気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」喜びが大きくなる方法。

喜びが大きくなる方法

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸せについて」

「No.161 喜びが大きくなる方法」

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

学びつづける

しかし、自分でつくる幸せはまぼろしではない。

(中略)

知識が増えるほど、もっとたくさん学ぶことができる。

アラン先生「幸福論」より引用

脳みその喜び

computer_jinkou_chinou

わたしは、自分や人が喜んでいると、

  • ああ!今、脳みそが喜んでいるんだなあ!
  • 脳みその中がスパークしてるんだなあ!

 

と考える、ちょっと変な奴です。

 

でもです。

脳みその中で「何かの神経」と「何かの神経」がつながって、

びっびび===!

と「興奮しているんだなあ!」と考えると、ちょっとおかしくなってくるのです。

kanden_gaikotsu

アラン先生の言葉

 

ちなみに、アラン先生は、こんな風に言っているようです。

 

喜びを減らさずに

大きくする方法があるんだ。

喜びは大きければ

大きいほどいい。

人をイキイキさせるからね。

 

喜びを大きくする方法を知ると

自分で幸せを

作ることができるのが、

またいい。

人をあてにしなくていいのが、

またまた、いいのだ

喜びを大きくする方法とは、これ!

 

喜びを大きくする方法とは、次の2つです。

  1. 自分で学ぶこと
  2. 学んでいくプロセスの中に隠れている幸せを見つけること

 

この2つを身につけると、日々喜びは大きくなって、自分の暮らしが充実してきます。

なぜ、自分で学んだほうがいいのかな?

人から与えられる幸せはまぼろしだから

 

人から与えられる幸せはまぼろしだからです。

ふくカエル

すべてが、イリュージョンなんです。

これは本当です。

 

第一、自分の幸せを他人まかせにしているので、自分の能力で幸せになってないし、

 

相手の気分次第で、幸せになったり、不幸になったりします。

 

ふくカエル

相手の気持ち次第で、突然自分の幸せがまぼろしになってまうのです。

ふくネコ

全くもって、当てにならない幸せです。

それに、ちっとウンザリするから

 

それにです。

ある程度大人になって自我が目覚めると、自分の幸せを他人まかせにしていることにウンザリします。

 

とくに、相手から無理やり与えられる幸せには、ウンザリ感がぬぐえません。

 

たとえば、自分の人生のレールを勝手に敷かれて、

torokko_trolley_rail_businesswoman

  • その通り歩けば、絶対に幸せになる!
  • こうすればいいんだ!

な~んて、幸せをぐいぐい押し付けられると、思わず逃げ出したくなるもんです。

 

あかん!あかん!
あか~~ん!owareru

自分で学びとったのは現実だから

 

それに引き換え、自分で学びとった幸せはリアルな幸せだからです。

 

ふくネコ

まぼろしじゃないです。

 

そして、確実にこれかも続く幸せになるからです。

 

ふくカエル

どんなに小さな幸せでも、リアルなのです。

学びとるプロセスの中に隠れているから

 

それに、

学びとるプロセスの中に「真実の喜びと幸せ」が隠れているからです。

 

この忍者のように
隠れてます!ninja_tenjo

学び続けると、知識がどんどん増えてきます。

増えると同時に、理解できることも多くなるので、

学べる範囲が広くなっていきます。

 

学べる範囲が広がれば広がるほど、そのプロセスの中

  • 大きな喜び
  • 大きな幸せ

に気づく瞬間が訪れるのです。

 

こんなん分かっちゃたわ!
めっちゃラッキー!book_hirameki_keihatsu_woman

さらに、一生続けることができるから

 

さらにです。

学び続けることは自分のやる気さえあれば、一生涯することができるからです。

 

自分の心がけ次第で、どんどん学ぶことができます。

誰も止めません。学ぶことは、本来すごく自由なのです。

 

一生、学び続けられると、一生、幸せを享受することができます。

 

ふくカエル

永久的なのです。電池交換は必要なしです。

 

享受するとは?
受け取って自分のものにすること、味わい楽しむことです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

できるだけたくさん学んでみる

 

まず、できるだけたくさんのことを学んでみます。

知識を増やしてみる

 

次に、知識を増やしてみます。

知識が増えれば増えるほど、理解力が増えます。

ものごとから、いろいろな意味を理解できるようになります。

プロセスの中で見つけてみる

 

また、学んでいくプロセスの中で「真実の喜びと幸せ」を見つけるようにします。

pose_arasagashi

  • わあ、こんなことが分かった嬉しい!
  • これを次に実践してみるぞ!

という自分を発見したり、実感したりします。

 

この発見や実感が、喜びや幸せをさらに大きくするのです。

できるだけ続ける

 

そして、できる限り学び続けます。

一生涯、続けるのが理想です。

そうすると、どうなるのかな?

知識が増えると、喜びが増える

 

まず、学び続けることで知識が増えると、喜びや幸せが大きく増えます。

決して、減りません。

いろいろな喜びを即座に見つける知識があるし、

喜びの価値を理解する能力があるからです。

 

ふくカエル

めったに味わえない喜びだと分かるのです。

ふくネコ

この瞬間の幸せがどんなに貴重なのか分かるのです。

 

この知識と能力は、苦痛の最中にあっても喜びを見いだすことができます。

ふくカエル

泣き叫ぶことを我慢することができます。

つらい勉強も楽しくなる

 

次に、学び続ければ、つらい勉強も楽しくなります。

 

どんなに苦痛な勉学でも、知識が増えたり、理解できることが多くなると楽しさを見い出せるからです。

 

ふくカエル

難しい問題が解けると、つい興奮するのに近いです。

自分の力で作れる

 

さらに、本当の幸せを自分の力で作り上げることができます。

 

自分で学び続けることで、

自分の幸せなのに他人まかせにしたり、他者依存してしまうことから抜け出せるからです。

 

ふくネコ

自分の足で立つことができます。

人を正しく愛せる

 

そして、なによりも人を正しく愛せます。

 

学び続けることで知識と理解力を手に入れ、自分の喜びや幸せを作ることができるからです。

 

自分の幸せを自分で作ることができる人間になれてこそ、

 

初めて、人を正しく愛せるようになれるのです。はい。

pose_peace_sign_woman

まとめてみたkerokero

 

  • 人から得られる幸せはまぼろしです。自分で学び取った幸せは真実です。
  • 喜びを大きくする方法は、自分から進んで学び続けることです。
  • また、学びとるプロセスの中に隠れている真実の喜びと幸せを見つけることです。
  • 知識が増えれば増えるほど、たくさんのことを学べ、喜びと幸せが大きくなります。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。