気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」言葉を厳選してみたよ 21

固定ページアイキャッチ

言葉を厳選してみたよ 21

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第4章 行動について」

「言葉を厳選してみたよ」

今回は、

 

今回は、アラン先生の「幸福論」の第4章の101~105について、

 

ふくカエルの独断と偏見で「これだ!」と思った「アラン先生の言葉」を選びました。

 

その言葉に対して、自分の考えをお伝えするというスタイルにしてみました。

ふくカエル

どうぞ、よろしくお願いします。

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

101.進んで行動する 2

アラン先生の知恵とは?

つきつめると、人のたったひとつの望みは「力」なのである。

【根拠はこれなの!】

その戦いが自分の意志によるものであるならば、苦闘の末に手にする勝利ほど気持ちのいいものはない。

必ず勝つために、押さえておくもの!

 

やっぱりです。

必ず勝つために、押さえておくものは、

強い意志の力

です。

これさえあれば、たいていは必ず勝てます。

 

ふくカエル

だって、勝つまであきらめないことになるからねっ!

ふくネコ

あきらめへんかったら、負けたことにはならへんからね!

意志の力を強くする3つのアイテム

 

実は、「意志の力」は強くすることができます。

 

強次の3つを意識すると「意志の力」は強くなります。

  1. 希望
  2. 自信
  3. 勇気

です。

 

まずは、希望です。

希望は、プラス思考を育てて、モチベーション維持に役立ちます。

 

希望を育てるには、どんなことでも喜ぶことが、一番です。

oowarai_woman

次に、自信です。

自信は、どんな状況でもブレない自分を育ててくれます。

ふくカエル

動じない自分を手に入れることができるねん。

 

自信を育てるには、成功体験、誉められた体験をいっぱい集めることです。これは効果があります。

kosodate_nadenade_girl

そして、勇気です。

勇気は、果敢にチャレンジする精神力、行動力を育てます。

 

勇気を育てるには、たとえ失敗しても「具体的に解決できる策」を考えておくことです。

fukidashi7_man

意志の力が充実してくると!

 

この「意志の力」が充実してくると、どんな運命に出会っても、

 

自分がとった行動や

出した答えは

すべて正解だった!

 

と解釈することができます。

 

過去に「過ちを犯した事実」「失敗した事実」があったとしても、すべて正解にすることができるのです。

 

「意志の力」で、その後の自分の言動を新しく変えれば、

 

「過ちを犯した事実」「失敗の事実」の意味あいや解釈は、いくらでも変えられるからです。

 

あんな失敗したけど、
あの失敗があったから、
今の自分があるねん!syukatsu_jiko_appeal_woman全ては宝物やねん!
と思えるねん。

こうやって「自分の人生」を解釈し直して、

前向きに歩めることって、すごい幸せやと思わへん。

 

それだけでも、

自分の人生を勝ちとってるやん!pose_kiri_woman

と思えます。

102.進んで行動する 3

アラン先生の知恵とは?

進んで行動する

【根拠はこれなの!】

多くの人は、たまたま向こうからやってきたような幸せには、それほどありがたみを感じない。自分で幸せをつくりだしたいと思うのである。

幸せのありがたみを知る

 

幸せってありがたいのです。kirakira_man

 

でも、人は

  • 偶然の幸せ
  • 人から与えられた幸せ

を軽く見ちゃう傾向があるのです。

pose_enryo_man

だって「自分の幸せぐらい!」と思うから

 

だって、です!

 

誰でも「自分の幸せぐらい、自分でつくり出したい!」と思うからです。

 

たしかに、

これは、

ごもっともな考えです!

ふくカエル

自分の人生は、自分のものやもんね!

子どもの頃を思い出してみよう!

 

そうならば、

 

自分の幸せを
つくり出しちゃいましょう!pose_ganbarou_man

ここに、とってときの方法があります!

 

それは、

子どもの頃を思い出す

ことです。

 

なぜならば、子どもの頃のほうが、

 

自分が納得できる「極上の幸せ」を上手につくり出していたからです。

 

「しっぽとりゲーム」だよ。shippotori_game知ってる?

 

ふくカエル

どんな先生に聞くよりも、子どもの頃の自分が確かやと思うねん。

ふくネコ

これ以上の先生はいないと思うで!

 

まずは、「興味や好奇心のかたまり」になっていた自分を思い出してみます。

 

そして、

  • 夢中になっていた感覚
  • 純粋に行動していた感覚

などをリアルに思い出して、実践してみるのです。

 

きっと、幸せをつくり出している自分に、すぐに出会えます。

103.進んで行動する 4

アラン先生の知恵とは?

「平和はつくりだすもの」というのは、そうした理由からであり、それが唯一の理由なのである。

【根拠はこれなの!】

分別や理性だけで平和は十分保証されるとは思えない。

人間は危うい生き物やねん!

 

人間って、本当に危うい生き物なのです。

 

こんな傾向があります。

  • まず、恍惚感(こうこつかん)に弱い
  • 次に、暴走しやすい

です。

なんせ、恍惚感に弱い!

 

なんと言っても、人間は、恍惚感(こうこつかん)に弱いのです。

 

快感うっとりする感覚にすぐ溺れてしまいます。

pose_dance_ukareru_man

ふくカエル

わたしもそうやねんけど、ほんまに弱いよね!

強烈な快感を覚えちゃう!

 

特に、自分で何でも決定できる環境に「強烈な快感」を覚えてしまうのです。

 

ふくカエル

「独裁する」って、強烈な快感の最たるもんやと思うねん。

ふくネコ

「支配する」「独占する」ってのに、強烈な快感を覚えちゃうよ。

ふくカエル

そういう弱い生き物やねんよ。

そして、暴走しちゃう!

 

そして、人間は、暴走するのです。

 

恍惚感(こうこつかん)に酔いしれ、ついつい夢中になると、よからぬ方向へ暴走しちゃいます。

 

善悪や危険なことにも無頓着になり、どんどん突き進むのです。

なので、平和はいつも危うい!

 

このように、人間には

  • 恍惚感(こうこつかん)に弱い
  • 暴走しやすい

という危うい傾向があるので、

なので、

平和は、いつも危うい!

状態なのです。

 

ふくカエル

気づいてへんのは、当の人間だけやねん。

平和をつくり出す!

 

という訳なので、ここは必死になって

 

平和は、つくり出さなあかん!

のです。

ふくカエル

人類は、平和を作っちゃ、壊して、作っちゃ、壊して、生きてきました。

ふくネコ

そうして営んできたのが「平和の歴史」やねん。

 

歴史を勉強すると明らかになるのですが、平和をつくり出すために、

 

人間は、いつも進んで、ひとりひとりが行動するしかないのです。

genshijin_fight

104.力は自分自身さえ容赦ない

アラン先生の知恵とは?

力は自分自身にさえ、情け容赦ないのである。

【根拠はこれなの!】

政治家の行動には、そこまで明らかに見えないにしても、その行動の結果には、この種の激しさがあらわれていることが多い。

行動力には、恐ろしい力が3つある!

 

ふくカエル

今の今まで「行動しなあかんで~!」と叱咤激励してたんやけど、

ふくネコ

実は、行動にも注意するところがあるねん。

 

行動力には、3つの「恐ろしい力」が潜んでいます。

  1. 良心の声をさえぎる力
  2. 容赦なく無情になる力
  3. 自分自身でさえ情け容赦なく破壊する力

です。

1.良心の声をさえぎる

 

まず、自分の良心の声をさえぎる「恐ろしい力」です。

ふくカエル

良心の声が聞こえづらくなるねん。

 

人は、誰でも行動力を発揮するときは、良心の声が聞こえづらくなるのです。

 

自分の最大限のパフォーマンス能力を引き出すために、

 

タイミングを合わせて行動することに一心不乱になるからです。

 

自分のスキを突かれて、「恐ろしい力」に支配されないようにすることが大事です。

2.容赦なく無情になる

 

次に、容赦なくあらゆるものに無情になる「恐ろしい力」です。

 

行動力を発揮しているときは、どうしても自己中心的な考え方になるからです。

ふくネコ

強烈な自分本位になるねん。

 

他人が嫌がっていても、自分さえよければそれでいいと考えて、

 

容赦なく無神経にものごとを押し通そうとします。

 

「恐ろしい力」が人を支配してしまうと、人を悪魔にするのです。

3.そして、食われちゃう!

 

そして、最後に「恐ろしい力」に食われてしまうのです。

 

良心の声を聞かずに、容赦なく無情になると、最後には自分自身が「恐ろしい力」の餌食になってしまうのです。

 

情け容赦なく「恐ろしい力」によって、破壊されます。

 

多くの歴史上の政治家や権力者の末路が、悲劇に終わっているのは、こうした「恐ろしい力」に支配され、翻弄されたからです。

 

言えることは、情け容赦なくあらゆるものに無情で無神経な人は、

 

後で必ず「恐ろしい力」に情け容赦なく、ぺちゃんこに潰されるのです。

 

怖いですね。怖いですね。
本当に怖いですね。kaidan

105.行動の力は、人を巻き込む

アラン先生の知恵とは?

行動の力は、人を巻き込む

【根拠はこれなの!】

人の理性的な思考は路面電車のあかりと同じで、発車するときに薄暗くなる。これで、行動の恐るべき力の説明がつく。

行動力には、恐ろしい力がもう一つある!

 

実はです。

行動力には、もう一つ「恐ろしい力」があるのです。

 

それは、

  • 人を巻き込む力

です。

もともと、あるんだよ!

 

もともと、行動力には、人を巻き込む力があります。

 

行動自体が、とても魅力的で、社会の関心度が高いものであれば、

 

好奇心の強い人間は興味を持ち、集まって来るからです。

悪質になると、厄介!

 

でもです。

 

行動自体が、悪質で問題がある場合には厄介になります。

 

「人を巻き込む力」自体が「恐ろしい力」となってしまうからです。

 

たとえば、

 

「復讐」による戦いがなかなか終わらないのは、「復讐」が人を巻き込むからなのです。

 

「悲劇」による惨事がいつまでも続くのも、「悲劇」が次から次へと人を巻き込むからです。

なので注意する!

 

なので、「恐ろしい力」に巻き込まれないようにするのが肝心です。

 

それには、「恐ろしい力」が、人に与える悪い影響を理解します。

 

悪い影響とは次の4つです。

  1. 人の理性を消し去る
  2. 存在を正当化する
  3. 人を鈍感にさせる
  4. 正義を壊していく

 

こういった特徴を持つ行動力は、すぐに人を巻き込む「恐ろしい力」が現れます。

 

なので、「これはヤバイ!」と思ったら、すぐに敬遠するのがいいです。

1.人の理性を消し去る

 

まず、「恐ろしい力」は、人の理性を消し去ろうとします。

 

「恐ろしい力」は、巻き込まれることに躊躇(ちゅうちょ)している人に、

 

言葉巧みに近づき、「今こそ、勇気を出して行動するのだ!」とそそのかしてきます。

 

何度も行動するように煽り(あおり)立ててくるので、

 

は、だんだんと理性を失っていくのです。

ふくカエル

言葉巧みに何度も促されると

ふくネコ

洗脳されたようになるねん。

sick_sennou

2.存在を正当化する

 

次に、「恐ろしい力」は、自分の存在自体を正当化します。

 

どんどん人を巻き込むことで大きな勢力を持つと、この正当化する傾向が強くなります。

 

ついには、

これほど支持する人々が
集まっているのだから、
正しいのだ!

と声高らかに宣言するようになるのです。

 

ふくカエル

サギっぽいニオイがするやつは、

ふくネコ

やたら大きな宣伝するから要注意だよ。

3.人を鈍感にさせる

 

また、「恐ろしい力」は、巻き込んだ人をどんどん鈍感にさせます。

  • 感情
  • 正義や悪事
  • 危険

などです。

 

まず、感情です。

巻き込まれた人は、いろいろな感情を失わされ、鈍感になります。

 

「恐ろしい力」に日々翻弄されてしまい、どんどん自分の感情がすさんしまうからです。

yaruki_moetsuki_woman

人は、感情を失い、何が起きても驚かなくなるのです。

 

ふくカエル

みんなの反応が鈍くなると

ふくネコ

自分の反応も鈍くなるねん。

 

「恐ろしい力」が更なる恐ろしい力を発揮しても、もう動じなくなります。

 

次に、正義や悪事です。

巻き込まれた人は、正義や悪事にも鈍感になります。

 

そして、悪い事が起きても慣れっこになります。

 

悪い事が日常的に横行しすぎると混乱してしまい、一体何が正義か分からなくなるのです。

ふくカエル

みんなが悪い事をしていると、

ふくネコ

自分もしてもいいと思ってしまうねん。

 

そして、危険です。

巻き込まれた人は、危険を察知できなくなります。

 

いろいろなことに鈍感になることで、危険を察知できなくなってしまうのです。

 

自分に迫って来る危険さえ無頓着になります。

ふくカエル

みんなが安心していると、

ふくネコ

自分も安心だと思ってしまうねん。

4.すべての正義を壊していく!

 

そして、「恐ろしい力」は、すべての正義を壊していきます。

 

人を次から次からと巻き込み、大きな勢力になった「恐ろしい力」は、行動をおこすたびに、

 

自分に不都合なすべての正義を消していくのです。

 

ふくカエル

行動するたびに、正義が崩壊するねん。

 

「恐ろしい力」に翻弄されて、巻き込まれて、さらに支配されないように気をつけることが大事です。

 

怖いですね。怖いですね。
本当に怖いですね。kaidan

まとめてみたkerokero

 

  • 「幸福論」第4章「行動について」から、テーマ101から105までをご紹介しました。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。