気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」無作法な人の特徴。その2

eye-catch10

無作法な人の特徴。その2

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第5章 人とのかかわりについて」

「No.132 無作法な人の特徴。その2」

礼儀正しさを学ぶ 3

狂信的な言動は、自信のなさ、自分が信じていることを守れないといいう不安の産物である。

アラン先生「幸福論」より引用

力みすぎる人

 

力が入り過ぎちゃう人っています。

 

非常に恥ずかしいのですが、わたしもその一員です。

 

もうちょっと肩の力を抜いたらいいのにと言われます。

 

今回のアラン先生のテーマを勉強して

こりゃ、アカンやん!
あたしやめるわ!
もっと肩の力抜いて生きる!

とビックリしちゃったです。

 

アラン先生の言葉

 

アラン先生は、こんな風に言っています。

 

力みすぎる人はアカンよ。

力みすぎていると

不安がでてくるねん。

不安って

厄介やねん。

そのうち現状を

恨むようになるねん。

そしたらな、

耐えられなくなって

自分を憎むねん。

ほんで、

他人に当たりするねん。

なっ!

無作法なオンパレードやろう。

 

な~に。
力んでるの?怖いねんけど。もうやめて~~。

無作法な人の特徴って?

力みすぎちゃうこと

 

無作法な人の特徴のひとつとして、力みすぎちゃうことがあげられます。

pose_inoru_woman_hisshi

ここでの「力みすぎる」とは、気負いすぎたり、意識しすぎたり、無理しすぎたり、必死になることです。

 

ふくカエル

力んで、意地になっちゃう感じ。

力みすぎる背景?

 

この「力みすぎる」背景には、「大きな不安」があります。

 

不安があればあるほど、「どうにかしないとダメだ!」必死になって「力みすぎる」ようになるのです。

なぜ、力みすぎるとダメなの?

情緒不安定になるから

 

まず、「力みすぎる」と情緒不安定になるからです。

 

この情緒不安定は、特に独りでいるときに目立ちます。

 

独りでいるときは、自分を振り返る時間がたっぷりあるからです。

 

たっぷり時間があればあるほど、自分の自信のなさや不安をどうしても意識してしまうのです。

 

たとえば、

  • どうしても怖気ついちゃう自分を意識してしまう
  • 自分のモットーを守れない自分を意識してしまう

 

ふくカエル

これは厄介。

 

そうすると、精神的にまいっているときは、猛烈に不安になってしまいます。

 

ふくカエル

情緒不安定のマックス状態になります。

ふくネコ

感情のアップダウンが激しくなるのです。

 

突然、頭を抱えて落ち込んだり、おどおどしたり、

business_minus_man

かと言ったら、

急に「ダメだ!」と大声を上げたりするのです。

怒鳴る人

情緒不安定になって「あ~でもない! こ~でもない!

 

と、頭をかきむしって悶絶するのは異様に映ります。

hair_nukege_stress

周りから見ると「あいつ、大丈夫か?」「おかしくないか?」と思われるのです。

 

人を不安にさせちゃうのは、無作法な人と言われても仕方がないです。

現状を恨むようになる

 

次に、「力みすぎる」と、そのうち現状を恨むようになるからです。

 

どんなに必死になっても、

「自分の不安」に耐えていても、

そもそも「不安」はなかなか解消できるものじゃないからです。

 

ふくカエル

不安をつくる張本人は自分自身だからね

 

そのうちだんだんと「自分の不安」に耐えられなくなって、現状を恨むようになるのです。

 

なんでこんな状況に

耐えなあかんの?

あたしが

何をしたっていうの?

ちっとも良くならへんやんか!!

こうなった恨んでやる!

呪ってやる!
urami_woman

なんてなっちゃう。怖すぎ。

他人や自分を憎むようになる

 

そして、最終的に他人や自分を憎むようになるからです。

 

悲惨になっている自分がどうしても嫌になって、自分を憎み自己嫌悪に陥ります。

 

「他人の幸せ」が、どうしてもしゃくにさわって、八つ当たりをするようになるのです。

じゃあ、力みすぎないようにするには、どうすればいいのかな?

肩の力を抜いて、リラックスする

 

まず、肩の力を抜いて、リラックスしてみます。

 

力みすぎている状態は、心や身体をカチコチに硬くしているからです。

 

なので、背伸びをして身体の緊張をほぐしてみます。

 

不安を取り除くには、心や身体を現実に柔軟にすることが第一です。

pose_nobi_man

気負いすぎない

 

次に、何でもかんでも気負いすぎたり、意識しすぎたり、無理しすぎないことです。

 

世の中はうまくいくときと、ダメなときがあります。

 

そして、ダメなときがほとんどです。

 

「成功するぞ!」と気負い過ぎて意地になると、そうならない現実に不安を抱えることになります。

 

そうならないように、あまり気負いすぎないように努めます。

 

ふくネコ

意地になると、引っ込みつかなくなるからね。

恨んだり、憎んだりしない

 

そして、力んで気負い過ぎて、思い通りにならない現状を恨んだりしないことです。

 

自分を憎まないようにします。

 

また、他人と自分を比較して落ち込まないことです。

 

ふくネコ

比較すると、みじめになっちゃうよ。

 

他人に八つ当たりして憎まないようにします。

そうすると、どうなるのかな?

不安は、人を無作法にさせることに気づく

 

「力みすぎる」と

  1. 不安が生まれ悩み
  2. 情緒不安定になり
  3. 現状を恨むようになり
  4. 自分や他人を憎むようになる

ことが理解できると、

 

不安は、人から礼儀正しい態度を奪い、人を無作法にさせることに気づきます。

まとめてみたkerokero

 

  • 無作法な人のもう一つの特徴に、力みすぎることがあげれます。
  • 力みすぎるとどうしても不安になります。
  • 不安は人を情緒不安定にさせます。
  • 次第に思い通りにならない現状に悩み、自分の現状を恨むようになります。
  • そして、他人や自分を憎むようになるのです。
  • 不安は、礼儀正しい態度を奪い、人を無作法にしてしまいます。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。