気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きられそう!

「賢人の知恵」【成功】競争に出くわしたら、すること。

eye-catch

【成功】競争に出くわしたら、すること。

 

こんにちは!ふくカエルです。

 

 

【お伝えしたいこと】

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

 

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

 

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

アイキャッチ画像11バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」について

 

「賢人の知恵」その他について
こちらです!

前回までのお話

 

 

【実行について】

STEP.1
201.実行する
成功するコツは、すぐに計画にとりかかって、お粗末でも結果を出し続けること! くだらないプライドを捨てて、愚直に結果を出し続けると自分の思い通りなるよ。
STEP.2
202.チャンスを逃さない
チャンスは目に見えないから、ちゃんと理解して、逃さないように考えたほうがいいよ。知性を駆使するのがお勧め!
STEP.3
203.大きな野心を持つ
計画の途中でダレたり、断念したり、挫折しても大きな野心さえ持っていれば、いつでも来た道に戻れるよ。
STEP.4
204.方法よりも結果にこだわる
目標達成のためにはいろいろな方法があるよ。ひとつの方法ばかりにこだわりすぎると失敗するよ。いろいろな方法を模索して、方法よりも結果にこだわるのがいいよ。
STEP.4
205.見せかけだけでなく結果を出す
大した結果を出さない人ほど、自分の結果を盛ることに熱心だよ。逆にちゃんと結果を出した人ほど、結果を盛らない。だって立派な結果だから盛る必要がないから。あれこれ自分の結果を盛ることに知恵を絞るよりも結果を出すことに知恵を絞ったほうが効率的だし、賢いと思うよ。
STEP.4
206.未知の領域では慎重に進む
成功するためには未知の領域で挑戦が必須です。未知の領域に遭遇したら軽率な行動は抑え、慎重に進むことだよ。成功の道を進むには、状況に応じて緩急さを変えるといいよ。
eye-catch「賢人の知恵」これを繰り返せば、成功できる頼もしいコツとは? eye-catch「賢人の知恵」【成功】チャンスを逃がさない。 eye-catch「賢人の知恵」【成功】大きな野心を持つ。 eye-catch「賢人の知恵」方法よりも結果にこだわってみる。 eye-catch「賢人の知恵」【成功】達成できる人、できない人の違いはこれだよ。 eye-catch「賢人の知恵」【成功】未知の領域に遭遇したら、こうする。

 

【備えるについて】

STEP.1
207.逆境に備える
順調な時こそ、逆境に備えたほうがいいです。なぜなら、好意を集めやすし、自分にも余裕があるから。実は、備えるのに絶好のチャンスなんだよ。
eye-catch「賢人の知恵」【成功】順調なときにすること。

ライバル出現

 

今現在の世界中の人口は77億人いると言われてます(2019年)

77億人もいるのですから、まったく同時期に同じ夢に向かって努力している人もいるのが当然です。

 

いわゆる
ライバルってやつかな?business_man2_4_think

問題は、当事者間で競争が始まることです。

ライバルはいいもんだぞ!
競争したらいいぞ!

という人も中にはいます。

 

そやけどです。

 

はっきり言うといろいろと嫌な感情も出てくるのでできたら避けたいものです。

 

こんなとき、一体、
どうしたらええのですか?shinpai_man

こうしたらええのです!

これです!

 

競争を避ける

競争に加わると、評判を落とすことになる。

バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」より引用

 

競争は避けるに限る

です。

なぜ、避けた方がいいのかな?

評判を落とすことになるから

 

競争をしても、ただ評判を落とすだけだからです。

名誉ある戦いなんて滅多にないから

 

それにです。

 

競争はたいてい醜いもので、名誉ある戦いなんて滅多にないからです。

名誉ある戦いなんて
絶滅危惧種とちゃう?nihil_smile_woman

自分の名声にために戦うというよりも、互いに相手の名声を汚し合うために戦うという、実に醜いものになります。

 

お互いの足を引っ張り合うような
えげつないものになるねん。

figure_ashi_hippariai

たとえば、

  1. 誹謗中傷を繰り広げる
  2. 勝つために手段を選ばなくなる
  3. 勝っても、負けてもえげつない

です。

1.誹謗中傷を繰り広げる

 

たとえばです。誹謗中傷合戦を繰り広げます。

 

周囲の全員を自分の味方につけるために、お互いに相手のことを罵り合います。

 

ふくカエル

味方の総取り合戦が始まるねん。

ふくネコ

これは非常に醜い奪い合いやねん。

 

ほんまに世間に知られたくないこと暴露されたり、あることないことを吹聴されます。

 

ほんまにけったくそ悪い(関西弁:いまいましい)ねん。business_man1_3_cry

2.勝つために手段を選ばなくなる

 

また、相手側に勝てる見込みがないと分かると、

 

こちらに対するどんどん恨みを募らせていき、勝つためにどんどん手段を選ばなくなります。

 

一番やりかねないのが、

  • こちらの信用や信頼
  • その他の大切に思っているもの

などを平気に潰しにかかってくることです。

undou_sports_family_haha_musume

手段もどんどんエスカレートしていきます。

  • 卑怯になる
  • 暴力的になる
  • 強引になる
  • 大声で威嚇してくる
  • 何かにつけていちゃもんをつけてくる

 

ふくカエル

こうなると人間味を失って

ふくネコ

モンスター化するねん。

3.勝っても、負けてもえげつない

 

そしてです。

 

勝っても負けても結末さええげつないのです。

 

互いに相手の健闘ぶりを誉めたたえるというわけにはいきません。

 

こういう風には終わらない!
figure_shakehands

相手を非難し、最後の最後まで罵声を浴びせ合います。

 

figure_fighting

始まりが悪いと、始末も悪いねん。business_man2_3_surprise

ふくカエル

競争の恐ろしい副作用です。

じゃあ、どうすればいいのかな?

平和で寛大な心でいる

 

競争を避けるためには、常に平和で寛大な心でいるようにします。

真の競争相手に気づく!

 

まず、常に平和で寛大な心を維持するためには、何よりも真の競争相手に気づくことです。

 

自分が倒すべき真の競争相手に気づくと、他人が気にならなくなり、

 

他人に対してつねに平和で寛大な心を持てるようになれます。

 

つまりです。真の競争相手とは、

すぐにさぼろうとする自分自身です。

ふくカエル

これは紛れもない事実やと思うねん。

 

自分が競争すべき相手は、目の前の相手ではなく、

  • 昨日の自分
  • 今現在の自分

なのです。

 

たいがいの人はこのことに気づいてますが、気づかないフリをしています。

 

そして自分と戦うことをあえて避けているのです。

 

自分と戦いはとても過酷なものになることを知っているからです。

 

どうしても、
自分には甘くなるからねっ!gakkari_tameiki_woman

名声を得るための戦いはないことに気づく

 

次に、この世には、名声を得るために争う戦いなど滅多にないことに気づきます。

 

あるのは、名声を汚しあうために争う戦いだけだと気づきます。

 

ふくカエル

そもそも名誉は奪い合うものではないです。

ふくネコ

つくり上げるものやねん。

仲間の取り合いをしない

 

また、仲間の取り合いに引き込まれないようにします。

 

そもそも他人の気持ちを縛ることはできないし、そんなことをする労力ほどムダなことはないことに気づきます。

相手に恨みをもたせない

 

もっとも大事なことは、相手を刺激せず、なるべく恨みを持たせないことです。

 

争うよりも協力しあう関係を作ります。

挑発に乗らない

 

注意することは、相手からの挑発に乗らないようにすることです。

 

とにかく相手にしないことです。

競争お断り!okotowari_shimasu_man

 

  • 競争ほど自分の成功にムダなものはないし、邪魔なものはない!
  • 自分と競争することに必死なので、君と競争する暇はない!

 

とお断りしましょう!

 

 

この姿勢を貫くと、そのうち相手もアホらしくなって退散すると思います。

 

 

あほらし、あほらし、帰ろ! 帰ろ!otoshiyori-okoruとなる。

 

番外編

 

もしもです。相手から執拗に挑発を受けているときは、次のようにすることをお勧めします。

こんなときこそ人物観察をするのです!

 

ふくネコ

人物観察をするにかぎります!

 

  • 相手の言動
  • 周囲の人達の態度

などをくまなく人物を観察して、密かに情報を集めておきます。

 

実は、このような状況にこそ「その人なり」がよく出てくるからです。

 

たとえば、

 

  • 相手のいやらしさ、ずる賢さ、汚さ

周囲の人達に対しては

 

  • どちらにもつけないタイプ
  • 状況を面白がっているだけのタイプ
  • 冷静に静観するタイプ
  • 本当に親身になってくれるタイプ

この人はこんな人だったんだ!
こういうタイプだっただ!

といろいろと洞察できる絶好の機会なのです。

 

この人物観察は、今後の自分の身の振り方を決めるときの参考になります。

そうすると、どうなるのかな?

信用がおちない

 

信用を落とすような競争を避けるので、自分の信用が落ちません。

 

ふくカエル

当り前や!

ふくネコ

けど、大事なことやで!

評判や面目が保てる

 

また、挑発に乗らず、醜い言い争いに加わらないので、自分の評判や面目が保てます。

 

ふくカエル

これも当たり前やけど。

ふくネコ

大切な事やねん。

成功のコツは…

 

そして、目標を達成し成功するには、ムダな競争を避けることにあることに気づきます。

 

成功のコツは
競争を避けることにあるねん。pose_kiri_man

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

負けず嫌いの人が多いです。競争をけしかけられたら挑んでしまいます。

 

味方になる仲間を増やすために、相手のことを誹謗中傷することに必死になり、

 

自分の評判を徐々に落としていることや、本来の目標や目的を失っていることに気づきません。

 

ふくカエル

負けず嫌いがあだになって、目標を失う。

知恵のある人

 

競争相手は「他人」ではなく「自分」であることに気づいてます。

 

ムダな競争を避けます。いつも「平和で寛大な心」を保ちます。

 

ふくネコ

心が平和で、自分の夢に集中する。

同じ本をお持ちの方へ

ちなみに・・・・

 

同じ本(バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)をお持ちの方へ

 

 

「第7章 成功について」

「No.208.競争を避ける」

になっています。

 

お持ちの本とあわせてご覧いただけると嬉しいです。

 

ご自分のお立場で考えてみると、また違った「オリジナルな知恵」を発見できると思うのです。

 

それはもう、キラキラ光って
こういうことか!
mabushii_manと納得できると思います。

 

アイキャッチ画像11バルタザール・グラシアン「賢人の知恵」について

まとめてみたkerokero

 

  • 成功への努力をしている最中に競争に出くわしたら、競争を避けるようにすることです。
  • 競争は、名誉ある戦いなんて滅多になく、評判を落とすことになるからです。
  • 具体的には、平和で寛大な心でいることです。そのためには真の競争相手は他人ではなく、自分自身であることに気づくことです。
  • そうすれば、他人と関わることがなくなり自分の信用・評判・面目を保てることができます。

 

幼い頃は、駆けっこなど「よしきた!競争だ!」なんてよくしたものです。

undoukai_ittouwhite

悔しい思いもしましたが、子供同士の競争はあっさりしたもので、あと腐れがありません。

 

翌朝にはケロッとして同じように遊んでいてものです。

 

なのに、大人になると競争はあまりいい気持ちになれません。

 

避けて通るのも知恵のひとつやと思います。

fukuneko

ふくカエルでした。

なお、バル先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。