気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

脳の仕組みについて

19

脳の仕組みについて

ふくカエルのプロフィール画像

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

今回は、「脳」について勉強していきます。お付き合いのほどよろしくお願いします。

脳の構造

脳は、体の一番上にあります。それは皆さんご存知です。神経細胞が1000億個あります。メッセージ物質は数10個から100個あります。

 

脳の柔軟性は、この神経細胞とメッセージ物質の無限の組み合わせができることから、生まれてきます。

0.2秒の世界

人間が、他人を視覚でとらえて、認識するまでにかかる時間は、たったの0.2秒しかかかりません。

 

たったの0.2秒です。

  1. 目から入った情報は、視覚野へ伝達されます。ここで輪郭を把握します。
  2. 側頭部へ伝達され、誰なのか見分けます
  3. 前頭前野に伝達され、その人に対してもつ感情を、大脳皮質にある記憶から引き出します。

 

ざっと説明するだけで、こんなにルートがあるのに、たった0.2秒でやってしまうのです。脳はすごいネットワークです。脳の神経細胞に電気信号が伝わる速さは1万分の1秒と言われています。

「賢人の知恵」【知性】悪意ある人を避けたいときに、注意すること。

ひらめきについて

ひらめいた時の脳の状態

ひらめいた瞬間は、記憶が散らばっている大脳皮質に向かって、経細胞に電気信号が、ぴかっ!と走るそうです。

 

何でもない時に、よくひらめくことがありますが、このひらめいた時の脳の状態は、70%くらい動いている状態だそうです。

 

これを、デフォルト・モード・ネットワークといいます。デフォルト・モードとは、何もしていない状態のことをさします。

 

不思議なのですが、集中して、学習している時よりも、ぼおーとしている時の方が、脳は動いているのです。

ひらめく脳を作り出すには

朝起きたときとか、散歩、お風呂、瞑想など、何も考えていない状態、意識的に何も考えない状態の時に、このデフォルト・モード・ネットワークの状態になるそうです。

 

ひらめく脳を手に入れるためには、意識的に何も考えない状態を作ることです。

 

散歩などは、視覚や聴覚からくる情報以外、何も考えない状態を作れることが出来ます。

 

散歩はひらめく脳を手に入れるためには、もってこいのアイテムです。

賢人の知恵アイキャッチ1「賢人の知恵」生きづらい人生を軽くする方法。

記憶力を高める方法

ひらめく脳を作り出すためには、その素養となる記憶を、大脳皮質にたくさん蓄えなければなりません。

 

最近の研究で、記憶を高めるのは記憶物質があるのではなく、海馬の中の無数の回路が記憶力を高めることが分かってきました。

海馬の歯状回

そのために記憶力をよくする方法は、海馬の中にある歯状回の細胞を新しくすることです。

 

この細胞は、歯のような構造になっていることから名前をつけられています。最近の研究で、

 

膵臓からでるインスリンと筋肉から出るカテプシンBが、歯状回の新しい細胞を増やすことが分かってきました。

 

90歳まで、人間の脳は、新しい細胞を増えることも分かってきています。

よろしかったら、どうぞ。

eye-catch「賢人の知恵」激情にかられたときに失敗しない8つの方法 eye-catch「賢人の知恵」人生の障害物に困っているときに、するといいこと。 eye-catch「賢人の知恵」心の声って大事だよ。心の声をくみ取る方法。

まとめてみました

  • 脳の仕組み
  • ひらめき
  • 記憶力を高める方法

 

についてまとめてみました。

 

以上のネタばらしは、人体神秘の巨大ネットワーク(NHKスペシャル)からの抜粋です。

てへぺろ女の子

 

最後までお付き合い下さいましてありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。