気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」不安や強迫観念を撃退する方法はこれ!

不安や強迫観念を撃退する方法はこれ!

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第6章 仕事ついて」

「No.151 不安や強迫観念を撃退する方法はこれ!」

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

この記事では、緊急時での不安やパニックのことを題材にしています。

 

決して、これは不安障害の方や強迫性障害の方など苦しんでおられる方々のことを対象にしている意図はありません。

 

もし、不愉快な思いをされた方がおられましたら、本当にごめんなさい。

 

深くお詫び申し上げます。

 

ふくカエル

問題の核心に迫る

「間違った考えを抑えれば不運も抑えられる」。エピクテトスはそう言っている。

アラン先生「幸福論」より引用

 

エピクテトス先生について

エピクテトス先生(50年ごろ~135年ごろ)は、古代ギリシアのストア派の哲学者です。

苦難の中にあって平静を保つことや、人類の平等を説きました。

【参照:Wikipedia】

 

ストア派とは?

ストア派とは、ざっくり言うと、

 

欲望を理性でコントロールして、禁欲的に生きるように心がける(ストイックに生きる)と、

 

自然と調和できるようになり、不安のない「最高の幸福」に到達できるという考え方です。

【参照:哲学用語図鑑】

この本については書評してます。

哲学用語図鑑

不安に、強迫観念、ほんまかんねんして欲しい!

 

強迫観念というものは、ばかばかしいと分かっていても、

 

ある考えが浮かんできては消え、浮かんできては消える不快・不安な気持ちです。

sick_panic_man

たとえば、船や飛行機に乗ってて、悪天候にあうと

ががっが~!

どっこんどっこん!

グラグラ、ガタガタ!

ごうごう!

 

と、本当に恐ろしい轟音(ごうおん)と激しい揺れが襲います。

 

「もう死にそうです!」

 

くわ~~。

なんでこんなときに
乗ったんやろ~!
めちゃツイてないやん!

船、沈むで!
沈没するで!hair_nukege_stress

って思ったり、

めっちゃ、お天気が
怒っとうやんか~!
雷に当たったら
死ぬんちゃうか~!

飛行機、
落ちるで!pose_zetsubou_man

と動揺しませんか?

 

えっ?
あなたはしないの?
へっ!
そうなの?

う~む。

このままでは話が進まんから、

できれば、ここは「する!」ことにして下さるとうれしいです。はい。

アラン先生の言葉

 

こんなときに、

アラン先生がいてくれたら、

こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

慌てるんじゃない。

間違っても

轟音(ごうおん)や

激しい揺れに

不安になったり

強迫観念を持っちゃダメだ。

早まるな。

ここはそんな問題じゃないんだ。

そんな考えを「撃退する方法」を

知っておいた方がいい。

撃退方法とは、これね!

 

アラン先生が言っている「撃退方法」とはこれです。

 

ふくカエル

これ一本でOK!

 

それは、

間違った考え方をやめる!

 

非常にいたってシンプルです。

 

ふくネコ

シンプル イズ ベストだす!

なぜ、間違った考えをやめるといいのかな?

不運をなげくことがなくなるから

 

間違った考え方に気づいて、

「こりゃ、間違いだ!」と納得すれば、不運をなげくことがなくなるからです。

 

感情的になって混乱することを回避できます。

 

間違った考え方をするから、目の前の状況が不幸のどん底に見えるのです。

 

ふくカエル

ひょっとしたら、何でもないことなのに大騒ぎしているのかもしれないよ!

たとえば、船も飛行機も

 

たとえば、悪天候時の船も飛行機も同じです。何でもないことを大騒ぎしているだけなのです。

 

どんな轟音(ごうおん)が耳を突き破っても、激しい揺れが襲っても、

それが自分の命を奪う訳じゃないのです。

 

でも、恐ろしいから「轟音や激しい揺れが自分の命を縮めている」と間違った考え方をしてしまうのです。

 

この間違った考え方が、自分を海の上や空の上で奈落の底に落とすことになります。

jiko_rakka

不安も、強迫観念も同じ

 

不安も、強迫観念も同じで、間違った考え方が引き起こしています。

 

どんなに最初は正しい考え方であっても、どこかでボタンのかけ間違いをしてしまっているのです。

シャツボタンをかけ間違えたばかりに、どんどんと「間違った考え方」が自分の中で大きくなって、

 

収拾がつかなくなって、不幸になるのです。

間違った考えはモンスター生むから

 

そして、間違った考え方はモンスターを生みます。

 

たとえば、衛生観念にとらわれると強迫観念というモンスターを生みます。

 

衛生を心がけ、ばい菌を気にすることはいいのですが、

 

ばい菌に過度に意識して、身体から精神からすべてが汚染されると間違って考えてしまうと、

 

この間違った考え方が、自分の中で大きくなってモンスター化してしまうのです。

 

ばい菌で汚染されるで~!緑色モンスター

このモンスターが、無意味な感情や行動が増やす原因になるのです。

 

何度も手を洗わせたり、何度もお風呂に入らせたりしちゃうのです。

 

除菌クリーナーなしでは生活できなくさせちゃうのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

問題の核心にさっさと迫る

 

まずは、問題の核心にさっさと迫ります。

 

ここは、さっさとです。

余計なことを考えずにサクサクと問題の核心に迫ります。

 

そして、自分の直面している問題の中心となっている大切なところをちゃんと見るようにします。

具体的には、何がどうなっているのかを理解する

 

具体的には、自分が困っている状況は、何がどうなって起きているのかを理解します。

 

たとえば、悪天候時の船や飛行機の轟音(ごうおん)や激しい揺れを物理的アプローチから考えてみます。

 

船なら

  • 船の重さ
  • 潮の流れ
  • 風の向きや強さなど

 

飛行機なら

  • 飛行機の重さ
  • ジェットエンジンのパワー
  • 風の向きや強さなど

 

に左右される

バランスの問題だ!」

と考えることです。

 

ああ、
バランスが悪いんやね。hirameki_woman

と思うのです。

そんなこと言っても、
怖いもんは
怖いんじゃ~~~!
あほとちがう?shinpai_man

って言われそうですが、怖がってもいいです。

 

でも、そんなことで自分の命は縮まないと考えるほうがいいです。

不運をなげかない

 

難破しても生き残ることもあれば、

穏やかな海でおぼれ死ぬこともあるのだから

そして、あまり不運をなげかないことです。

 

どうしても誤った考え方をすると現状を悲観しがちになります。

 

でもです。

 

どんなに荒れ狂う天候でも、元気でぴんぴんできることもあれば、

どんなに穏やかな海や空でも、具合悪くなったりするんです。

 

ふくカエル

運ってそういうものなんです。

ふくネコ

ことごとく期待を裏切るもんです。

そして、次善策を考える

 

問題の核心にさっさと迫り、何がどうなっているのかを理解できたら、

自分がとるべき次善策を考えます。

 

船なら、遭難したときに「いかにして水の上に顔を出していられるか?」を考えます。

救命ボートの位置を確認しておきます。

避難ルートを確認しておきます。

 

飛行機なら、「いかにしてすぐに脱出できるか?」を考えます。

救命胴衣と非常口をあらかじめ確認しておくことです。

そうすると、どうなるのかな?

不安も脅迫観念も撃退できる

 

自分の間違った考え方を自覚して、抑えるように心がけると、

 

不安も強迫観念を抱かずにすみます。

 

状況を理解するときに誤解が少なくなるからです。

パニックになることが少なくなる

 

そして、次善策を考えることによって、

 

激しく動揺したり、混乱してパニックになったりすることが少なくなります。

 

どんな状況でも、何が問題になっているのかをアプローチできる方法を身につけておくと、不思議と平常心になってきます。

 

とくに自然現象をいろいろな学問的アプローチから理解すると、

 

生活から不思議なことが少なくなって、不安もなくなってくるのでお勧めです。

 

よくよく考えると、知らないから余計に不安になったり、強迫観念に囚われたりすることって意外に多いです。

 

最近、わたしも不可解で不安になっていたのですが、解消して嬉しくなったことがあります。

 

これです!

 

【出典:Strange Videoz】

どうしても、猫さんが逆流している水を触っているように見えます。

 

水が逆流するって、
どういうこと?animal_buta_shock

ずっと悩んでました。

ふくカエル

でも、カラクリが分かると安心します。

カラクリを教えてくれる動画これです

 

【出典:brusspup】

これは、ストロボ効果という現象を利用しています。

 

ふくカエル

安心してください。

実際には、水は重力に逆らわずに下に流れているのです。

 

動画の猫さんも、上から下へ流れている水を触っているのです。

 

ある一定の周波数で水を振動させると、その振動と同じフレームレートで撮影すれば、

 

水があたかも止まってる感じに見えるのです。

 

ふくネコ

パラパラ漫画と一緒のカラクリです。

parapara_manga

ちょっと高い周波数にすると、今度は水が逆流しているように見えます。

フレームレートとは?

 

動画において、単位時間あたりに処理されるフレーム数(静止画数、コマ数)のことです。

 

通常、1秒当たりの数値で表し、fps(frames per second=フレーム毎秒)という単位で表します。

【参照:Wikipedia】

不運も抑えられる

 

間違った考え方を抑えると、自分の不運も抑えることができます。

 

間違った考え方や知らなかったがために、不運に見えていた現実がなくなるからです。

 

ふくカエル

不幸だとなげくことがなくなります。

まとめてみたkerokero

 

  • 不安や強迫観念を撃退する方法は、間違った自分の考え方を抑えて、問題となっている核心に迫ることです。
  • 間違った考え方や知らないことから、不安になったり、強迫観念に囚われたりすることを避けることができます。
  • そして、何がどうなっているのかを理解することで、次善策を考える余裕が生まれます。

 

この記事を書いているときに、面白いホームページを発見しました。

 

あの米村でんじろう先生やその他有名な先生の監修の下いろいろな実験を紹介しているページです。

 

面白いのでご紹介します。

NGKサイエンスサイト
実験ライブラリー

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。