気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」成功のコツは競争を避けること。

eye-catch

成功のコツは競争を避けること

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第7章 成功について」

「No.208 成功のコツは競争を避けること」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

競争を避ける

競争に加わると、評判を落とすことになる。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

「賢人の知恵」について
その他のテーマはこちらです!

前回のお話

 

STEP.1
計画を着実に練る!
アタマを うん!うん!使って計画を立ててみるよ。
STEP.2
ゆっくり急ぐぞ!
人と比べないぞ。問題をみつけたら、立ち止まるよ!
STEP.3
重要なことから始める!
能力が衰えないうちに、むずかしいことにチャレンジしてみるよ。
STEP.4
失敗を恐れない!
失敗を「成功のヒント」として有効活用してみるよ。
STEP.5
実行する!
断固決断したら、後は実行し続けるよ。

問題は「やるか」「やらないか」で「思いついた」は問題ではないのね。

STEP.6
チャンスを逃さない!
チャンスは2度と訪れてくれないことを肝に銘じるよ。
STEP.7
大きな野望を持つ!
大きな野望を持っていると、モチベが低くなったときにエネルギーチャージすることができるよ。
STEP.8
方法よりも結果にこだわる!
究極の目的は「目標を達成する」ことで、方法にこだわることじゃないのね。
STEP.9
見せかけだけじゃなく結果を出す!
結果を出す人は自慢しないよ。結果を出せない人が自慢するのね。
STEP.10
未知の領域は慎重に!
未知の領域は何があるか分からないから慎重にすべき。ここで運に任せると全てを失うよ。
STEP.11
順調なときに備えておく!
順調なときにこそ逆境に備えるのが一番だよ。

幼い頃は、駆けっこなど「よしきた!競争だ!」なんてよくしたものです。

undoukai_ittouwhite

悔しい思いもしましたが、子供同士の競争はあっさりしたもので、あと腐れがありません。

 

翌朝にはケロッとして同じように遊んでいてものです。

 

なのに、大人になると競争はあまりいい気持ちになれません。

 

いつも損得勘定が渦巻いて非常にドロドロしたものになるのです。

smoke_black4

バル先生の言葉

 

こんなときに

バル先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

競争はしないほうが

いいぞ。

百害あって一利なしだ。

競争に理想を

求めてはダメだ。

相手を自分と同じように

考えてはいけない。

そんなきれいごとじゃ

すまないものだ。

【読んでくださってる方へ】

 

ここでは「回避できる競争」を対象にしてます。

 

「回避できない競争」は除いてます。

ふくカエル

なぜ、競争は避けたほうがいいのかな?

そもそも必要ないから

 

そもそも競争自体が必要がないものが多いからです。

 

名声を得るために競争する必要はありません。

 

競争で名声を得るよりも、目標達成を積み重ねて名声を得る方が確実だし、

 

そのほうが実績は後々まで残るからです。

 

ふくカエル

そもそも名声は奪いあうものじゃないです。

ふくネコ

作り上げるものだからなのです。

たとえ勝っても次から次から出てくる

 

それにです。

たとえ競争に勝ったとしても、それはその一瞬だけの出来事にすぎないからです。

 

競争に勝てば勝つほどに、ますます目の前に強豪がばらばらと出現するのです。

どういうこっちゃ?
また相手が出てきたああ~~!bushi_ochimusyaって感じになっちゃう。

  • 次々と競争に勝たなければ、上に上がれない
  • 負けたら、それまで

という過酷なレースなのです。

caste_company

やらないほうがいいです。人生がもったいないです。

評判を落とすことになるから

 

次に、下手に競争すると今まで培った「自分の評判」を落とすことになるからです。

非難中傷がわいてくるから

figure_fuhyou_higai_uwasa

たとえば、相手からの誹謗中傷が激しくなります。

 

お互いに味方を増やそうと総取り合戦が始まるからです。

 

ふくカエル

醜い人間の奪い合いがはじまります。
  • ねえ~!一体どっちの味方なんよ?
  • どっちにつく気?
  • ええ!あっちなの?どこがいいよの?
  • バカじゃない?きっー!

って非常にうるさくなります。

相手の恨みを買うから

 

また、相手の恨みを買うからです。

 

たとえば、自分に勝つ見込みがないことが分かると、

意地汚い気持ちがふつふつを湧いてくるのです。

どうせ負けるなら、
タダでは負けないわよ!
痛い目に合わせてやる!ikari1

競争心はすぐに嫉妬心や恨みに変わります。

ふくネコ

もう、最悪です!

相手は、勝つために手段を選ばなくなります。

  • 卑怯になる
  • 暴力的になる
  • 強引になる
  • 大声で威嚇してくる
  • 何かにつけていちゃもんをつけてくる

ふくカエル

相手がモンスター化するのです。

信用や信頼をつぶされるから

undou_sports_family_haha_musume

そうなると、信用や信頼を平気で落とされます。

欠点を暴露される

あるいは、欠点を暴露されます。

figure_fighting

仲がいいときに油断していたことが跳ね返ってきます。

ふくカエル

競争の恐ろしい面です。

名誉ある競争などめったにないから

 

大事なことは、誰もが理想とする「名誉ある競争」なんてないことです。

ふくカエル

めったにないからです。天然記念物化してます。

ほとんどの競争は、ドロドロした「足の引っ張り合い」なのです。

うひょ~!
なぜ、ここで足を引っ張るねん!figure_ashi_hipparu

じゃあ、どうすればいいのかな?

平和で寛大な心でいる

 

平和で寛大な心でいるように心がけます。

 

毎日競争に明け暮れる生活は精神や人格に変調をきたすからです。

 

競争している最中は躍起になっているので、このことに気づきません。

 

でも確実に身体の中は、変てこりんになってます。

なので、変てこりんにならないように競争を避けたほうがいいのです。

とにかく相手にしないこと

 

競争お断り!okotowari_shimasu_man

そのためには、とにかく相手にしないことです。

 

どんなに、相手が、闘争心むき出しでやってきても、適当にあしらうのがいいです。

 

競争ほど無駄なことはない!

と割り切ることです。

 

「ケンカを売られても、買わない」これが鉄則です。

 

この姿勢を貫くと、相手もそのうちあほらしくなって退散するかもしれません。

 

ふくカエル

あほらし、あほらし、帰ろ! 帰ろ!

ふくネコ

となる。

恥ずかしいところは見せない!

 

次に、大人になったら、

 

本当に恥ずかしいと思うことは、相手に見せないようにします。

ふくカエル

誰にもいえない秘密としておきます。

 

どんなに親しくなってもです。

ふくネコ

油断しちゃいけません。

 

相手がいつ「自分の恥ずかしいところ」を暴露する存在になるのか分からないからです。

 

sleep_nezou_warui

ふくカエルの場合は、これね!
寝相が悪いのね。

真の競争相手に気づく!

 

そして、真の競争相手に気づくことです。

 

真の競争相手とは他人ではありません。

 

自分の中の自分自身です!

これは紛れもない事実です。

 

たいがいの人はこのことに気づいていますが、無視しています。

 

なぜなら、自分と競争するのがいかに難しいことであるかを知っているからです。

 

ふくカエル

なんたって、自分には甘くなるからね!

番外編 こんなときこそ人物観察をする

 

こっそり番外編をおしらせします。

もしもです。

  • 競争をけしかけてきた相手は「モンスター」になったり、
  • 激化している他人同士の競争に出くわしたら、

こっそりと本人たちその周辺の人達の人物観察して、密かに勉強しておきます。

 

こんな時こそ「その人なり」がよく見えます。

  • ふらふらする風見鶏タイプ
  • 相手を支持する熱血タイプ
  • 静観するタイプ
  • 味方だが、面白がっているだけのフェイクタイプ
  • 本当に味方になってくれている本物タイプ

この方法は先輩から教わりました。

この人は、こんなタイプなんだなあ!

と理解できると、「今後の自分の身の振り方」の参考になります。

そうすると、どうなるのかな?

評判も面目も保つことができる

 

競争を避けるようにしておくと、評判や面目を保つことができます。

友人をモンスターにせずにすむ

 

それに友人をモンスターにせずにすみます。

 

無用な競争を避けることで友人を深く傷つけずにすみます。

人生を有意義なものにできる

 

そして、競争ばかりに明け暮れて過ごすより、夢実現に向けて明け暮れて過ごすほうが、

 

人生そのものを有意義なものにできます。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

負けず嫌いの人が多いです。競争をけしかけられたら挑んでしまいます。

 

勝った負けたに始終し、自分の評判を徐々に落としていることに気づいていません。

ふくカエル

負けず嫌いで競争に集中する。

知恵のある人

 

競争相手は「他人」ではなく「自分」であることに気づいてます。

 

競争を避けます。

いつも「平和で寛大な心」を保ちます。

ふくネコ

心が平和で、自分の夢に集中する。

まとめてみたkerokero

 

  • 競争は避けるに越したことはないです。
  • 競争は、「自分」のみならず「相手」の「評判」さえも落としてしまいます。
  • 「名声」は競争によって奪いあうものでないです。地道な業績をあげて手に入れるものです。
  • 競争を避けて、いつも平和で寛大な心でいることが一番です。
  • なによりも「競争」に明け暮れることなく「自分の夢」に集中することができます。

 

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。