気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」口の上手い人にだまされないように注意しよう。

eye catching

口の上手い人にだまされないように注意しよう

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第3章 会話について」

「No.102 口の上手い人にだまされないようにしよう」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

口先にだまされない

実質が何も伴わないのに、

言葉巧みに、

うわべだけでこちらをうっとり魅了してしまおうとする人がいる。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

口先人間には気をつけよう!

 

こんにちは!
あたし「口先人間」です。youkai_otoroshi

「口先人間」とは、うわべだけの言葉が巧みな人のことです。

 

おべっかを言わせると天下一品な人です。

 

本当にペラペラと媚びたり、ご機嫌をとったり、おべんちゃらを言ったりと

hakusyu

非常に人の気持ちをうっとりさせます。

 

でもです。このおべっかを真に受けて、いい気になってたら、エライ目にあうのです。

 

バル先生の言葉

 

「口先人間」に出会ってしまったときに

 

バル先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

う~む。

口先人間に出会ったら

とにかく気をつけるんだ。

ほとんどが

詐欺まがいで

安請け合いのまやかしだ。

だまされないように

するのが一番だぞ。

なぜ、口先人間には注意したほうがいいのかな?

うわべだけだから

 

まず、「口先人間」はうわべだけだからです。

 

たとえば、自分の実質が伴わないのに、言葉巧みに実質があるかのようにふるまいます。

 

「口先人間」は「大ホラ吹き人間」なのです。

 

大ホラ吹きについて勉強しました。

「賢人の知恵」大ホラ吹きに注意すること。

詐欺まがいだから

 

次に、「口先人間」の言葉巧みに、うっとりさせる行為は、詐欺まがいの行為だからです。

 

こちらの気持ちをうっとりさせておいて、自分の責任逃れをしようと企んでいます。

 

たとえば、「借金を帳消しにしてもらおう!」とするなどよくある話です。

 

あなたのこと大好きだから、

この前の100円借りたの、
無かったことにして!youkai_otoroshi

なんて平気に言っちゃうのです。

 

「口先人間」はいやらしい「詐欺人間」でもあるのです。

 

安請け合いをするから

 

また、「口先人間」はよく安請け合いをするからです。

 

なんでも「はい!はい!やります!」なんて、軽々しく引き受けますが、

pose_kyosyu_figure

まずやりません。

 

約束を守れないのです。

 

そんな約束なんて
してないよお?
勘違いじゃないのお?youkai_otoroshi

なんて、平気で言ってきます。本当に「ふてい野郎」なのです。

 

すぐごまかすから

 

そして、「口先人間」はすぐにごまかすからです。

 

本当に見せかけだけは、とっても礼儀正しく振舞います。

 

「とても信頼できる人」のように演技をするのです。

 

でも、この礼儀正しいのは、その時だけのまやかしで、

 

後々になって失礼なことをするのです。

 

「いんちきの、にせもの野郎」なのです。

 

このお礼はきっと必ずします!
このご恩は忘れません!religion_keiji_man

なんて言っといて、

 

ところで、
あなたは、誰でしたっけ?youkai_otoroshiなんて平気で言うのです。

 

そんなもんです。「いんちき人間」なのです。

 

ふくカエル

拙者、このご恩忘れませぬぞ。

ふくネコ

いやいや恩より、後の仕事ちゃんとやってよね。

ふくカエル

分かり申した。このご恩忘れませぬ。

ふくネコ

いやいやお辞儀も恩も、本当にええから、仕事してね。

ふくカエル

・・・・。

ふくネコ

おい!逃げる気か!逃げんなよ!

ってな感じなのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

だまされない

 

あっ!この人は「口先人間」かもしれないと疑惑がわいたら、

 

まずは、だまされないことです。

 

どんなにおべっかを言われても、ちょっとでも違和感を感じたら、冷静になるようにします。

ごまかそうとしているのは何なのかを探ってみる

 

つぎに、「口先人間」が一体何をごまかそうとしているのかを探ってみます。

 

  • 責任逃れなのか?
  • だまそうとしているか?
  • こちらを利用しようとしているのか?

口約束はしない

 

また、「口先人間」かもしれないと思ったら、口約束は、絶対にしないことです。

 

どうしても「約束」しなければならないときは、書面にしておくのがいいです。

 

あるいは、「約束」が破られた場合に決して困らないように、

 

前もってフォローを考えておくのがいいです。

 

相手に50%だけ期待しても、あとの50%は保険を掛けておくのです。

 

礼儀正しいのも疑ってみる

 

そして、どんなに「口先人間」が礼儀正しく振舞ったとしても、疑って期待しないことです。

 

相手の言葉通りの見返りを期待すると、失望します。

 

そもそも「口先人間」はこういうものだと思っておくのがいいです。

 

イライラしたり、がっかりして、気分が害されるのはたまったもんじゃないからです。

そうすると、どうなるのかな?

振り回されないようになる

 

「口先人間」に用心すると、自分が振り回されないようになります。

 

相手の言葉巧みに魅了する「罠」にかからずにすみます。

 

痛い目にあわずにすむ

 

また、「口先人間」に用心すると、痛い目にあわずにすみます。

 

冷静に対応することで、相手の「責任逃れ」を阻止できるし、

 

「口約束」を避けることができるからです。

 

何よりも、相手に期待せずにすみます。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

「口先人間」にすぐに魅了されます。

 

相手のおべっかにうっとりして、いいようにだまされてしまいます。

 

ふくカエル

にせ者に捕まって餌食になるのよね!

知恵のある人

 

「口先人間」に用心します。

 

言葉巧みに近づいてきても、信頼しません。

ふくネコ

にせ者は追っ払ってしまう!

bug_mushi_oiharau

まとめてみたkerokero

 

  • 口先にだまされないようにしましょう。
  • 実質が伴わないのに、言葉巧みに言いよってくる人がいます。
  • 約束ができないのに安請け合いをする人がいます。
  • そして、義務を果たす気がないのに、必要以上に礼儀正しくていねいに近寄ってくる人がいます。
  • こういう口先人間には、気をつけましょう。

実は、ふくカエルは、おっちょこちょいです。

ちょろっと、いい話をされると信じてしまいます。

気をつけることにします。

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。