気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」前向きな気持ちに従ったほうがいい理由とは?

eye-catch

前向きな気持ちに従ったほうがいい理由とは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第5章 自分自身について」

「No.141 前向きな気持ちに従ったほうがいい理由とは?」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

前向きな気持にしたがう

心には危険の大小を見分ける確とした能力がある。

だから安心して自分の衝動を行動に移すのがいいだろう。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

前向きな気持ちのとき

 

生きていると、ある日、突然に前向きな気持ちになることがあります。

 

「ちょっと頑張ってみようかなあ?」と思っちゃうのです。

 

でもです。ちょっと心の中に葛藤が生まれます。

「果たして、大丈夫か?」

「後悔しないか?」です。

 

なので悩ましいです。

darui_woman

バル先生の言葉

 

前向きな気持ちになっているときに

 

バル先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

前向きな気持ちは

従ったほうがいいぞ。

チャンスになる!

 

ここは後ずさりせず

素早く行動だ。

実力を発揮でき

成功するぞ。

なぜ、前向きな気持ちに従ったほうがいいのかな?

心には危険を察知するセンサーがあるから

 

人間の心には危険を察知するセンサーがあるからです。

人間は生まれてからずっと危険と隣り合わせに生きています。

 

そして、過酷な環境に生き抜いてきた祖先の情報が身体に組み込まれています。

 

なので、自然と危険を察知することができるのです。

 

たとえば、危険は「不安」となって察知することができます。

 

このセンサーがあるので安心して前向きな気持ちに従うことができます。

 

ふくカエル

危険察知センサーが感知しないのなら安心。

ふくネコ

がんばって。行動に移してみよう。

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

前向きな気持ちを後回しにしない

 

まず、前向き気持ちを後回しにしないことです。

 

後回しにすればするほど、あと知恵が出てきて、前向きな気持を否定するようになるからです。

 

用心深く、かつ素早い行動をとってみる

 

次に、「思い立ったら吉日だ!」と思って、素早い行動をとるようにします。

 

前向きな気持ちのうちは、

なんでもやる気が出てて、ものごとに集中することができるからです。

 

自分の実力を発揮できやすくなります。

ふくカエル

このチャンスを逃すのはもったいない。

そうすると、どうなるのかな?

やる気を削がずにモチベーションを維持できる

 

前向きな気持ちを大切にして従うようにすると、

 

やる気を削がずに、自分のモチベーションを維持することができます。

前向きな気持ちは、実力を発揮しやすくなる

 

それに、前向きな気持ちでいるときは、集中力が増すので自分の本来の実力を発揮しやすくなります。

成功する

 

また、モチベーションを維持し、集中力をアップすることで意外と早く成功できます。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

前向きな気持ちになっても大切にするだけで、素早い行動をとれません。

 

後回しにするうちに、前向きな気持ちを否定してしまいます。

知恵のある人

 

前向きな気持ちであるときに、素早く行動します。

 

モチベーション維持と集中力をアップして、実力を発揮します。

まとめてみたkerokero

 

  • 前向きな気持ちは大切にしたほうがいいです。
  • 後回しにせず、素早く行動にうつしたほうがいいです。
  • モチベーション維持と集中力がアップして実力を発揮しやすくなります。
  • 成功も手に入れることができます。

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。