気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

不安を手放せないあなたへ、心が楽になる方法をお知らせします。

幸福論アイキャッチ1

不安を手放せないあなたへ、心が楽になれる方法をお知らせします

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

今回の勉強のテーマは、

「第1章 不安と感情について」

「No.1 本当の原因を見つけること」

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

本当の原因を見つける

本当の原因がわからないかぎり、感情をコントロールすることはできない。

 

アラン先生「幸福論」より引用

不安なとき

 

不安になると、なかなか抜け出せなくて困ります。

 

非常に厄介やねん。gakkari_tameiki_woman

不安というものは、いったん意識しするともうダメです。

 

寝ても覚めても、不安ばかり意識して、一日中悩むことになります。

 

どうしたらええねん?
どうしたらええの?
sleep_nemurenai_manと、いっこも眠れられへんねん。

 

そんなときに、お知らせしたい「アラン先生の言葉」があります。

カエル風アラン先生の言葉

 

不安で悩んでるときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

といろいろと想像してみました。

 

不安を手放せないと

ほんまに悪循環になるねんで

 

そうなると

自分の影でさえ

おびえる対象になるねん。

 

そんなときは、

不安そのものを

意識するしたらあかんよ。

 

不安になる

本当の原因を

意識したほうがいいねんで。

なぜ、本当の原因を知ったほうが、いいのかな?

目をそらすから

 

たいがいの人は、不安になる「本当の原因」から目をそらすからです。

 

不安がもたらす、わずらわしくて気が重たくなるところだけを見て、悩むのですが、

 

その不安が、一体どこからやってくるのかを深く考えようとしないのです。

 

どうしよう、
頭が
痛くなってきた

どうしよう、
何もできひん!

どうしよう、
このままでは自滅や!fusagikomu_businesswoman

と、手で顔を覆うばかりで、顔をあげて自分の目で「本当の原因」を見ようとしません。

たとえばです。

 

大勢の人前に出ると、足がガクガクする場合がそうです。

 

不安によって、足がガクガクすることばかりを気にして、

 

「なぜ、足がガクガクするのか?」についての「本当の原因」を知ろうとしないのです。

 

ふくカエル

ほんまにそうやねん。

フィクション(虚構)だから

 

それに、自分が苦しんでいる不安の大部分は、自分が作ったフィクション(虚構)だからです。

 

ふくカエル

まあ、嘘っぱちやねん。

 

最初は、小さな不安だったのに、

 

あれこれと自分で大きくして「得体のしれない不安の影」として現れているに過ぎないのです。

akuma_shadow

ふくネコ

ほんで、勝手におびえてるだけやねん。

 

不安をさらに大きな不安にしないためにも、「本当の原因」を知る必要があります。

悪循環を引き起こすから

 

また、不安になる「本当の原因」を知らないと、どんどん悪循環を引き起こすからです。

 

自分でつくった「得体のしれない不安の影」が、さらにどんどん大きくなって、自分を脅かすようになります。

 

ふくカエル

ちょっとしたことでもビビるようになるねん。

 

たとえばです。

 

これは、薄暗いところで「自分の影」におびえてしまう状態に似てます。

 

うおっ~~!
自分の影かよ。腰抜かしたやんか。
man-obieru

ってな感じです。

 

あるいは、ちょっといたずらされて、ひどく驚く状態に似てます。

 

わっつ!と
言われただけなのに、
odorokasuおそろしくビビって、
漏らしそうになる。

ってな感じです。

 

 

なので、このような悪循環から脱出するためにも、「本当の原因」を知ったほうがいいのです。

じゃあ、本当の原因を知るには、どうすればいいのかな?

フィクション(虚構)だと認める

 

まずは、自分を苦しめている不安のほとんどは、フィクション(虚構)であることを認めます。

 

「得体の知れない不安の影」も自分の妄想で、怯える必要は一切ないことに気づきます。

本当の原因を探る

 

次に、不安になる「本当の原因」を探ります。

 

たとえば、次の方法などがお勧めです。

  1. 言葉で表現する
  2. 自問自答してみる

1.言葉にしてみる

 

まず、自分が苦しんでいる不安を「自分の言葉」で表現してみます。

 

何が不安なのか?shinpai_woman

 

を、自分の言葉で表現することで具体的に考えてみます。

2.自問自答してみる

 

何が不安なのかを具体的に考える際には、自問自答するのがお勧めです。

 

たとえば、人前に出るのが不安で仕方がない場合は、こんな風に自問自答してみます。

 

どうして、人前に出ると不安になるのかな?

ふくカエル

人の目が気になるから

 

どうして、人の目が気になるのかな?

ふくカエル

あまり見られたくないから

 

どういったところが見られたくないのかな?

ふくカエル

自分に自信がないところや失敗しちゃうところ

 

何に、自信がないのかな? 何に、失敗するのかな?

ふくカエル

うまくしゃべれないから・・・
すぐに赤面するから・・・

 

と自問自答していくと、だんだんと「本当の原因」が見えてきます。

 

このときのポイントは、実際に口から言葉を出すことです。

 

口で言葉を出すと、
よりリアルに原因に迫れるねん。
pose_kiri_man

見つけたら潰す!

 

さらに、「本当の原因」を見つけたら潰します。

 

ふくカエル

たんたんと潰していくねん。

 

たとえば、先の

  • うまくしゃべれない
  • 赤面する

については、

  • うまくしゃべれる方法を探り、練習する
  • 赤面しない方法を探り、実践する

といった解決法を見つけてトライします。

 

ちなみに、

わたしの場合は、次のようにしています。

 

上手くしゃべれないときは、

  • 普段通りに話せたらいいねん。
  • なんも格好つけようと思わんでもいいねん。
  • ウケようと思うから、余計に緊張するねん。sick_hiyaase

と、自分に言い聞かせて、いつも通りにしゃべるように心がけています。

 

ふくネコ

すると、ちょっとは落ち着けるねん。

 

無理に成果を上げようとすると、かえって緊張して言葉が出にくくなるので、極力成果を意識しないようにしています。

太陽に顔を向ける

 

そして、不安になる「本当の原因」を見つけ出すことができたら、あとは「太陽」にできるだけ顔を向けます。

 

ここで言う「太陽」とは、希望、やる気といったプラスの感情のことです。

 

太陽と自分の影1

そもそも、「得体のしれない不安の影」が出来たのは、自分が太陽から遠く離れて、しかも背を向けているからです。

 

これを、プラスの感情である「太陽」を見るように視点を変えてみます。

太陽と自分の影2-1

 

「太陽」の真下であれば、影そのものは一切できません。

 

なんと言っても「太陽」に顔を向けているので、自分が作った影すら見ることもできないのが、いいです。

 

とにかく、自分の不安を手放すには、次のようにするのが一番です。

STEP.1
理解する
「得体のしれない不安の影」が自分が作ったフィクション(虚構)であることを理解します。 
STEP.2
見つけ出す
勇気を出して「本当の原因」を見つけ出します。
STEP.3
行動する
解決策を考えて、具体的に行動します

 

必要以上に「偽物の影」を
大きくしないように

行動することです!pose_kiri_woman

「本当の原因」をみつけてみると、どうなるのかな?

不安をコントロールでき、手放せる

 

「本当の原因」を見つけることができると、

 

「得体のしれない不安の影」をコントロールでき、不安を手放せることができます。

 

「得体のしれない不安の影」が実は自分の妄想で嘘っぱちだと気づけることは大きいです。

 

ふくネコ

勇気がでるねん。

 

「本当の原因」から具体的な対処方法を試みることができ、不安に打ち勝つことができます。

 

ふくカエル

「具体的に何をどうすればいいのか」が分かると心強くなります。

まとめてみたkerokero

 

  • 不安や感情は本当の原因がわからないかぎり、増長しつづけます。
  • まずは、必要以上に不安がらないことです。今感じている不安は自分が作ったフィクション(虚構)でないか?と疑うことです。
  • 次に、不安を引き起こしてる「本当の理由」を知ることです。
  • 本当の原因を知ることは、恐ろしいことですが、勇気を出して知れば、感情のコントロールできる突破口になります。

 

ふくネコ

最後まで読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。