気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

人生のヒントが欲しいときに、すること。

人生のヒントが欲しいときに、すること。

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第6章 仕事について」

「No.価値あるものを探し求める」

 

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

アイキャッチ画像11アランの「幸福論」 

 

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

価値あるものを探し求める

自分が本当に望んでいるものを欲することは、時としてすばらしい人生のヒントになりうるのだ。

アラン先生「幸福論」より引用

人生のヒントが欲しくない?

 

もしもです。

 

もしも、自分の人生がより良くなるヒントがあるのなら、欲しくないですか?

 

たしかに、欲しいけど、
手に入れられるの?butsuyoku_woman

安心してください!

 

手・に・入・り・ま・す!

 

実は、自分で手に入れる方法があるのです!

 

知りたいかい?pose_kiri_manうひょ、ひょ、ひょ。

カエル風アラン先生の言葉

 

人生のヒントが欲しいときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

と、いろいろと想像してみました。

 

なにかと困ったときに

人生のヒントがあると

ほんまに助かる。

できることなら欲しいもんだ。

でも、そんなの
手に入らんでしょう?nayamu_boy2

と思っているなら、

安心したらいいで!

 

実は、ヒントを手に入れる方法が

一つあるねん。

 

誰でもできるし、

この方法を知っといたら、

ちょっと考え方も変わるで。

人生のヒントが欲しいときにすることは、これ!

これだよ!

自分が本当に望んでいるものを探す!

です。

 

自分が望んでいるのなら、理由がなくても別にいいのです。

 

直感でも、漠然とした気持ちでもいいのです。

 

今、自分が、

 

切実に望んでいるのものは何か?kirakira_woman

をきちんと探し、さらに望んでいるものを手に入れるために積極的に行動することです。

 

そうすれば、人生のヒントが見えてきます。

なぜ、人生のヒントが見えてくるのかな?

自分にとって価値あることだから

 

自分が本当に望んでいることは、自分にとって価値あることだからです。

 

自分にとって価値あるものには、自分が生きていく上でヒントになるものがいっぱい含まれているからです。

前向きになれるから

 

まず、前向きになれるからです。

 

なぜなら、何かを本当に強く望んでいる状態のときは、

必ず、自分の中に

  • 興味
  • 好奇心
  • 希望
  • 期待

などの「前向きな感情」があるからです。

 

ふくカエル

これは、間違いないねん。

 

このような前向きの気持ちが、たくさんのヒントがつまった価値あるものになるのです。

原動力になるから

 

次に、このような前向きな感情が、自分を突き動かす原動力にもなるからです。

 

自分を突き動かして、自分の望んでいることに積極的にアプローチすればするほど、

 

どんどん人生のヒントが増えてきます。

 

ふくネコ

自分が実際に動くので、ヒントも増えるねん。

じゃあ、具体的にどんなヒントなのかな?

mark_manpu12_hirameki

自分が心の底から本当に望んでいるものを欲し、それに向かって積極的に突き進むことで、いろいろな人生のヒントに気づけます。

まず、自分自身を熟知するヒントになる

 

まず、自分自身を熟知するヒントになります。

 

自分が本当に望んでいることを知ることが、

 

具体的に自分はこういう人間なんだbikkuri

と、あらためて自分自身を知ることができるヒントになるのです。

ふくカエル

これが、大事な人生のヒントになるねん。

たとえば、こんなことが分かる

 

1.次のことが明らかになります。

自分が本当にしたいことは何か?

 

2.次のことが明らかになります。

自分はどんなことが得意なのか?

自分が何が得意なのかを知ることで、自分の才能や能力、スキル(技術)の程度が分かってきます。

 

3.次のことが明らかになります。

今の自分は、どんなことなら、

 

集中することができるのか?

 

飽きずに継続できるのか?

 

挫折せずに、努力できるのか?

集中力、継続力、忍耐力など、自分自身の特性が分かってきます。

 

これらの能力の程度を知ることで、

 

自分ではなかなか把握できない自分自身の才能や能力、スキル(技術力)を知ることができます。

そして、素晴らしいヒントにつながる!

 

そしてです。

 

自分の才能や能力、スキル(技術力)を知ることは、それだけでも人生のヒントになりますが、

 

時として、そこからさらに、素晴らしい人生のヒントを導いてくれることもあるのです。

 

たとえば、

  1. 「やりがい」を見つけるヒント
  2. 「突き進むべき道」を見つけるヒント

になります。

1.「やりがい」を見つけるヒントになる

 

自分の「やりがい」を見つける素晴らしい人生のヒントを導いてくれます。

 

自分自身の才能や能力、スキル(技術)を知ることが、

自分のやりがいは一体何か?

 

を知るヒントにつながるのです。

 

自分が心の底から本当に望んでいるものを探し求めることによって、

自分が

  • 何が好きなのか
  • 何が得意なのか
  • どんな才能や能力、技術をもっているのか

を深く知ることができると、

 

自分の知識、能力、スキル(技術)を活かせるものが明らかになってきて、

 

その延長上にやりがいが見えてくるのです。

ちなみに、やりがいとは、

 

何かをする際に感じる充実感、手応え、張り合いのことです。

 

もちろん、自分の知識や能力、スキル(技術)などがある程度なければ、

 

充実感や手応えなどは感じられないものでもあります。

2.「突き進むべき道」をみつけるヒントになる

 

さらに、やりがいを見つけられるのと、自分が突き進むべき道も見えてきます。

 

自分が心の底から本当に望んでいることが、自分に適してるかどうかを知ることで、

 

自分にとって、その道は価値ある道なのかどうか?」を知ることができるからです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

興味があることを軽視しない

 

まずは、自分が興味をもったことを軽視しないことです。

 

自分がとても興味をそそられるのに気づきながら、無視したり、後回しにするのをやめてみます。

 

仕事の邪魔になるから、
封印しておこう!pose_mimi_fusagu_manと無視するのは、
もったいないです。

 

  • 自分がワクワクドキドキすることkirakira_man
  • 知りたくて、気になって仕方がないことmusimegane_girl

などに敏感になります。

antenna_memo_man

積極的に関わる

 

次に、積極的に関わるようにします。

 

自分が心の底から本当に望んでいるのであれば、一念発起して行動してみます。

期待してみる

 

そして、期待してみます。

 

ここでは、ただ漠然と期待するのではなく、

 

自分は、一体何を得られるのか?pose_happy_businessman_guts

に期待するのです。

 

常に、何かを学ぼうとする姿勢を意識します。

ふくカエル

「たとえ転んでも、タダでは起きひんで」の気持ちでいるねん。

まとめてみたkerokero

 

  • 「人生のヒント」を見つける方法は、自分が興味を示しているもの、本当に望んでいることの中にあります。
  • 「自分が何を欲しているのか?」をちゃんと見つめて、自分にとって価値あるものを探し求めてみるのが一番です。

 

結構、人は、自分の好きなことを後回しにしてしまうことがあります。

 

仕事やプライドなどを理由にして避けてしまうのです。

 

仕事があるから
今はできひんしなぁ。shigoto_sabori

今さらするのは
恥ずかしいしなぁ。pose_enryo_man

ってな感じです。

 

で、グズグズしているうちに、本当にできなくなってから、

 

後回しにするんじゃ
なかった~~。pose_kuyashii_man

と後悔するのです。

 

興味が湧くものが一過性のものではなく、ずっといつも頭の片隅にあって、長い間忘れられないのなら、

 

挑戦できるうちに勇気を出して一歩踏み出してトライしてみるのも手です。

 

やらなくて後悔するよりも、ダメもとで挑戦して後悔したほうがマシですし、

 

たとえダメだったとしても、きっと何かを手につかんでいると思います。

 

あとは、手につかんだものは、すべて自分のためだけの「人生のヒント」になることに気づけば、OKなのです。

 

さらに、ヒントをうまく活用できたら、そのヒントは自分にとって「大きな宝物」になります。

 

自分が本当に強く望んでいるものは、宝物を見つける「地図」にもなるねん。

 

だから、大事にしなアカンよ~~。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。