気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

望むばかりじゃなく、決意してみる。

アイキャッチ画像

望むばかりじゃなく、決意してみる

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第2章 自分自身について」

「No.52 望むだけではなく、決意する」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

望むばかりではなく、決意する

金持ちになりたいと思って、どうやってもなれなかった人がひとりでもいるだろうか。そうなろうと決意した人で、という意味である。ただ望むことと、決意することとは、別なのだ。

アラン先生「幸福論」より引用

口ばっかり人間

 

「あんな風になりたい!」

「こんな風になりたい!」

と、口ばっかり動かして、強く望むばっかりの「わたし」です。

この『口だけ野郎!』と言われてます。

なんだあ?呼んだか?
pose_ganbarou_man

でもです。世の中にはこんな『口だけ野郎!』がいっぱいいると思うのです。

お前だけじゃ~!
あほんだら~~!animal_kowai_kaba
えっ?お前だけ?
まじ、決めつけんな?

ふくカエル

だったら、本当にすみません。

カエル風アラン先生の言葉

 

口ばっかりで一向に努力しないときにアラン先生がいてくれたら、

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

と、いろいろと想像してみました。

 

望むばかりじゃ

なにも成果が出ないぞ。

夢も実現できない

そもそも

夢は望むものじゃない

夢は実現するものだ。

そして何よりも大事なことは、

夢を実現する決意をすることだ。

なぜ、望むだけじゃダメなのかな?

いつまでも行動にうつさないから

 

望むだけだと、いつまでたっても行動しないからです。

 

中には、「強く望むと願いが叶うに違いない!」という猛者もいますが、

 

そんなんじゃ、基本的にいつまで経って夢は実現しないです。

pose_inoru_woman_hisshi

具体的な「第一歩」という行動があって、初めて夢が近づいてきます。

小さいながらでも成果が出てくるのです。

 

望むばかりは、
動かない石に向かってishi_stoneこら、動けい!」と
言っているようなもんです。

 

みんな知っていることですが、

どんなに必死に望んでも石は自ら動きません。

ほんまに、
動かんぞ!

自分の手で石をむんずとつかんで、動かさないとダメなのです。

逆に決意すると、なぜいいのかな?

具体的な行動をするから

 

決意すると誰でも分かるのですが、その瞬間から実現にむかって何か具体的な行動を始めるからです。

 

自分の意志を一本決定すると、先々自分が「するべきこと」が見えてくるのがいいです。

 

「するべきこと」が見えてくると、「早くしなくちゃ!」と俄然やる気がでてきます。

pose_ganbarou_man

ふくカエル

気合が入ってくるねん。

ただただ望むばかり

決意するとでは、根本的にココが違ってきます。

 

やる気が出て、気合が入って、第一歩を踏み出す行動を起こせるのは、「やるぞ~!」と決意したときなのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

決意したら、やる気の絶頂期だと思う!

 

まずは、決意をしたら、今瞬間が自分の「やる気100%」絶頂期だと思うことです。

ふくカエル

これが大事です。

すぐに行動を起こします。

 

何かをしよう!」と思ったときに出てくる「やる気のパワー」は、

 

とにかくすごいエネルギーなのです。

 

決して、見逃してはダメです。

ふくカエル

やる気パワーは半端ないです。

ふくネコ

最高のパフォーマンス能力をも自分から引き出せます

周期

この瞬間の「やる気パワー全開」を持続できれば、成果がどんどん出てきます。

小さな行動をいっぱい集める

 

次に、やる気パワーを搭載した「小さな具体的な行動」をいっぱい集めます。

ふくカエル

小さな行動をバカにしないことが重要!

 

小さな行動」から出てくる「小さな成果」を集めることで、「大きな成果」にしていきます。

 

小さな成果の山を集めてmountain_yama

大きな成果の山にするmountain_yama

この「小さい」ことから「大きく」するプロセスをバカにしてはダメです。

たとえば・・・

お金がないだって? だけど、いつもお金を軽蔑していたではないか!

お金は自分に敬意を払って受けとってくれる人のところへ行くものだ。

たとえば、お金持ちになりたいのなら、

 

小さなお金をも徹底的に大事にすることから始めます。

ふくカエル

1円に笑うものは1円に泣くです。

ふくネコ

たかが1円、されども1円なのです。

とにかく、お金に敬意を払います。

 

お金持ちになりたい人は、本当にお金を大事にします。

「ケチになる」とはまた違うのです。

お金を非常に有意義な使い方をします。

 

ふくカエル

生きたお金の使い方をするねん。

 

試しに、敬意を払って「お金」を大切にしてみてください。きっと「小銭たち」が集まってきます。

ふくカエル

敬意を払うことは「けちん坊」になることじゃないからね!
money_kechi_woman

ふくネコ

価値あるお金の使い方をすることだよ。ここんところが大事だからね。

そうすると、どうなるのかな?

自分の足跡を残せる

 

望むばかりではなく、自分で決意して具体的な行動を起こせる人は、自分の足跡を残せます。mark_footprint2

たとえ、成果がそれほど出なかったとしても、なにか具体的に行動したという実績が必ず残ります。

 

そしてこれは「自分の立派な財産」になります。

 

これは、ちゃんと「決意」して、行動した人間だけに与えられる「プレゼント」なのです。

present_open

たとえば・・・

 

たとえばです。

 

あれほど勉強したのに、受験に失敗して志望校に入れなかった場合です。

 

必死になって勉強した日々は「輝かしい事実」になって残ります。

 

たしかに、その時は非常に残念に思うかもしれません。

 

でも、将来の自分の人生のどこかで過去を振り返ってみると、

 

必死になって勉強した日々がまぶしく輝いて見える時が来ます。

 

ああっ、あの頃のあたしは
眩しいぜ。

まとめてみたkerokero

 

  • ただ望むばかりではなく、決意することが大事です。
  • 決意すれば、具体的な行動を起こすことができます。
  • やる気と最高のパフォーマンス能力を自分の中から引き出すことができます。

 

人生は、行動した者が恩恵を授かるようにできてます。

 

この恩恵は、望むばかりじゃ授かることができません。

 

決意をしてちゃんと行動した者だけに与えられるものです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。