気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」思い出が少ない人に知らせたい、とっておきの方法とは?

思い出が少ない人に知らせたい、とっておきの方法とは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸福について」

「No.162 かけ足でものごとを見ない」

 

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

アイキャッチ画像11アランの「幸福論」について

 

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

かけ足でものごとを見ない 1

かけ足でものごとを見ていたら、みんな同じように見えてしまう。

アラン先生「幸福論」より引用

思い出が少ない!

 

振り返ると、
あんまり思い出がないんだよなあ?darui_man

と、悩んでいませんか?

カエル風アラン先生の言葉

 

このように悩んでいるときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

と、いろいろと想像してみました。

 

思い出が少ない

と、悩んでいる人にはね、

共通する「一つの癖」があるねん。

その癖がないかどうか

ちょっとチェックして

欲しいねん。

「あれ? ほんまなやあ!」

と思ったら、癖を直すように

気をつけたらいいねん。

そしたら、思い出が増えるねんで。

とっておきの方法とは、これ!

これです!

何でもかんでも、かけ足で見てしまう癖を直す!

ことです。

 

思い出を残せない人には、

「何でもかんでも、かけ足で見てしまう」という癖があります。

 

ふくカエル

まあ、言ってみれば「せっかち」やねん。

 

  • 時間を非常に気する
  • 計画通りにものごとが進まないと、すぐにイラっとする

という特徴があります。

 

実は、せっかちな人ほど、
思い出が少ないねんでぇ。pose_kiri_woman

ふくネコ

これって、ほんまにそうねんでぇ。

なぜ、かけ足で見るとダメなのかな?

ものごとの本質に迫れないから

 

実は、かけ足でものごとを見ると、そのものの本質に迫ることができないからです。

同じようにしか見えないから

 

まず、かけ足で見ると、なんでも同じようにしか見えないからです。

 

あれも見なくちゃ、これも見なくちゃ!
pose_hashiru_guruguru_womanと走って見ると、
よほどの動体視力がないと
もっと同じに見えてしまう。

 

表面をサラッと見るだけなので、流れる景色を見る感じになり、全体的に印象が薄くなるのです。

 

ほかの言い方をすれば、一応「自分の目」で見てるけど、「心の目」では見てない状態になります。

 

ふくカエル

心あらずで見ると、景色がぼやけるねん。

 

「心の目」で見ず、サラッと見るだけなので、ありきたりな「印象」になってしまうのです。

 

ふくネコ

どうしても印象も薄くなる。

 

なので、せっかく旅行に行っても、印象がうすくてペラッとした思い出しかないのです。

リアルな体験ができないから

 

次に、かけ足で見ると、リアルな体験ができないからです。

 

ものごとの表面をサラッと感じるだけなので、「生々しい感情」が湧いてこないのです。

 

ふくネコ

うわべだけじゃ、感動できひんねん。

 

どんなものでも同じですが、

 

人は、自分の手に取って、そのもののリアルな感触を持たずに過ぎ去ってしまうと、

 

どうしても強い印象が残らず、記憶があいまいになり、思い出として残らないのです。

興奮しないから

 

さらに、かけ足で見ると、ぜんぜん興奮しないからです。

 

ふくカエル

興味や好奇心が湧かないねん。
  • 全部同じに見える
  • 生々しい感情が湧かない
  • リアルな感触がない

となると、

 

  • 新鮮さを感じる
  • 新しい発見をする

といったその現場でしか味わえない「刺激」を受けて、興奮することがなくなります。

 

興奮しなければ、探求心もなくなります。思い出にならずに終わってしまうのです。

ふくネコ

ほんまに、残念やねん。

じゃあ、思い出を増やすために、どうすればいいのかな?

とっておきの方法とは、これ!

 

そこで、とっておきの方法とは、これです!

  1. じっくり見るようにする
  2. 五感で感じる
  3. 予定を気にしない

です。

1.細部まで見るようする

 

まずは、出来るだけ時間的余裕をもって細部まで見るようにします。

 

ものごとをサラッと見ただけで「はい!終わり!」としないことです。

2.自分の五感で感じとる

 

細部まで見るようために、自分の五感で感じとるようにします。

 

五感(目、耳、鼻、口、肌)で感じると、有意義な体験ができます。

ふくカエル

ちゃんと味わうねん。

 

 

まず、目で味わいます!

sense_gokan_man1_shikaku

まず、自分の目で味わってみます。

 

さらっと見て終わるのではなく、真剣にじっくりと観察します。

ふくカエル

穴が開くぐらい、じ~っと見るねん。

たとえば、きれいな装飾品や芸術品なら、細かい部分までしっかり見ます。

 

そうすると、自分の目で感じ取った印象が残ります。

次に、耳で味わいます!

sense_gokan_man2_choukaku

次に、自分の耳で味わいます。

 

たとえば、

  • 自然の音
  • 人の声
  • 動物の声

など、いろいろな音を意識的に聞いてみます。

 

自分の身近な音と比較してみたり、音程やリズムを感じます。

また、鼻で感じてみます!

 

また、自分の鼻で感じてみます。

 

自分の周りにあるニオイも感じとってみます。

 

その土地、その場所でおりなす特徴的な匂いに敏感になってみます。

 

たとえば、

  • 森林の多いところの匂い
  • 海に近いところの匂
  • 産物があるところの匂いなど

その土地ならではの匂いを嗅いでみます。

 

くんくん!
お好み焼のソースの匂いがする!sense_gokan_man3_kyuukaku

さらに、味覚で味わってみます!

 

さらに、自分の味覚で味わってみます。

 

たとえば、その土地の産物を舌で味わってみます。

 

時間をかけてゆっくりと味わうのがいいです。

 

その土地の名産には、必ず歴史があるので、その背景などを想像して味わうと、さらに奥行きが深くなります。

 

言い伝えを教えてもらうと感激します。

 

甘いものを食べると感動するねん。sense_gokan_man4_mikaku

そして、肌で触れて感じてみます!

 

そして、全身の皮膚でものに触れて感じてみます。

 

「見た目の感じ」と「実際に触った感じ」が違うことは普通にあります。

 

ごつごつした感じだったのに、実際にさわると柔らかくて不思議な感じってあります。

 

たとえば、空気や風です。

 

全身の肌で感じ取ってみると、普段の空気や風とは違った趣(おもむき)があります。

滝のしぶきって本当に爽快な気分になるよね。

ふくネコ

心が和むこともあるねん。

 

ふむふむ。
感じこんななんだなあ!sense_gokan_man5_syokkakuと思うことが
ぎょうさん(訳:たくさん)あるねん。

3.予定を気にしない

 

そして、予定をぎちぎちに気にしないことです。

 

これは、したらアカンねん。pose_iraira_matsu

 

計画通りに進めることをやめて、時間的余裕を持つようにします。

 

 

ふくカエル

心の余裕を持つために、時間の余裕を持ってみるねん。

 

 

時間的余裕があると、人はゆったりするし、焦ることが少なくなります。

 

心の余裕があると、「心の目」でものごとを見るようになります。

4.何か発見してやろう!と思う

 

そして、いつも

何かを発見してやろう!pose_arasagashi

と思うようにします。

 

このような意気込みで、目の前にあるものごとを見るようにすると、

 

自然と細部まで見るようになり、新たな発見へとつながります。

 

そして、自分にとって印象深いもの変わってきます。

 

たとえば、

帰ってから、
あの子(大好きな人)に伝えよう!hirameki_man

と思うだけでも、すべてのものがイキイキと見えるようになります。

 

ふくカエル

自分の心がけ次第で、目の前の世界が変化するねん。

そうすると、どうなるのかな?

リアルな体験ができる

 

まずは、リアルな体験ができます。

 

時間をかけてじっくりと見たり、感じることで、より深く関われるからです。

いろいろな発見ができる

mark_manpu12_hirameki

次に、かけ足でものごとを見ることを止めて、じっくりと見るようにすると、いろいろな発見ができます。

 

いろいろな発見は、そのまま「素敵な思い出」となり、自分の人生にとって「価値あるもの」になります。

 

ふくネコ

ただの思い出じゃなく、貴重な思い出になるねん。

心にゆとりができる

 

そして、かけ足でものごとを見るのをやめると、「心にゆとり」ができます。

 

「心にゆとり」が生まれると、未知なるものに出会たときに、ユニークで柔軟な発想が生まれます。

 

そして、このゆとりとユニークで柔軟な発想が、新たな思い出をどんどん作っていきます。

まとめてみたkerokero

 

  • 思い出を増やすには、何ごともかけ足で見ないことです。
  • ものごとを表面だけサラッと見ただけでは、ものごとの本質に迫ることができません。
  • 細部まで見るようにすると、印象が強くなります。
  • ものごとを五感でじっくり味わえば、有意義な体験ができます。
  • 時間的余裕を持つと、心の余裕が生まれて、じっくり見るようになります。
  • 探求心を持ってみると、新たな発見をすることができます。

 

人生100年と言われていても、たかが100年です。

 

あっという間に過ぎてしまいます。

 

なので、ものごとをサラッとかけ足で見るのはもったいないです。

 

腰を据えて、じっくりと見るようにしたいです。

 

自分の中に、思い出として何かを残さないと、せっかく生まれてきたのにもったいないです。

 

何ごとも、二度と味わえないかもしれない貴重な時間だったと考えてみます。

 

一期一会です。

 

目の前のものごとにも「一期一会」の考え方を通してみると、大きな思い出となります。

 

ちょっと足を止めるだけでもいいのです。

 

足を止めて感じてみることが、思い出をつくる第一歩やと思います。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。