気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」困難があるから面白くなる。

eye-catch

困難があるから面白くなる

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第4章 行動について」

「No.108 障害に闘志を燃やす」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

障害に闘志を燃やす

困難にこそおもしろみがある。だから、人生の途上に障害があるたびに血が騒ぎ、やる気が燃え上がるのである。

アラン先生「幸福論」より引用

困難や障害はツライ!

 

日々暮らしていると、何かしらうまくいかなくて

ああっ!もういやだ~!hair_nukege_stress

ってことがないですか?

  • どうして、こんなときに邪魔が入るんだろう?
  • どうして、熱が出ちゃったんだろう?
  • なんで、ここ一番で失敗するのだろう?

ってなときは、ズドーンと落ち込じゃうのです。

 

困難や障害というものは、総じてぜんぜん楽しくないです!

 

本当にツライものです。

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

と、いろいろと想像してみました。

 

困難はつらいよな。

たしかにつらい。

 

でもな、

「つらさ」と「面白い」は、

同居できるねん。

 

「つらさ」が、

勝利を成功を

味あるものにさせるねん。

 

これは、大人になると分かる

「苦味」と「うまみ」が

同居すると

美味しいと思うのと

似てるねん。

 

「苦味」が、

絶妙に美味しくさせるねん。

sazae_kaiサザエの肝は苦いけど、美味しいねん。

困難や障害にぶち当たったら、

闘志を燃やさなあかんで。

これは人生を面白くさせる

ものになるねんで。

なぜ、困難や障害が面白くなるのかな?

血が騒ぐから

yaruki_moeru_businesswoman

なんと言っても血が騒ぐからです。

 

気持ちが興奮して、じっとしていられなくなるのです。

 

困難や障害に出会うと「なんとかしなくちゃ!」と闘志が湧くことがあるのです。

 

ふくカエル

ゲームで困難な場面を攻略すると、

ふくネコ

次から次からと続きをやりたくなるのに似てるねん。

 

そして、一度でも勝利や成功体験があると、

 

更なる困難や障害にやる気や闘志が出て燃え上がります。

ゲームの攻略本やゲームの実況YouTubeが人気なのも、

プレイヤーの人達がどうやって「いろいろな仕掛け」を攻略していくのかに、

ワクワク、ドキドキと血が騒いで、

みんな興奮してしまうからだと思います。

独特の喜びを得ることができるから

 

次に、

困難や障害を克服するたびに、独特の喜びを得ることができるからです。

 

たとえば、

  • 達成感
  • 充実感
  • 幸福感

などです。

 

ふくカエル

これは、人生を豊かにするものやねん。

得がたい価値を得ることができるから

 

それに、困難や障害によって簡単に手に入らないものには、

 

それだけの得がたい価値があるからです。

 

ここでの価値とは、

  • 名誉
  • 名声
  • 評判
  • 誉れ

といったものです。

ふくネコ

みんなからの憧れの対象になることやねん。

 

たとえば、オリンピックの金メダルです。

undoukai_ittouwhite

能力ある者なら誰もが、オリンピックの金メダルを欲しがるのは、

 

簡単に手に入らないものだからです。

 

簡単に手に入らないものだからこそ、日々の苦しい練習を積み重ねることができるのです。

 

やすやすと手に入るものは、どうしてもありがたみが薄れて、闘志が燃えないと思うのです。

 

もし、「参加賞」みたいに、誰でも「金メダル」をもらえたら、

 

みんな欲しがらなくなるだろうし、面白くなくてそのうち飽きちゃうと思うのです。

日々の苦しい練習の積み重ねを
イメージできる動画です。

パプリカの動画だよ!

じゃあ、どうすればいいのかな?

挫けない(くじけない)

energy_ha

まずは、困難や障害に直面したら挫けない(くじけない)ことです。

 

それには「なにくそ、負けてたまるか!」といった「不屈の精神」で挑みます。

 

「不屈の精神」を育てるコツは、日々の自分の行動量をコントロールすることです。

 

具体的には、一日にできる自分の限界を「ちょっと超えたところ」で終了して、「今日はこれでよし!」とします。

 

自分の限界を超えてもまだやり過ぎると、だんだん疲れて自滅しちゃうからです。

ふくカエル

必死になりすぎると長続きしないねん。

自分の余力を持ちつつ、自分の限界に毎日タッチする感じで、行動量を調整するのが大事です。

 

毎日毎日、自分に100点満点をつけてあげる感じでやっていくとうまくいきます。

hand_good

闘志をうまく燃やす

 

次に、闘志をうまく燃やしてみます。

 

コツは、

  • 失敗してもOK!
  • それよりも自分の可能性を試したい!
  • ひょっとしたら、出来るかもしれん!
  • 結果より今できることだ!

と思うことです。

どうやって
この困難を乗り越えてやるか!
腕の試しどころや!pose_kiri_man

と前向きに面白がって考えると、楽しくなります。

 

ここは先走りしてすばらしい結果を意識せず、今現在できる可能性だけを意識します。

 

ふくカエル

状況を面白がると、頭がほぐれて柔軟な発想ができるねん。

ふくネコ

すると、自分の可能性が広がるからお勧め。

 

自分に「やってやるぞ!」という闘争心が芽生えてきます。

ゾーンを作ってみる

zone

さらに、ゾーンを作ってみます。

 

ゾーンとは、集中力を高めて、何やっても負ける気がしない気持ちになることです。

火事場の馬鹿力kajiba_bakadikara_womanもゾーン状態だと言われています。

 

自分の潜在能力を信じて、自分のやることに集中します。

hyouzan2

ふくカエル

自分に魔法をかける感じやねん。

ふくネコ

馬鹿力って大事やねん。

そうすると、どうなるのかな?

人生が面白くなる

 

困難や障害に直面するたびに、闘志を燃やし克服していくと、人生が面白くなってきます。

 

ひとつひとつ困難や障害を「ステップアップのチャンス」に変えていくと、

 

どんどん人生の展望が変化して広がってきます。

失敗しても同じ

 

これは、失敗しても同じことが言えます。

 

たとえ最終的に勝利や成功が手に入らなくても、

 

今までに困難や障害を克服してきた「体験や経験」によって、人生のクオリティが上がります。

ふくカエル

自分の人生が上質になるのはうれしい!

 

それに、ひとつひとつ困難や障害をクリアするたびに味わうことができる「興奮」は格別なものです。

 

将来にとっても、意味ある「体験や経験」になっていきます!

 

失敗しても、
困難や障害をひとつひとつ
クリアーできた事実sports_soccer_hiza_sliding

人生の宝物となるねん。

まとめてみたkerokero

 

  • 困難や障害にこそ面白味があります。
  • 困難や障害が出てきたら闘志を燃やして、チャレンジしてみるといいです。
  • ひとつひとつ克服するたびに興奮することになります。
  • 血が騒ぎます。やる気が燃え上がります。

 

困難や障害をひとつひとつ克服していくたびに、

自分の中に、

  • 克服のコツ
  • 新しい考え方や技術

といった将来に役立つ「成果」が残ります。

 

ふくカエル

これは、自己成長にはもってこいやねん。

 

これも「困難にこそ喜びがある」側面の一つやと思います。

 

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。