気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」必ず勝つために、押さえておくポイントとは?

eye-catch

必ず勝つために、押さえておくポイントとは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第4章 行動について」

「No.101 進んで行動する 2」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

進んで行動する 2

その戦いが自分の意志によるものであるならば、苦闘の末に手にする勝利ほど気持ちのいいものはない。

アラン先生「幸福論」より引用

勝ちたい!

 

よっしゃ~!やってやる」と一念発起したからには、何とかして勝ちたいものです。

pose_ganbarou_man

でも、現実はとにかくつらい毎日が続きます。

なので、つい負けてしまうのです。

 

もうアカンわ~~!pose_shirohata_man

なんてこともしばしば・・・・。

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

と、いろいろと想像してみました。

 

ここで勝負だ!

と決めたのなら、

踏ん張ったほうがいいで。

苦しんで、

もがけばもがくほど、

手に入れた勝利は

甘く美しくものになるねん。

 

そやから、

ちょっとここで、

こっそりと教えておきたい

ことがあるねん。

必ず勝つために、

これだけは押さえてほしい

ポイントやねん。

押さえておくポイントとは、これ!

これです!

 

自分が必ず勝つために、これだけは押さえて欲しい!と思うものは、

意志の力!

です。

たとえば、こんな力です!

 

  • 実行力
  • 行動力
  • 決断力
  • 本気力
  • 忍耐力
  • 努力

などです。

なぜ、意志の力が必要なのかな?

自分を動かす力があるから

 

意志の力には、自分を動かす力があるからです。

ふくカエル

不思議な力やねんけど、すごいねん。

自分を動かす力こそが、勝利を手繰り寄せられます。

 

自分から勝利を求めて動くことが、一番必要なことなのです。

ふくカエル

ほんまにそうやねん。

ふくネコ

自分が動かないと何も始まらないからやねん。

 

どんなに勝利を神仏に望んだとしても、勝利の方から近づいてきません。

pose_inoru_woman_hisshi

ふくカエル

何もしない者からは、勝利は逃げるねん。

だから、自分から一歩踏み出して、勝利に近づくことが大事なのです。

立ち直す力があるから

 

また、意志の力には、自分を立て直す力があるからです。

  • 不運
  • 失望
  • 苦労
  • 忍耐

など、くじけそうになるときに、立ち上がることができます。

 

苦戦を強いられたときにこそ、意志の力で自分を立て直す力が絶対に必要なのです。

こんなことでは負けへんぞ!tachiagaru_manという意志の力です。

ふくカエル

結局、どんなときでも自分を動かす力が必要なのです。

ふくネコ

意志の力は気持ちを支えるねん。

じゃあ、具体的に「意志の力」を強くするのかな?

まずは3つ!

 

意志の力は誰にも備わっています。でも、強くするのは自分次第なのです。

 

そこで、強くするには、次の3つのことを意識するのがお勧めです。

それは

  1. 希望
  2. 自信
  3. 勇気

の3つのセットです。

 

この3つを心がけることで「意志の力」がパワーアップします。

1.まずは、希望

kirakira_man

まず、希望をもつことです。

 

「自分は必ず勝つ!」という希望を持ち続けます。

 

これは、あらゆる場面で、意志の力を本当に強くします。

ふくカエル

プラス思考を育てるのが大きいねん。

 

希望は、とくに必ず勝つために必要な

  • モチベーション維持
  • 忍耐力
  • 継続力
  • 不屈の精神力

などを強くします。

 

ふくネコ

希望は、意志の力にエネルギーも与えるねん。

 

明るいハッキリとした希望を持つと、どんな場面でも「ここでやめてたまるか!」意欲(意志の力)がでてきます。

ふくネコ

ほんまに、頼もしい希望やねんよ。だから、持ってね。

希望を持つ方法とは?

 

希望を持つには、喜びを見つけることがお勧めの方法です。

 

どんな小さなことでもいいので、前向きな気持ちになって喜びます。

  • 楽しさ
  • 可笑しさ
  • 興味でワクワクする
  • 期待でドキドキする

などを探すのがいいです。

ふくカエル

日々の暮らしの中で、意識して過ごすと結構あるよ。

2.次に、自信

 

次に、自信を持つことです。

 

自信とは、自分の力を信じることです。

 

これは、何と言ってもブレない自分を育ててくれ、あれこれ迷うことが少なくなくなります。

 

ふくカエル

実は「動揺しない自分」を手に入れるのってむずかしいねん。

 

それだけでなく、次のような場面で、意志の力を強くします。

  • 本気を出すとき
  • 表現するとき
  • 実行するとき
  • 行動するとき

などです。

 

このような場面に「これが自分にとって正解なんだ!」という自信があると、

 

最大限のパフォーマンス能力を引き出してくれるのです。

ふくネコ

自信も、ほんまにありがたいねん。

 

潜在能力を
引き出してくれるかも?
hyouzan2

自信をつける方法とは?

 

自信をつけるのはそう簡単なことじゃないのですが、一つの方法としてお勧めしたものがあります。

 

それは、これまで自分が成しとげた成果を記録として残しておくことです。

 

またもや、ノート作戦です!bunbougu_note

たとえば、

  • 「達成ノート」
  • 「弱点ノート」

の二種類を作ります。

達成ノートとは?

 

「達成ノート」とは、

  • 自分がこれまで達成したこと
  • 成功したこと
  • ほめられたこと

などを書き留めておくノートです。自分の達成や成果を目に見えるカタチとして残します。

 

ポイントは、できるだけ詳しく書くことです。

 

後から自分が読んだときに、

  • そのときの状況
  • そのときの感情

などを、ありありと思い出せるようにしておくのです。

 

ふくカエル

目に見えるカタチにして、

ふくネコ

自信を強くするアイテムにするねん。

 

そして、

  • 気弱になったとき
  • 自信を失いそうになったとき
  • 身体や精神の調子が悪いとき

に読み返します。

弱点ノートとは?

 

「弱点ノート」とは、

  • 自分がこれまで犯した間違い
  • 失敗やミスしたこと
  • ちょっと悔しかったこと

を記録しておきます。

 

自分の感情などを詳細に書いた「達成ノート」とは違い、事実を客観的に淡々と記録しておきます。

 

ふくカエル

まあ言うなれば、分析ノートにするねん。

 

この「弱点ノート」は失敗を集めたノートなので、

 

直接に自信をつけるものにはなりませんが、非常に役立つノートになります。

 

たとえば、

  • 自分が克服すべき「課題ノート」
  • 「具体的な解決策」を考えるときの重要なヒント集

になるのです。

 

あるいは、失敗したときには

 

失敗から目をそらし、現実逃避に走ろうとする自分をコントロールし、現状把握に努める自分に方向転換してくれます。

 

失敗から学び、そして糧にする機会を与えてくれる、本当にありがたいサブノートになるのです。

 

ふくネコ

逃げたくなる前向きに変えてくれるノートやねん。

3.そして、勇気

 

そして、勇気を出すことです。

 

勇気を出すことで、自分の意志の力がさらにパワーアップします。

 

とくに

  • 躊躇なく冒険するチャレンジ精神や行動力
  • 不安や恐れに負けない精神

などをパワーアップします。

 

このような

果敢にチャレンジする
行動力

 

があると、

 

どんなチャンスが巡ってきても、決しておろそかにせず、活かすことができます。

 

その後の人生を大きく変化させ、自分の勝利に大きく貢献してくれます。

勇気を出す方法とは?

 

勇気を出すには、あらかじめ「具体的な解決策」を考えておくのがお勧めの方法です。

 

「具体的な解決策」とは、突然のアクシデントが起きたときに

  • 自分が考えるべきことは何か
  • 自分が行動するべきことは何か

を具体的に考えて、理解し、常に頭の中でシミュレーションしておくことです。

 

ここでは、先におしらせした「弱点ノート」を利用します。

 

ふくカエル

この弱点ノートが「解決策」を考えるときに非常に役立つねん。

 

この「具体的な解決策」を考えておくと、どんな失敗があっても、

  • 動揺する
  • 焦る
  • 自暴自棄になる
  • 優柔不断になり

ことが少なくなります。

 

むしろ、大きな安心感を与えてくれ、勇気を出すための後押しにもなってくれるのです。

 

大丈夫だ!任せておけ!いざという時のサポートは万全だぞ!

ってな感じです。

 

ふくネコ

「具体的な解決策」は自信をもつけてくれます。

意志の力をもつと、どうなるのかな?

待つのではなく、自分で行動できる

 

意志の力が充実していると、

 

運に任せることをやめて、自ら勝利に向かって動くことができます。

 

自分の実力に応じた目的を絶えず達成し、自分の成果で満たされた明るい生活を送れます。

悩んだときにも、行動できる

 

意志の力が充実していると、

 

選択に悩んだときにも、うろたえることなく行動できます。

実は、選択肢はどれを選んでも

 

さほど勝利に重要でなく、

 

本当に重要なのは、

 

「選択した後に、自分がどう行動するか?にあるからです。

 

ふくカエル

そんなに影響に差がないのです。

意志の力は、選択に悩み「中途半端で宙ぶらりんになった自分」をリセットしてくれます。

正しいと考えることができる

 

意志の力が充実していると、

 

どんな運命をも「自分にとっては正解だった!」と考えることができます。

決して、これは過ちを無理やりに

 

正当化しようとするのではないのです。

 

たとえ過去に過ちを犯したとしても、

 

意志の力によって行動などを改め、

 

過ちの意味あいを変えることできるということなのです。

ふくカエル

自分が自信を持って正しいと思えば、

ふくネコ

その瞬間から「正解の選択」になるねん。

いらないものを払いのけられる

 

意志の力が充実していると、

 

自分にとっていらないものを迷いなく払いのけることができます。

 

障害物がなくなると、自分の勝利への「道のり」がはっきりと見えてきます。

自分で切り開ける

 

意志の力が充実していると、

 

どんな不都合な状況でも自分で切り開き、好都合なものにできます。

 

不都合な状況を、

  • 好都合な状況に転換する
  • 新たな課題として有利に展開する

ことができるのです。

 

ふくネコ

自分の弱点が見つかっても、むしろ良かったとできるねん。

欲しいものは自分で取りに行ける

 

意志の力が充実していると、

 

自分が欲しいものは自分で積極的に取りに行くことができます。

ふくカエル

引っ込み思案がなくなるねん。

 

さらに意欲的な状態で、矛先のよいスタートを切ることができるので、

 

自分が思った以上に早く勝利を得ることができます。

ためらわず宣言できる

 

意志の力が充実していると、

 

ためらわず堂々と自分の勝利を宣言できます。

 

自分がどんなに手に入れたいのかをアピールすることも、ときには重要なのです。

ふくカエル

自分から求めようとしない人には、何も与えられへんからです。

自分の記録を残せる

 

意志の力が充実していると、

 

自分の勝利までの記録を残すことができます。

 

どんなに移り変わりの激しい時代であっても、

 

自分の意志をブレずに貫き通して、淡々と成果を出し続けることができます。

ふくカエル

継続する力すごいぞ!ってやつです。

本気を出せる

 

そして、意志の力が充実していると、

 

どんなときでも本気を出すことができます。

 

恥ずかしがらず、世間体を気にせず、純粋に自分の勝利に賭けて、本気になることができるのは尊いです。

まとめてみたkerokero

 

  • 必ず勝つために押さえておくポイントは、意志の力を充実させることです。
  • 意志の力は、自分を動かす力があるからです。
  • 意志の力を強くするためには、希望、自信、勇気を意識することです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。