎臓が血液を絶妙に調整している映像が素晴らしい)。
STEP.5
微絨毛(びじゅもう)
身体に必要な成分だけを選びとり、血液に戻す作業が描かれています。(ポンプをイメージした映像が可愛くてわかりやすい!)。

吸収する成分をポンプごとに分けて説明していることがすごく分かりやすいです。

 

ふくカエル

もう、ここの映像を見るだけでもいいです。

ふくネコ

どれだけの時間を要したのだろうか?と考えるとワクワクします。

内容をちょっぴりご紹介するよ!

腎臓は一日180リットルの尿をつくる

 

まず、腎臓は、腰の少し上にある握りこぶし1個分の小さな臓器です。

 

一日1リットルから2リットルの尿を排出しますが、

ふくカエル

尿として身体の外に出るのはたったの1%です。

驚くべきことは、実際には一日に180リットルの尿を作っていることです。

ふくネコ

あとの99%は身体に再吸収されているのです(血液にもどされています)のが驚きです。

【見どころ①】

ふくカエル

180リットルってぴん!ときませんが、

ふくネコ

番組では実際に180リットルの水槽でもって表現してます!

全身の酸素濃度を調整する腎臓

 

腎臓は身体が酸欠状態になると、あるメッセージ物質を出して骨に指令を出して全身の酸素濃度を調整しています。

 

【見どころ②】

標高1200メートルという酸素が薄い高地でトレーニングをしている水泳選手を例にあげてます。

STEP.1
酸欠状態になる!
高原地帯では酸素が薄いので、トレーニングをすると直ぐに酸欠状態になります。
STEP.2
腎臓が反応する!
でもです。酸欠状態になると腎臓が反応します。
STEP.3
メッセージ物質を出す
腎臓はエポ(EPO)というメッセージ物質を出して酸欠状態であることを伝達します。
STEP.4
骨にメッセージ物質を伝える
腎臓はエポ(EPO)というメッセージ物質を血液の流れに乗せて骨の中に伝えます。
STEP.5
赤血球の増産始まる
メッセージ物質が骨に伝わると、酸素を運ぶ赤血球の増産が始まります。
STEP.6
酸素量を増やす
赤血球を増やすことで体内の酸素量を増やします。
STEP.7
全身の酸素濃度を調整する
体内の酸素量を調整します。

情報のネットワーク

 

以前では、脳がその他いろいろな臓器の司令塔となってあらゆるメッセージを各臓器に出していると考えられていましたが、

 

実際にはあらゆる臓器同士が直接情報をやり取りしていることをわかりやすく解説してくれています。

 

これは、人体 特別版~神秘の巨大ネットワークすべてに通じる大きなテーマになります。

 

ここは考え方が変わります。

臓器同士がネットワークを作る

  • 心臓
  • 生殖
  • 腎臓
  • 脂肪
  • 膵臓
  • 肝臓
  • 筋肉

腎臓が寿命を決める

 

そして、腎臓が寿命を決める謎です。

 

血液中にある一つの成分が寿命に深く関わっているが分かってきているそうです。

 

それは、リンです!

この成分は人間が生きていくために欠かせない成分です。

 

ふくカエル

肉や豆に含まれている栄養素です。

 

多くても少なくてもいけません。正常値があります。

 

ただ多すぎると老化が加速してしまうのです。

 

腎臓は血液の老廃物をろ過し、血液以外のさまざまな成分の調整をしています。

 

この腎臓の構造(リンのポンプを停止し、リンが体内に入ってくるのを阻止する)をつかって、

リンが増えるのをやめば長生きできることになります。

 

そのためにも腎臓を大切にしなければなりません。

腎臓を大切にする方法

 

腎臓を大切にする方法については、

  1. 腎臓を守るには?以外ない対策で劇的効果!
  2. 腎臓とクスリの関係

として詳しく説明しています。気になる方はご覧ください!

 

HNKオンデマンドはこちら!

その他にもこんな内容があります!

今回お知らせできていないその他の番組内容があります。

  1. 腎臓は血液の管理者
  2. 腎臓と高血圧の関係
  3. 肝臓と人間にとって必要な成分との関係
  4. 腎臓を守るには?以外な対策で劇的効果!
  5. 腎臓とクスリの関係

どれもなるほどなあと思う内容ばかりです。

まとめてみたkerokero

 

  • シリーズ 人体 特別版~神秘巨大ネットワーク(1)腎臓が寿命を決めるについて書評してみました。

 

 

この番組の評価
分かりやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
デザインの美しさ
(5.0)
オンデマンドの値段
(2.0)
コレクション性
(4.0)
総合評価
(3.5)

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。