気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」幸せを大きくする方法とは?

幸せを大きくする方法とは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸せについて」

「No.158 幸せを大きくする方法とは?」

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

富を求めつづける 1

富にも二種類ある。

そこにあぐらをかいてしまうような富はつまらない。

 

アラン先生「幸福論」より引用

期待はずれ

souzou-man

自分が想像した幸せよりも、実際の幸せの方が小さいことってよくあります。

 

期待しすぎて、現実が期待はずれに終わっちゃう場合です。

 

わたしの場合は、

「この人と付き合うと、すごくハッピーだろうなあ!」

と思って、いざ交際をスタートしてみたら、

毎日、相手の機嫌ばかり考えて胃が痛くなるばかりで

逆に、あんまりハッピーじゃなかったっていう経験があります。

でも、これでいいのかあ?と思ったりして・・・。

アラン先生の言葉

 

こんな期待外れの幸せに遭遇したときに、

 

アラン先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

期待はずれで

満足しちゃだめだ。

幸せを

そこで打ち切っちゃいかん。

幸せはそこから

いくらでも大きくできるのだ。

そこからが勝負なんだ。

ちなみに、大きくする方法は、これ!

 

幸せを大きくする方法とは、

 

富を求め続けることです。

kaizoku_takara

ここでの富とは、何も金品財宝などの物質的な富ばかりじゃないです。

精神的な富や

figure_ta-da

知的な富を含みます。

なぜ、富を求め続けるといいのかな?

人を幸せにするものだから

 

富とは、人を豊かにして、幸せにするものだからです。

 

自分の中にいろいろな要素の富を蓄えれば蓄えるほど、幸せになります。

 

たとえば

  • 物質的な富があれば、施しができます。
  • 精神的な富があれば、苦境でも乗り越えられます。
  • 知的な富があれば、人生そのものが充実して幸せなものとなります。

ところが、注意することがあるよ!

富には二種類ある

 

ところがです。注意することがあります。

 

実は、富には二種類あるのです。

 

一つは、納得してしまう富です。

  • そこで満足してしまう富
  • それ以上努力しようと思わない富

 

他方は、情熱を引き出す富です。

  • さらに求め続けようと思える富
  • 努力しようと思える富

 

問題は、納得してしまう富

 

問題なのは、「そこで、納得してしまう富」です。

なぜなら、そのうち退屈になるからです。

 

たしかに、

目の前にある幸せだけで十分だと納得できるので、その時は満たされます。

やっほ~!
コンプリート!
「終わった!お疲れ~!」sports_soccer_hiza_sliding

でも、その時からは幸せになる歩みをピッタリと止めるので、

 

そのうち、単調な毎日にだんだんと退屈になるのです。

 

そうすると、

ひょとして燃え尽き症候群?yaruki_moetsuki_woman

なんてことになったり、

あとは退屈病なったりします。

smartphone_neru_man

退屈だ~と言っては不平不満などの文句を言いながら日々暮らすことになるのです。

なので、情熱を引き出す富

 

なので、ここは「情熱を引き出す富」を求め続けたほうがいいのです。

 

情熱を引き出せれば、燃え尽き症候群にも退屈病にもならずにすみます。

 

次から次からと

  • どうすれば、もっと豊かになれるのか
  • どうすれば、もっと幸せになれるのか

を追求したくなるからです。

 

この前向きな情熱が、日々の暮らしを豊かにするのです。

 

そいでもって、幸せを大きくするのです。

ふくカエル

富を求め続けていくって大事なのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

すべてが終わったと思わない

 

まずは、何かひとつ大きなことを成し遂げたときに、

 

「すべてが終わった!」と終止符を自分で打たないことです。

 

ここで納得してしまうと、全身の気力が抜けてしまうかもしれません。

tamashii_nukeru_woman

「まだまだ!」「人生これから!」と気力が抜けないように用心します。

納得しない

 

次に、納得しないことです。

 

自分がここで満足してしまえば、

いずれ退屈になってしまいそうだと予測できるなら、なおさらです。

納得しないようにします。

 

どんなに、目の前にある幸せが納得できるものであっても、

 

さらに求め続けられるものであれば、そのことに自分の関心を向けるようにします。

前進を止めない

 

そして、前向きな気持ちを止めずに、富を求めることにひたすら前進します。

 

ふくカエル

決して深追いをするのではないのです。

ふくネコ

欲どおしくなるのではないです。

罪悪感を持たない

 

さらに、幸せになることに罪悪感を持たないことです。

 

毎日コツコツと幸せになるように心がけることは、何にもやましいことではありません。

 

ふくカエル

そうなんだよ。

だから、「あたしはこれで十分だ!」と、勝手に終止符を打たないほうがいいのです。

 

人は死ぬまで幸せになることに貪欲になってもOKなのです。

ふくネコ

せっかく、生命を受けたから幸せなっていいんだよ。

 

「自分が幸せなら、周囲も必ず幸せになるはずだ!」という信念を持っても、OKなんです。

 

人の道に外れるような言動をとらない限り、唯一誰にでも与えられているものだからです。はい。

そうすると、どうなるのかな?

想像上の幸せよりも現実の幸せが大きくなる

 

自分を幸せにする富を求め続けると、自分が想像していた幸せよりも、現実の幸せの方が大きくなります。

 

期待はずれになることがなくなります。

ふくカエル

期待はずれになるような幸せにしないからです。

人生が豊かになる

 

そして、情熱を引き出す富を求め続けることによって、自分の人生が豊かになります。

 

ふくネコ

情熱は精神をイキイキと保ちます。

まとめてみたkerokero

 

  • 幸せを大きくする方法は、いろいろな富を求め続けることです。
  • 富には二種類あります。納得してしまう富と情熱を引き出す富です。
  • 情熱を引き出す富を求め続けるのが知恵です。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。